ピスタチオの栄養で女性をサポート☆効果的に食べるには

ピスタチオの栄養で女性をサポート☆効果的に食べるには
ピスタチオの栄養は、女性に多い体の悩みを解消!ダイエットに健康に、毎日の暮らしをサポートしてくれます。美味しいピスタチオを食べて、健康美を手に入れられたら、やはり嬉しいですよね。

お酒のおつまみに多いナッツ類だけに、もちろんピスタチオの栄養は男性にも有効。そもそも木の実全般において、心臓に効果的とされるように、血液を健康的に保ってくれます。

ナッツ類全般に言えることですが、カロリーが高いイメージが先行して、ダイエット中は避ける方も多いものの、ダイエット中こそ食べて欲しいのがピスタチオの栄養であり、脂肪!

確かにナッツ類はカロリーが高めになりますが、健康やダイエットに効果を発揮する食べ方を守れば、ダイエットも美容も健康も、サポートしてくれるのです。

そこで今回は、男性はもちろん、美を求める女性にこそおすすめの、ピスタチオの栄養と、美容に効果的な食べ方をお伝えします。

ピスタチオの栄養で血液サラサラ

「ナッツ類は脂質が多い」と言うイメージが強く、たしかにピスタチオも脂質は含まれているのですが、ピスタチオの脂肪はオリーブオイルで有名な「不飽和脂肪酸」

この「不飽和脂肪酸」が、女性の美をサポートするポイントのひとつです。

【 ピスタチオの栄養☆不飽和脂肪酸 】

★ ピスタチオに含まれる脂質は、不飽和脂肪酸(オレイン酸・リノール酸が含まれています。)と呼ばれ、血液をサラサラにしてコレステロール値を下げる脂質!

・ そのため生活習慣病の元となる動脈硬化や高血圧に効果的、血液の血栓を流してくれるので、脳梗塞などまで予防してくれます。

血液サラサラになると循環、つまりめぐりが良くなり、体のすみずみの老廃物も体外へ出してくれるため、女性の美を血液からサポートしてくれるのです。

 

女性に多いむくみ対策

さらにピスタチオの栄養にはカリウムが豊富。カリウムもまた、体内の老廃物、特に塩分であるナトリウムをを排出してくれる役割があります。

【 ピスタチオの栄養☆カリウム 】

★ 現代人が過剰に摂りがちな塩分は、むくみの大きな原因!

・ お酒のつまみにスナックなどを食べて塩分を貯めこむなら、反対に排出してくれるカリウムを含むピスタチオがおすすめなのです。

特にお酒は尿とともにカリウムを体外に出してしまいがち…、あまりにカリウムが不足すると、足のつりなども激しくなるので、お酒とともにピスタチオをぜひ、食べてみてください。

 

貧血予防で元気に美しく

さらに女性に多い貧血ですが、これもピスタチオの栄養が補ってくれます。貧血に効果的な栄養素はもちろん、鉄なのですが、ピスタチオの栄養にはもうひとつ、嬉しいポイントがあるのです。

【 ピスタチオの栄養☆鉄分と銅 】

★ ピスタチオの栄養には鉄分はもちろん、体内で鉄分を効果的に使うために必要な「銅」も含まれている点がポイント。

・ 赤血球を造りだすのに欠かすことができない銅を、鉄分と一緒に摂取することができるので、より貧血を効果的に予防してくれるのです。

しかも、ダイエットなどをしているとついつい疲れやすくなってしまうもの…。そんなケースでもピスタチオの栄養素、ビタミンB1がサポート!

【 ピスタチオの栄養☆ビタミンB1 】

★ ビタミンB1は疲労回復に効果を発揮するビタミン。食べ物を効果的にエネルギーに変換してくれるパワーもあります。

・ 特に仕事や勉強疲れに有効!体だけではなく、脳神経が疲れた時にも作用してくれるのです。

「勉強や仕事をしすぎて、何だかボーっとしてしまう。」「疲れて頭が働かない!」何て言う時には、ピスタチオを食べてみるのも、一案かもしれません。

 

便秘を解消!スッキリデトックス

前項でお伝えしている「不飽和脂肪酸」は、腸を良く動かしてくれる栄養素。さらにピスタチオは食物繊維も豊富なので、女性が悩みがちな便秘解消にも一役買ってくれます。

【 ピスタチオの栄養☆不溶性食物繊維 】

★ ピスタチオに多い食物繊維は「不溶性食物繊維」。水に溶けにくい性質を持っています。

・ そのため大腸で水などをぐるっと包んで大きくなり、腸内の掃除をしながら体外に出てくれるのです。

 

ピスタチオの一日の摂取量

これだけの嬉しいパワーがあるピスタチオの栄養。この他にも美肌をサポートしてくれるβカロチンやルテイン、ビタミンEなどを豊富に含んでいるので、アンチエイジングにも効果的!

ただしピスタチオをはじめとしたナッツ類は、一日の摂取量を守って、暮らしに取り入れることが、美容のカギ。

【 ピスタチオの栄養☆美容に効果的な食べ方 】

★ ズバリ、ピスタチオの栄養をダイエットや美容につなげたいなら、一日の摂取量は45粒が目安。

・ 不飽和脂肪酸の効果を十分に発揮させるため、食べるタイミングは食前30分前後、食後なら一時間以内に食べると望ましいです。

ピスタチオは1粒のカロリーが約3.6キロカロリーですから、45粒で一日162キロカロリー。低いカロリーの食品ではないので、摂取量を守ることが、最も大切です。

 

今回は最近アンチエイジングや美肌に効果的だと注目されているナッツ類のなかでも、ピスタチオの栄養についてお伝えしました。

ナッツ類のなかでもピスタチオは殻が付いているため、殻を取る作業がちょっとした制御の役割を果たし、食べ過ぎを防いでくれることが多いです。

ダイエット中に脂質をあまりにも摂らないと、カサカサ肌になって、せっかく痩せたのにおばあちゃんのよう…。何てことにもなり兼ねません。質の良い脂質を効果的に摂ることが、美容のポイント。

ピスタチオの栄養に含まれる脂質、不飽和脂肪酸は、オリーブオイルが人気なことでも分かるように、質が良く、血液をサラサラにして、体の巡りを良くしてくれるもの。

ぜひ、この機会に上手にピスタチオの栄養を暮らしに取り入れて、健康的な美を手に入れましょう!

まとめ

ピスタチオの栄養と効果的な食べ方

・不飽和脂肪酸が血液をサラサラにしてくれる
・カリウムを摂取してむくみを解消
・鉄分と血液を造る銅で貧血予防
・ビタミンB1で疲労回復、元気に美しくなる
・不溶性食物繊維で腸内を掃除、便秘解消
・ピスタチオの一日の摂取量は45粒
・食前30分前後から食後1時間が食べ時


連記事