家庭菜園はトマトから☆初めてでも美味しく育つ7つの手順

家庭菜園はトマトから☆初めてでも美味しく育つ7つの手順
家庭菜園はトマトなら、初めての方でも簡単に育てることができそうですよね。家庭菜園はトマトから始めて、自宅でも美味しい野菜を栽培することができたら素敵!

しかし、家庭菜園は必要な道具も知識も多く、少し敷居が高いのも事実。また、野菜作りはスペースも取るため、ある程度広い土地を持っていないと楽しむことができません。

けれど、そんな家庭菜園もトマトなら、初めての方でも簡単に栽培することができます。トマトは種類が多く、プチトマトなら少ないスペースでも家庭菜園でトマト栽培を楽しむことができるため、土地のない方でも安心

そう考えると、家庭菜園もトマトならムリなくスムーズに広げられそうですよね。そこで今回は、初めての家庭菜園でトマトも挑戦する方のために、初心者でも簡単に作れる美味しい栽培方法を7つの手順に分けてお伝えします。

とても簡単なので、ぜひこの機会に家庭菜園でトマトを収穫してください。



 

家庭菜園はトマトから☆
初めてでも美味しく育つ7つの手順

 

道具や場所選びなどの事前準備


家庭菜園をトマトから始めるにあたり、まずは道具や育てる環境を整えていきます。

【 家庭菜園はトマトから:準備 】

★ 家庭菜園でトマトを育てる上で必要なものは主に、土や肥料、スコップ、ジョウロなど。ベランダ等で育てる場合には、これに加えて鉢植えも用意してください。

・ また、家庭菜園ではトマトの場合、途中で枝を支える支柱が必要になるので、育てる苗の大きさに合った支柱やネットと枝を切る剪定ばさみなども一緒に準備しちゃいます。

家庭菜園でトマトを育てる場所は、水はけが良く日当たりの良い場所がおすすめ!特に、強い日差しに浴びないと実が甘くならないため、日当たりの良い場所で育てるのがポイントです。

 

トマトの苗の選び


家庭菜園でトマトを育てる事始め、環境が整ったら苗も用意します。家庭菜園でのトマトの育て方にはいくつかあり、苗でなく種から育てることもできますが、今回は家庭菜園でのトマトが初めての方のために、苗からの育て方をお伝えします。

【 家庭菜園はトマトから:苗選び 】

★ 苗は茎が太くでまっすぐな、元気なものを選ぶのがポイント。

・ 種類はいくつかありますが、家庭菜園のトマトが初めてであれば、ミニトマトが一番育てやすく枯れる心配もないためオススメです。

 

苗の植え付け


苗が用意できたら、初めに選んだ所へ植え付けていきます。苗の植え付け時期は5月初め。この季節に植え付けてしまってください。

【 家庭菜園はトマトから:植え付け 】

★ 植え付けの際はあまり深植えはせず、元々苗の入っていたポットと同じくらいの深さに植えるのがポイント!

・ また、家庭菜園でトマトを育てる場合には、花のつぼみが支柱の反対になる位置に、植えてあげてください。

苗が大きくなった後で支柱を立てる際、支柱と花の咲く位置が同じだと、支柱に果実がぶつかって傷ができてしまうのです。植えたら最後に水をたっぷり与えます。これで、植え付けの一連の作業は終了となります。

 

トマトの水やり


次に家庭菜園でのトマトの水やりについてですが、トマトは乾燥に強い野菜のため地植えの場合、水やりの必要はほとんどありません。植え付けてすぐの苗がなじむまでの間だけ水を与え、あとは比較的放置でも大丈夫!

【 家庭菜園はトマトから:水やり 】

★ プランターで育てる場合は、水切れを起こさない様、土が乾いたらたっぷりと水を与えてあげてください。

・ 美味しく育てるためには、この水の管理が重要!水分が多いと味が薄いトマトになり、逆に少ないと濃くて甘いトマトになるのです。

ただ家庭菜園でトマトは、初心者にもおすすめの丈夫な野菜。水が多すぎたり、少なすぎたりしても、枯れたりする心配はあまりないのが魅力です。家庭菜園でトマトを育てる際に戸惑うようであれば、ここはあまり気にする必要はありません。

 

トマトの苗に支柱を立てる


苗が大きく成長したら支柱を立てていきます。

【 家庭菜園はトマトから:支柱立て 】

★ 大体、植え付けから2~3週間ごろが目安。

・ その際、先ほどもお伝えしましたが、支柱と果実がぶつからない様、蕾とは反対側に支柱が来る様に縛ってください。

また、成長して太くなった枝が紐に食い込まない様、ゆとりをもって縛るのがポイント。がっちり縛るのではなく、紐を8の字にして、枝と紐の間に隙間を作って縛ります。

 

摘芯、わき芽かき、摘果


苗がある程度成長したら摘芯!トマトは放って置くとどこまでもぐんぐん高く成長してしまうので、ある程度大きくなったら成長を止めるために、一番先端の茎を切り取ります。切り取る高さは大体用意した支柱と同じくらいが目安。

【 家庭菜園はトマトから:わき芽かき 】

★ またトマトは芽の間から「わき芽」という、小さな芽が次々と顔を出します。この余分な芽を摘み取る作業を「わき芽かき」。

・ 余分な芽を摘み取ることで、他の枝へ栄養を集中させることができるのです。同じく、余分な実を摘み取って、他の実へ栄養を集中させる作業を「摘果」と言います。

ただし、わき芽かきと摘果は収穫に必ずしも必要なことではありません。やはり家庭菜園自体が初めての方は、難しければ次回から…。ある程度栽培に慣れてからで大丈夫です。

 

トマトの収穫時期


そうして実が大きく成長し、ヘタの上まで赤くなったら収穫時!

【 家庭菜園はトマトから:収穫 】

★ その際、収獲が遅れてしまったり、水分量が大きく変化したりと、実が割れてしまうので注意!雨の日の前に収穫するのがおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか、家庭菜園をトマトから始める際の7つの手順をお伝えしました。家庭菜園でトマト育てることは、本当に簡単!初心者でも手軽に収穫することができます。そんなトマトの中でも、ミニトマトが特に育てやすいためオススメ!

ただし記事内でお伝えした通り、トマトは小さなきっかけで味を大きく変化させるため、収穫するのは簡単でも美味しく作るとなると難しい、奥の深い野菜でもあります。でもだからこそ、自分だけの味のトマトを作ることができるのです。

そのため家庭菜園でトマトは、初心者から家庭菜園にある程度慣れた上級者まで、栽培を楽しむことができる、正に家庭菜園を始めるのにぴったりな野菜!

ぜひ、そんな家庭菜園をトマトから始めてみてください。その経験を元により多くの品種へ広げ、おいしい野菜を育てましょう。

まとめ

トマトから家庭菜園を始める7つの手順

・道具と場所を準備する
・茎がまっすぐな丈夫で元気な苗を用意する
・苗は5月初め頃に植えつける
・水やりは量の調節が大切
・育て始めて2、3週間たったら支柱を立てる
・必要に応じて摘芯、わき芽かき、摘果を行う
・実は熟したら雨の日の前に収穫する