7月の誕生花メッセージ☆花言葉で選びたい初夏の花々

7月の誕生花メッセージ☆花言葉で選びたい初夏の花々
7月の誕生花は初夏をイメージできる、爽やかで美しい花々が多いですよね。プレゼントを贈るだけでももちろん、相手は嬉しいものですが、花を贈ると華やかに…。そしてそれが、7月の誕生花となれば、ちょっとした「特別感」が付くはず!

梅雨が明け、太陽の陽射しの眩しさと蝉の鳴き声が響く季節。七夕や海、夏休みなどイベントが盛りだくさん!花火大会やプールが真っ先に思い浮かぶ方も、いるかもしれません。梅雨のじめじめから開放され、テンションも明るくなる時期でもあります。

そんな時期に誕生日を迎える相手に、ちょっと開放感を感じさせる7月の誕生花を贈ったら、何だかお部屋まで華やぎそうですよね。そこで今回は、そんなイベント目白押しの7月の誕生花をピックアップして、いくつかお伝えします。



 

7月の誕生花メッセージ☆
花言葉で選びたい初夏の花々

 

結婚式のブーケに多い、百合の花


香り高い百合の花。7月の誕生花の中でも特に有名な花です。大輪の白い花と強い香り。ギリシア神話に出てくる全知全能の神・ゼウス。その妻であるヘラが地上で百合になったという逸話が存在します。

【 7月の誕生花☆百合 】

★ ヘラは「母性」「貞操」の象徴。そして、百合の花は聖母マリアに捧げられた花でもあります。

・ そのため、百合はキリスト教の象徴花になったのです。そんな経緯もあり、百合の花言葉は「純潔」

純潔の象徴であることから、結婚式のブーケによく使われているのが特徴。現在、200種類を超える品種があるのでどれを購入するか迷うかもしれません。自分が「これだ」と思ったものを選ぶのが◎!

 

トルコキキョウをプロポーズに


【 7月の誕生花☆トルコキキョウ 】

★ トルコキキョウの持つ花言葉は「希望」「永遠の愛」「変わらない愛」

・ 愛する人に贈りたい7月の誕生花。花束やブーケによく使われる定番の花!やわらかな花びらと花持ちが良いという特徴を持っています。

ちなみに、トルコキキョウが日本へやって来たのは昭和の初期。やって来たばかりの頃はみすぼらしい花だったのですが、日本で改良を重ねたことで今のようなかわいらしい花に進化しました。

そういうこともあり、日本で出回っているトルコキキョウのほとんどは日本産です。

 

情熱的な、パッションフラワー


7月12日の誕生花であるパッションフラワー。時計のような形をした花が特徴的。日本ではトケイソウと呼ばれていて、トケイソウ属のアメリカ熱帯エリアを主として400種類~500種類ほどが分布しています。

【 7月の誕生花☆パッションフラワー 】

★ 花言葉は「聖なる愛」「情熱的に生きる」など。

・ パッションフラワーの「パッション」を情熱という意味だと勘違いしている方もいるかもしれませんが、この花の場合は「パッション=キリストの受難」の意味合い。

パッションフラワーを見た、16世紀のローマ・カトリックの司祭たちが「イエス・キリストが十字架にかけられた姿のようだ」と見立てたことが始まりです。

 

品種が豊富な、ガーベラ


7月の誕生花、ガーベラはどの色も鮮やかなので、1輪だけ贈っても見栄えがするのが嬉しいポイント。形は一重咲き・八重咲きなど様々……約2000種類もの品種があると言われています。贈る相手によって花の色を変えると◎

【 7月の誕生花☆ガーベラ 】

★ 7月1日の誕生花・ガーベラの花言葉には「崇高美(ピンク)」「熱愛(ピンク)」「燃える真皮の愛(赤)」などがあります。

・ 結婚式でもよく使用される花で、大切な人に贈るのにはぴったりな7月の誕生花。黄色のガーベラには「究極の愛」なんていう素敵な花言葉も…。

お祝いには、白のガーベラを贈るのがオススメ!白のガーベラには「希望」という花言葉があります。

 

