7月の花のガーデニング☆春から始めて楽しむ7つの花々

7月の花のガーデニング☆春から始めて楽しむ7つの花々
7月の花は初夏の気分を盛り上げてくれる演出家!春からガーデニングを始めれば、丁度綺麗に咲いてくれます。春からの初めてのガーデニング、ワクワクしますよね。実際に春から始めて7月に咲く花々は、初心者にもおすすめ!

と言うのも、7月の花は育てやすいものが多く、ガーデニングが初心者の方でも成功しやすいのです。例えばヒマワリやマリーゴールドなど、育てやすいだけでなく、見た目にも綺麗で色鮮やかな花々がたくさん!

7月の花をはじめとする夏の鮮やかな花々で、猛暑のだるさや初夏の雨も赴きが変わるはず。そんな7月の花々でお庭を綺麗に彩ることができたら素敵ですよね。

そこで今回は7月の花の中でも、春から育て始めることのできる7つの花をピックアップし、お伝えします。ぜひ、7月の花でガーデニングを楽しんでください。



 

7月の花のガーデニング☆
春から始めて楽しむ7つの花々

 

夏の代表的な花ヒマワリ


大きな黄色い花が特徴的なヒマワリは、夏を代表する花のひとつ。そんなヒマワリは実は育てやすく、ガーデニングに向いている花でもあります。

【 7月の花のガーデニング:ひまわり 】

★ 大きな花をつける種類が有名なヒマワリですが、中には小さなミニヒマワリもいっぱい!お好みのサイズを選んでください。

・ そんなヒマワリの種まきの時期は4月~5月頃。7月中旬から9月中旬ごろまで花を楽しむことができます。

 

初心者におすすめなペチュニア


朝顔に似た、色とりどりの可愛らしい花を咲かせるペチュニアはたいへん育てやすく、ガーデニング愛好家にも人気がある7月の花。

【 7月の花のガーデニング:ペチュニア 】

★ 枯れにくいうえに手間も少ないため、初心者の方でも安心してガーデニングを楽しめるのが魅力!

・ ただし、本来は多年草で環境を整えればまた来年も花を咲かせますが、寒さに弱く越冬はとても難しいところが…。また育てたい場合はある程度割り切って、毎年新しい苗を用意するのがおすすめ!

植え付け時期は4月~6月。開花時期は5月~10月。日向が好きな花なので、日光のよく当たる場所で育てるのがポイントです。

 

毎日花を楽しめるニチニチソウ


五角形の花が綺麗なニチニチソウもペチュニアと同じく、育てやすくガーデニングに人気の花。

【 7月の花のガーデニング:ニチニチソウ 】

★ ペチュニアと同じく、日当たりの良い場所を好み、水を与えているだけで花を咲かせます。

・ 植え付け時期は4月~6月。開花時期は6月~9月。

1つ1つの花の寿命は短いですが、1つの花が萎れた後も続々と咲き続けるため、長い間花を楽しむことができます。毎日休むことなく花を咲かせるその様子は、「日々草」という名前の由来にもなっています。

 

太陽のような黄色い花、マリーゴールド


オレンジや黄色といった夏らしい色合いの花を咲かせるマリーゴールド。そんなマリーゴールドの種まきの時期は4月~5月。苗の植え付け時期は5月~6月。開花時期は6月~10月です。

【 7月の花のガーデニング:マリーゴールド 】

★ 長い期間花を楽しむことができますが、枯れた花や見ごろを終えた花を、そのままにしておくことには気を付けて!

・ 腐ったり栄養を吸ったりして、残りの花を傷めてしまうことに…。

7月の花マリーゴールドを長く楽しみたい場合は、こまめに花ガラ摘みを行うのが、綺麗に咲かせるポイントです。

 

小さな花が可愛いバーベナ


小さな花が絨毯の様に沢山咲き乱れる7月の花バーベナは、1年草タイプと宿根タイプの2種類。

【 7月の花のガーデニング:バーベナ 】

★ 見た目にあまり違いはありませんが、1年草の方が上に成長するため鉢植えに適し、宿根の方は這うように成長するため庭植えに最適!

・ どちらも生命力が旺盛!特に宿根タイプは乾燥に強く、ロックガーデンに利用する花として人気があるのが特徴です。

そんなバーベナの植え付け時期は4月~6月。開花時期は5月~10月と春から秋にかけての長い期間楽しんでください!

 

ドライフラワーとしても人気な千日紅


ポンポンのような丸い可愛らしい花を咲かせる千日紅は、枯れた後も色褪せにくいことで知られており、ドライフラワーとして人気です。

【 7月の花のガーデニング:千日紅 】

★ そのほかフラワーアレンジメントにもよく利用されるなど、花が咲き終わった後も色々な方法で楽しめることが魅力の7月の花!

・ 種まきの時期は5月。植え付け時期は5月~6月。7月~10月頃に花を咲かせます。

 

色鮮やかで独特な花、ケイトウ


鶏のトサカのような色鮮やかで独特な花を咲かせる7月の花、ケイトウ。苗の植え付け時期は6月~7月頃ですが、種から育てたい場合は4月~5月頃に種植えを開始してください。

【 7月の花のガーデニング:ケイトウ 】

★ とても生命力が旺盛で、滅多に枯れることのない育てやすい7月の花!ただ、蒸れには弱いので注意が必要。

・ あまり密着して植えず、ある程度間引いて風通しを良くするのが、7月の花ケイトウを元気に育てるポイントです。

 

いかがでしたでしょうか、初めてのガーデニングにおすすめ!7つの7月の花をお伝えしました。今回は、春から育てることのできる7月の花をピックアップしてお伝えしましたが、7月にはその他にも綺麗な花がたくさん!

夏の花は育てやすいものが多く、今回お伝えした花々も世話の手間が少ないので、真夏や7月に花を咲かせることを目標にするのも、良いのではないでしょうか。

また、種まきの時期をすぎても、ホームセンターなどにはある程度育った苗も売っているため、手軽にガーデニングを楽しみたいなら、ぜひ立ち寄ってみてください。実は、種から育てるよりもある程度育った苗を購入する方が、育てるのも簡単!

「ガーデニングは初めてで少し不安…。」と言う方は、苗から育てることも考えつつ、この記事を参考に、楽しく7月の花でガーデニングに挑戦してみてください。7月の花で庭先を綺麗に彩りましょう!

まとめ

春からガーデニングを始める7月の花

・夏の代表、ヒマワリ
・育てるのが簡単なペチュニア
・ニチニチソウなら毎日花を楽しめる
・黄色い花が綺麗なマリーゴールド
・バーベナには1年草と宿根の2種類がある
・千日紅は花後も色々なアレンジで楽しめる
・特徴的で鮮やかな花を咲かせるケイトウ