斎場に花を贈る時、事前に知りたい手順と7つのマナー

斎場に花を贈る時、事前に知りたい手順と7つのマナー

斎場に花を贈ることになった時、咄嗟にキチンとしたマナーある贈り方が出来るでしょうか?訃報は予期せずに訪れるものです。思いがけない訃報にあたり、故人を悼み弔う気持ちをどのように表すかは大切なことです。

とはいえ、弔辞の手順やマナーを知る機会はなかなか得られません。一方、花を贈ること一つにおいても、ご遺族の方々にとっては、それぞれに意向があります。また、宗教やその家のしきたり地域的な習慣などもありますから、沿うものを贈るのがマナーとなります。

せっかく故人を忍ぶのですから、快く受け入れてもらえる形で贈りたいものです。そこで今回は、突然斎場に花を送る時にも慌てないよう、事前に知っておきたい手順とマナーをお伝えします。

実際には花屋さんと斎場に相談しながらの形になりますが、その際にもあらかじめ知識を得ておくと、スムーズに事が運びます

[ 続きを読む… ]

ユリの花は贈っていい?選ぶ前に確認したいタブー集

ユリの花は贈っていい?選ぶ前に確認したいタブー集

花は人を元気にしたり、喜ばせたり、感動させたり、癒したりしてくれるものです。ですが贈るシーンと花によっては、贈った相手の方を不快にしたり、怒らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりすることがあります。

たとえば、白いカーネンション。白いカーネーションは亡くなった母にお供えする花だという認識が世間一般に広がっています。そのためきれいだからとか、お母さんが白色の花が好きだからと言って、健在の母親に母の日に白いカーネーションをプレゼントしてしまうと困ったことにもなります。

嫌味だと取られてしまったり、「私は死んでない」と嫌な気持ちにさせてしまったりして、関係が悪くなってしまうということも目にします。

ユリの花は、一輪だけでも存在感があり、姿もよく香り高いことからもプレゼントとして人気があります。また、古くから日本だけでなく世界でも愛されて来た、人との関わり合いが強い花だという面も持っています。

それ故にユリを贈る上では知っておかなければならないルールとでも言うべきものがあります。今回は、贈った相手を不快にさせたり、関係が悪くなったりしないために、ユリを贈らない方がいいタブーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

花輪を葬儀に送るなら、押えておきたい手順とマナー

花輪を葬儀に贈るなら、押えておきたい手順とマナー

自分にとって縁のある方の訃報は、誰しも辛いものです。その悼む気持ちを表わすものとして、様々な花贈りがありますが、その中でも代表的なものが花輪です。多くの場合、花輪は故人や喪主の勤務先や取引先など「企業から贈るケース」が多いものです。

他には「親戚一同」「友人一同」という形や、故人が属していた団体やサークルなど、複数の人々が集まりひとつの花輪を贈ることがありますが、もちろん個人名で贈ることもできます。

ただし花輪はひと口に葬儀マナーと言っても、地域によって判断が変わります。最近では遺族が葬儀スタイルに合わせてまとめて花輪を注文するケースが多いでしょう。

しかし花輪は普段の生活では縁遠いもののため、どこに依頼してどう贈ればよいのか、わからない方の方が圧倒的に多いことでしょう。そこで花輪を葬儀に贈る際に、押えておきたい手順やマナーなどをまとめてみました。

[ 続きを読む… ]

供花のマナー、突然の時にも戸惑わない7つの知識

供花のマナー☆突然の時にも戸惑わない7つの知識

供花はくげと読みます。仏や死者に花を供えることを指します。ご親族や職場の方、ご友人など故人との関係が密な場合に、香典のほかに生花や供物を供花・献花として供える事があります。ただしお葬式の場では細やかな配慮と、供花マナーが気になる方も多いのではないでしょうか?

生花をお手配される際は事前の確認やマナーを知らないと、ご遺族や関係者に迷惑をかけてしまう場合もあります。注意が必要ですので、事前に確認しておきましょう。

祭壇をたくさんの生花で飾る場合、以前は白を基調とした菊を選ぶのが一般的でしたが、最近では生前、故人が好きだった色の花なども飾られるようになってきました。お花が好きだった故人を偲ぶお葬式では、色とりどりの祭壇になるケースも増えてきましたね。

今回は突然でも滞りなく供花ができるよう、最低限抑えておきたいマナーを、7つの項目に分けてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

供花の場面でも物怖じしない!押さえるべき7つのマナー

供花の場面でも物怖じしない!押さえるべき7つのマナー

訃報は突然やってくるものです。急の報せに気が動転している中でも、通夜や葬儀の準備をしなければなりません。故人のご霊前に供え、お悔やみの気持ちを伝えるための花を供花と言います。「きょうか」もしくは「くげ」と読みます。

供花は亡くなった方の霊を慰めるために、祭壇のまわりに飾られます。同じ目的でお悔やみとして線香やろうそく、果物や干菓子などの品物をお供えする場合は、供物と呼びます。供花や供物は故人、または遺族の近親者によって贈られる場合が多いです。人生のうち、供花を贈る場面はそう頻繁にはないでしょうから、突然のことに困ることもあるかと思います。

そこで今回は供花を贈る場面でも物怖じすることがないように、押さえておきたいマナーについてお伝えしていきます。供花にまつわる一般常識を知っておくことで、突然の訃報でも慌てずに供花を手配することができます。ただし、葬儀のしきたりは宗派や地域によって差がありますので注意しましょう。ここでは一般的なマナーを中心にご紹介します。

[ 続きを読む… ]