夏の花、ひまわり


夏の花と言えばひまわり。青い空には入道雲が浮かんでおり、その下には一面のひまわり畑…。そんな夏の1シーンが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。そんなひまわりも7月の誕生花、色んな花言葉があります。

【 7月の誕生花☆ひまわり 】

★ 今回お伝えするのは「愛慕」「憧れ」など。

・ 大切な人やお世話になっている人、どんな人にも対応できる花言葉を持つひまわり。常に太陽のほうを向いている健気さが◎。

ひまわりを贈られた側は、その鮮やかな色に気持ちが明るくなりそう!尊敬している年上の方へ贈る、7月の誕生花としても最適です。

 

ハート型がかわいい、ベゴニア


シュウカイドウ科の多年草で、温暖な地域に咲く7月の誕生花がベゴニア。(オーストラリア大陸を除く)2000種類ほどの原種が分布しています。

【 7月の誕生花☆ベゴニア 】

★ 7月1日の誕生花であるベゴニア(赤)の花言葉は「大切な思い出」

・ ハート型のはなびらが、なんともかわいらしいベゴニア。左右非対称な葉が魅力的な人気の7月の誕生花なのです。

直射日光に当てると葉焼けするので明るい日陰で育てるのがベスト。

 

香りを贈る、ゲッカビジン


ゲッカビジンは7月18日の誕生花。ジャスミンに似た強い香りが特徴で、その名のとおり夜…、しかも一夜しか開花することがない儚い花。

【 7月の誕生花☆ゲッカビジン 】

★ 花言葉は「ただ一度の恋」「秘めた情熱」など。ただし、「儚い恋」「儚い美しさ」などマイナスな花言葉も持っているため、誤解を受ける可能性も…。

・ 贈る場合はメッセージカードとともに、「ただ一度の恋」などのメッセージを添えてみてはいかがでしょうか。

英語では「夜のクイーン(A queen of a night)」という名前で呼ばれているゲッカビジン。着生サボテンの一種で、株がしっかりと生長していれば、年に3回ほどは花を咲かせてくれる嬉しい側面も!しかし、一度も花を咲かせずに枯れることもあります。

 

いかがでしたでしょうか、7月の誕生花のなかでも、特にオススメの花々をお伝えしました。変わり種として「ゲッカビジン」もおすすめに入れましたが、この花は夜しか咲かない美しい花

クローンで増やされたものが販売されていますので、開花日が近いことも…。「この花が咲く瞬間を一緒に見たいな」と言って、贈るのもありかもしれません。とてもロマンチックな7月の誕生花!

好みでプレゼントする花を決めるのも良いですが、相手にぴったりな花言葉を持つ誕生花を贈るのも素敵。あなたにとって、これだと思える花が見つかるかもしれません。

また、花好きな相手なら鉢植えでプレゼントするのも◎。仕事に追われて忙しい相手へはプリザーブドフラワーにして贈ると、手間がかからないので、相手の負担を減らすことができます。

まとめ

花言葉で選ぶ7月の誕生花

・「純潔」と「母性」の百合
・「変わらない愛」トルコキキョウ
・「情熱的に生きる」パッションフラワー
・「究極の愛」ガーベラ
・「愛慕」「憧れ」ひまわり
・「大切な思い出」ベゴニア
・「秘めた情熱」ゲッカビジン

待ち受ける運命の日を知る方法とは?

私たちの運命や人生は誕生日で決まると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人、お仕事や人間関係も、実は誕生日から運命の日を導き出すことによって分かるのです。

いま、メディアで話題の『運命の星』では、あなたの運命の人が誰なのか、そして、運命の日がいつなのか、期間限定で無料診断してくれます。あなたの今後の人生を左右する運命の日をズバリ教えてくれますよ。

幸運の行方が気になる人は是非やってみてください。