プランターで楽しみたいお洒落な野菜とは

プランターで楽しみたいお洒落な野菜とは
多世代から人気となっている家庭菜園は、とれたて新鮮の野菜を楽しめる点が嬉しいですよね。お庭での地植えだけでなく、プランターを使用しても野菜を育てることは可能で、専用の道具や苗なども簡単に手に入れることが出来るようになりました。

トマトやキュウリといったメジャーな野菜だけでなく、お料理のアクセントになるような色鮮やかな植物も、プランターで育てる野菜として人気が上がっています。いったいどのようなものが家庭菜園で育てられるのか、気になりますよね。

そこで今回は、プランターで栽培可能なオシャレ野菜をピックアップしていきます。「あらかたの家庭菜園はマスターしたから、珍しい植物やワンランク上の栽培法を試してみたい」という方も、ぜひチェックしてみてください。

別名、二十日大根とも呼ばれている、ラディッシュ

丸くて赤い見た目がオシャレなラディッシュは、プランターで栽培できる野菜です。サラダの彩りや、酢の物にして食べると良いアクセントになりそうですよね。実はこのラディッシュ、非常に栽培が簡単なので初心者でも安心して試すことが出来ます

ラディッシュの別名は、二十日大根です。この呼び方であればピンとくる方が多いのではないでしょうか。種をまいて20日ほどで収穫できるスピーディーさが人気で、20センチ~40センチほどの小型プランターでも育てられる点が嬉しいですよね。

水やりは種まき後はたっぷりと与えますが、発芽後に関しては土が乾かない程度のタイミングで与えれば成長してくれます。日当たりがよければ室内でも育てられる野菜なので、忙しくてこまめにお世話が出来ない人でも、1日1回様子を見られれば問題なさそうですよね。

 

ピザのトッピングにも使える、バジル

ピザをはじめとしたイタリア料理によく使われているバジルも、プランターで育てられる野菜です。爽やかな香りが感じられるオシャレな葉のイメージがありますよね。

風通しの良い日なたに置いて育てることが大切で、土が乾かないようにして水やりすると茎がグングン成長します。高さ30センチほどに成長すれば、上の葉からハサミで切って収穫することが可能です。

バジルの良い所は生産性があるという点で、成長のサポートとして行う間引きや摘芯で抜いた茎を水に1週間ほどつけておけば、新たな根が生えてきます。それを新しい苗として再度植え付ければ、バジルの収穫量がさらに増えるというお得な魅力があります。

オシャレな料理のトッピングとして使うなら、数多く収穫しておきたいと感じますよね。ぜひ、間引きした茎は捨てずに再利用してみてください。

 

真っ赤な見た目が楽しめる、トウガラシ

ナス科の野菜でピリッとした辛さが特徴のトウガラシも、プランター栽培に適した野菜です。「トウガラシって自分で育てられるの!?」と意外に思いますよね。実は水はけのよい深型タイプのプランターを用意すれば、家庭菜園初心者でも簡単に栽培が可能です。

種も販売されていますが、スピーディーに収穫したい場合は、ツヤがあり茎が太い苗を購入すると良いでしょう。寒さには弱いため、5月のゴールデンウィーク明けくらいの時期に植えるとベストです。

また、トウガラシは根を深く張る性質があるため、株間は25センチ以上確保する事もポイントとなります。株間を広くとることによって風通しがよくなり、害虫対策にもつながります。

たっぷりと水やりをしながら育てれば、植え付けから2ヶ月ほどで赤い実が収穫できます。グリーンの葉にあの赤い実がついている様子を見ると、それだけでもベランダがオシャレになりますよね!スパイスとして利用しても良いですし、ハロウィーンの飾り付けとしても使う事ができそうです。

 

ビタミンBや食物繊維などの栄養が豊富な、セロリ

プランターでの野菜栽培には、セロリも適しています。品種によって香りが強いものや小さめサイズのものなどがありますので、購入時にセロリをどう利用したいかをイメージしながら選ぶと良いでしょう。

根が直下に伸びる性質を持っているので、植え付け時には根鉢を崩さずに浅く植えます。下葉が伸びた後は脇芽がどんどんと増えていくため、養分を全体に行き届かせるために脇芽かきの作業を必ず行います。その時に除いた葉も、スープなどの具に活用出来る点が嬉しいポイントです。

株が40センチほどに育ったら収穫のタイミングとなります。葉の部分は茎の2倍のビタミンAが含まれていますので、美味しく食べて健康になれたら素敵ですよね。マリネや煮物にしてもオシャレなので、ぜひ様々な調理法で食べてみてください。

 

今回は、プランターで育てられる野菜の中でもオシャレなものを取り上げてお伝えしました。オシャレな野菜というと、自分で育てるのは少し難しいような印象がありますが、プランター向きの野菜を選べば初心者の方でも気楽にチャレンジすることが可能です。

一生懸命に手間をかけて育てた野菜を自分で食べることができれば、達成感に浸れるだけでなく、食に対するありがたみを感じる事ができます。自宅で育てる事で、いつでも成長の過程を見られるので、毎日朝起きて様子を見ることも一つの習慣として楽しめたら素敵ですよね。

プランター向きの野菜には、小ぶりの品種も多く出回っているのでスペース的にも邪魔にならず、育てやすい点が魅力です。食材として利用することはもちろん、オシャレな見た目もぜひ楽しんでみてください。


連記事