フラワーアレンジの初歩☆プロが教える簡単スタイル

フラワーアレンジの初歩☆プロが教える簡単スタイル

フラワーアレンジが自分で出来たら、ちょっとしたお祝い事でも、贈ることが楽しくなります。最近では生花だけではなく、ブリザーブドフラワーや精巧な造花である、アーティフィシャルフラワーでのアレンジも増えてきました。

そんなレストランやギフトで見る、美しいフラワーアレンジメント。スペシャルなイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。けれども実は、このフラワーアレンジメント、初心者でも手軽につくることができます

そこで今回は、プロが教える簡単スタイルに基づいて、フラワーアレンジの初歩をお伝えいたします。これを読めばきっと、あなたも憧れのフラワーアレンジメントを作ることができます。素敵なフラワーアレンジメントをお友達にプレゼントをしたり、お部屋に飾れば周りの人にも喜ばれるでしょう。



 

フラワーアレンジの初歩☆
プロが教える簡単スタイル

 

ドーム型のフラワーアレンジメント


まず初めにお伝えするスタイルは、丸いドーム型のフラワーアレンジメントです。小さなフラワーアレンジメントから作成することができるので、手軽に始めることができます。

ラブリーで手軽なアレンジですが、基本のフラワーアレンジメントですので、要領を覚えておけば色々な花材でのアレンジに応用することができます。

【 ドーム型フラワーアレンジメントのポイント 】

・ ドームの中心をとることです。

中心に一番目立たせたい大きめの花を挿して、中心の花に向かって、その他の花を挿していくといった要領です。

中心となる花の高さは、15センチ以上の高さがちょうど良く空間をつくることができます。

★ 丸いドーム型のフラワーアレンジの作り方

① 中心になる花を挿します。

② 器に合わせてオアシスの周囲に葉を5枚挿します。

葉の長さは器から5センチから10センチほどはみ出るくらいの感覚にしてください。

③ 周囲を葉で囲んだら、中心の花に向かって他の花を挿していきます。

詰め込みすぎるのも、感覚が空き過ぎるのもよくないですので、ちょうどよい空間を保ちながら挿すことが大切です。

これがフラワーアレンジの基本、丸いドーム型の作り方です。この感覚を覚えていくと他のフラワーアレンジメントにも応用することができます。

 

シンメトリカルアレンジメント


2等辺三角形のフラワーアレンジメントで「トライアングラー」とも呼ばれます。左右対称になるように花を生けていきます。ゴージャスなフラワーアレンジメントですので、パーティーや展覧会または玄関を飾るのにふさわしいアレンジメントになります。

そんな豪華なフラワーアレンジメントですが、初歩的なポイントをしっかり守ることで作ることができます。

【 シンメトリカルアレンジメントのポイント 】

・ 2等辺三角形の頂点の高さをどのくらいにするか。
・ 底辺の幅をどのくらいにするのか。

この2点をを定める必要があります。

飾る場所により高さと幅を調整することができますので、慣れると臨機応変に置くことができる便利なフラワーアレンジメントです。

★ 頂点までの高さをだすには、長い葉や縦長の花を選ぶと高くなります。

三角形の中心にはユリなど、大きめの花をワンポイントとして置くと見栄えがよくなります。底辺には小さなバラなどを散りばめ、あたたかみのある雰囲気を作るのも一案です。

★ 初歩的な作り方としては、ユリを中心におくことがおすすめです。

 

オバールのフラワーアレンジメント


【 オバールのフラワーアレンジメント 】

卵型のフラワーアレンジメントです。非常に華やかなフラワーアレンジメントで、お祝いにぴったりのアレンジです。

豪華な作りのものになると、お店の開店祝いパーティー会場などでも使われる定番のフラワーアレンジメント。白いユリや胡蝶蘭を用いると葬儀の花にもなります。

ここでは、初歩的なアレンジとして小ぶりのオバールの作り方をお伝えします。

【 オバールのフラワーアレンジ法 】

① まず卵型になるように、花と茎の長さをはかっていくことから始めます。
② 卵型の頂点の高さ、中心と中心からの横幅を決めます

★ オバール型でも、ポイントとなる花は大きめの目立つ花を選びます。

その花は卵型の中央に挿しても良いですし、やや下方にずらして挿しても魅力的になります。

花だけで卵型をあしらうのは難しいですので、周りはできるだけ葉で型どると良いでしょう。卵型にそって、葉をカットして整えると手軽にできます。

 

ダイヤモンドシェイプのフラワーアレンジメント


【 ダイヤモンドシェイプのフラワーアレンジメント 】

その名の通り菱形をかたどったフラワーアレンジメントです。細長いテーブルのセンターピースとして飾られる、まさにおとぎ話の世界を思わせる憧れのフラワーアレンジメント。

形の四隅をきちんとかたどることがポイントですが、幅を狭くしてみるか、高さを強調することで好みの形を作ることができます。

オアシスを使わずそのまま形づくったものは「フュネラルトリビュート」と言われ、西洋ではお墓にそのまま飾られます。また柩の上にのせられるフラワーアレンジメントでもあります。

少し話題がそれてしまいましたが、ダイヤモンドシェイプのフラワーアレンジメントの作り方についてご説明します。

【 ダイヤモンドシェイプの実例 】

★ 中心となるに花に、赤や白など色のコントラストを楽しめるものを選ぶ。

クリスマスシーズンには、グリーンの中に真っ赤な花をあしらうのも人気です。

テーブルセンターと合わせてイメージを整えながら作成していきます。

 

エルシェイプのフラワーアレンジメント


【 エルシェイプのフラワーアレンジメント 】

L字型に形づくるものです。花材を選ばず華やかに飾ることができるのが、このエルシェイプフラワーアレンジメントの魅力です。

もともとは教会で飾られていたスタイルですが、クリスマスシーンはもちろんのこと、どんなシーンにもふさわしく空間に華やかさを添えてくれます。

縦長の通常の花器や、瓶などに生けても映え、クリスマスには花器を用いず、モミの枝や松ぼっくりを利用して作ることができます。縦の長さを出すことと、横に垂直に花を生けることが難しいですが、明確に形が作られることで、美しく見せることができます。

 

いかがでしたか。フラワーアレンジの初歩、プロが教える簡単スタイルを5つお伝えしました。ここでお伝えした5つのフラワーアレンジを応用して、パーティーや式典などのフォーマルな場でも、プロがフラワーアレンジメントを作っているのです。

憧れの華やかなフラワーアレンジメントをあなたも手軽に作ってみませんか。器と花と花の間隔など空間の取り方が難しいところですが、アレンジをするたびにバランスの良い間隔の取り方が体で身についていきます。

冒頭で述べたように、ちょっとした花束ギフトとしてはもちろん、クリスマスやイースターなど、日々のイベントを楽しむための技術にもなるはず。イベントではなくても、気軽にあらゆるスタイルのフラワーアレンジができれば、日々の暮らしがより優雅になります。

自分で楽しむためには、どのようなフラワーアレンジにするのか、その時々の気持ち、季節の花と対話をしながら進めていくことです。フラワーアレンジメントも心も美しくなっていくことでしょう。

 

まとめ

初めてさんでも簡単にできる、フラワーアレンジの楽しみ方

・中心に向かって花を挿していく基本のドーム型アレンジ
・左右を決めて進める二等辺三角形の、シンメトリカル
・大きめの花が映える、卵型のオバールフラワーアレンジ
・細長いテーブルセンターに最適な、ダイアモンドシェイプ
・教会で親しまれた、L字型のエルシェイプアレンジメント

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!