1月が見頃の花 オススメの名所 【関東編】

1月が見頃の花 オススメの名所 【関東編】
1月が見頃の花を見て、冬の寒さを忘れ、ほっこりとした温かい気持ちになれたら素敵ですよね。華やかな見た目と、優しい香りに癒されて、少しでも春の訪れを感じたいという方も多いでしょう。

「お花って春のイメージがあるし、寒い時期にはあまり咲かないんじゃないの?」という方もいるかもしれませんが、実は寒さに強い花は多いのです。有名な梅や椿、水仙、シクラメンなどが、1月が見頃の花として挙げられます。日本画に出てくるような、古風な花が多そうですね。

そこで今回は、1月が見頃の花と、その名所についてお伝えします。それぞれの花の魅力や、その名所で行われるイベントについてもお伝えしますので、ぜひ観光やドライブコースに追加して、1月が見頃の花を楽しんでみましょう!

千葉県の椿公園で約1500種の椿を楽しめる

1月が見頃の花として、最初に思いつく花が椿だという方も多いのではないでしょうか。赤や白、ピンクなどの可愛らしい色で、古風な見た目の美しさが、落ち着きを感じさせる花ですよね。

そんな1月の花である椿の名所としておススメの場所が、千葉県いすみ市の大原にある、「椿の里」と「椿公園」です。椿は大原の「町の花」で、町を歩いていると、元々は防風林として植えられていたという椿の花が、道沿いにたくさん見られます。

この地域一帯が「椿の里」と言われており、訪れる人の目を楽しませています。大原の町役場の近くにある「椿公園」には、なんと1500種もの椿が咲いています。

こんなにも多くの椿を見られるスポットは、関東の中でも特に珍しいでしょう。日本の花に詳しいお年寄りの方も、「こんな椿の種類もあったんだ!」と、新しい発見が出来るかもしれませんね。

園内には大きな吊橋もあり、地元の方の散歩コースとしても人気がある場所です。自然豊かな公園で、爽やかな気持ちになれる事間違い無しですので、家族連れの方・カップルの方にもおススメの椿の名所です。

 

神奈川県の湯河原梅林では、山の麓に梅が咲き誇る

椿と並んで、1月が見頃の花として人気が高い梅。こちらも日本らしい、華やかなイメージのある花ですよね。

温泉地として有名な、神奈川県の湯河原にある「湯河原梅林」は、梅の名所として人気があります。山の麓に色とりどりの梅が咲き誇る光景はとても美しく、圧巻です。白やピンクの梅が所狭しと咲き誇り、その魅力に惹きつけられ、冬の寒さを忘れてしまうほどでしょう。

湯河原梅林では、梅をさらに楽しむためのイベント「梅の宴」が開催されています。梅の花は1月から楽しめますが、イベントは毎年2月から3月に行われますので、「1月に見に行ったけど、もう一度見に行きたい!」という方にもおススメのイベントです。

梅ソフトを食べられる出店があったり、夜の梅ライトアップもありますので、普段とは違った視点で梅の花を楽しむことが出来るでしょう。1月に湯河原に行った際は、ぜひ温泉巡りのお供にも、梅の花を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

埼玉県の県営権現堂公園の水仙は地元の人にも人気

白や黄色の可憐な見た目と、甘い香りが特徴的な水仙の花も、1月が見頃です。水仙も、凛とした力強さを感じる冬の花ですよね。

埼玉県の幸手市にある「県営権現堂公園」は、桜の名所としても有名ですが、市民のボランティア活動によって植えられた水仙が、約50万本に増えたという公園です。地元の人によって大切に愛されてきた水仙の花が咲き誇ると、公園内に甘い香りが広がるそうです。とても素敵な場所ですね!

水仙の見頃の時期に合わせて開催される「水仙まつり」も人気のイベントで、幸手市の物産も販売されていますので、観光の記念に立ち寄ってみると良いでしょう。

 

西多摩郡の瑞穂町ではシクラメンの直売が盛ん

シクラメンは冬になると、お花屋さんでもよく目にしますよね。開花時期が長く、寒い環境に置かれても強い為、1月でも見頃の花と言えるでしょう。

都心を離れた、西多摩郡に位置する瑞穂町という地域では、農家の方が育てたシクラメンを多く販売しています。その生産量は東京都内で最大と言われているほどです。

近年では品種改良により、バリエーションが豊かですので、シクラメンの多種多様な色を楽しみたいという方は、ぜひシクラメンの直売所でお気に入りの物を見つけてみましょう。

「どれにしようかな~」と悩みながら見て回る事も楽しいですし、持ち帰って育てる事で、1月が見頃の花を気軽に自宅でも楽しめる事が出来ます。

 

さて、今回は1月が見頃の花と、その名所についてお伝えしました。冬は寒く、あまり花が咲かないイメージがあるかもしれませんが、梅や椿、水仙など日本らしい花が見頃を迎えますし、シクラメンといった寒さに強い花も楽しめる時期である事が分かりましたよね。

関東にある花の名所には、その花をより楽しむ為のイベントが開催されていたり、その花以外の植物も一緒に見られる場所が多いので、家族連れの方や、カップルの方にもおススメです。

温泉地や大きな公園がある名所が多い為、観光やドライブの中でコースに組み込むと良いでしょう。都心を離れ、自然豊かな場所に行くことで冬の寒さを忘れるような光景を見る事が出来たら、とても素敵ですね!

【まとめ】

1月が見頃の花とその名所について

・千葉県の椿公園で約1500種の椿を楽しめる

・神奈川県の湯河原梅林では、山の麓に梅が咲き誇る

・埼玉県の県営権現堂公園の水仙は地元の人にも人気

・西多摩郡の瑞穂町ではシクラメンの直売が盛ん


連記事