とうもろこしの栄養はスゴイ!家族で役立てる効果効能

とうもろこしの栄養はスゴイ!家族で役立てる効果効能
とうもろこしの栄養を賢く摂って、美味しく食べながら健康になるのなら、子どもにも大人にも嬉しいですよね。

甘くて美味しいとうもろこしは、とても甘いことから夏場のお菓子としても重宝します。また、食用の他にも家畜の肥料や最近ではバイオエタノールの材料など、幅広い分野で利用されているとは驚き!

そのため、とうもろこしの栄養はその昔から活用され、米、小麦に並び世界三大穀物とも呼ばれており、世界中で親しまれています。そんなとうもろこしの栄養ですから、妊婦さんにも部位によっては薬としても、体に嬉しい、知っておきたい成分がたくさんあるのです!

美味しいとうもろこしの栄養なら、家族で食卓を囲んで食べることができちゃいます。そこで今回は、家族で役立てたいとうもろこしの栄養を詳しくお伝えします。

ぜひ、美味しいとうもろこしを家族みんなで楽しんで、暮らしに役立ててみてください。

 

とうもろこしの栄養はスゴイ!
家族で役立てる効果効能

 

元気な活動には欠かせない炭水化物

世界三大穀物なだけあり、とうもろこしの栄養の中で特に豊富に含まれているのは炭水化物。

炭水化物は人間が活動するのにはなくてはならないエネルギー源で、これが不足すると体が疲れやすくなったり、上手く頭が働かなくなったりしてしまいます。

なので、これを豊富に含むとうもろこしは、エネルギー源としてとても優秀なうえにお米と比べて低カロリー、血糖値の上昇を値にしたG1値も少しお米よりも低いことから、お米との置き換えダイエットとしても、注目されるようになりました。

【 とうもろこしの栄養☆疲労回復 】

★ なによりもとうもろこしの栄養は、疲労回復効果もあり、疲れたときには、とうもろこしの優しい甘さに癒されるだけではなく、早いエネルギー変換が期待できます。

・ これらの効果から、育ち盛りのお子さんなどには特におすすめの食品です。

 

便秘の改善に効果的な食物繊維

また、とうもろこしの栄養には、食物繊維がとても豊富。食物繊維は便秘を改善し、腸の調子を整えてくれる栄養なので、便秘の改善におすすめの食材なのです。

【 とうもろこしの栄養☆食物繊維 】

★ また、食物繊維は腸内に溜まった悪い物質を外に排出してくれることから、デトックス効果もあります。

・ 溜まってしまった体の悪いものを排出し、痩せやすい体を作ってくれるのです。

 

低カロリーで太りにくい

そして、前項でも少し触れたように、カロリーが高いと敬遠されてきたとうもろこしですが、実は意外なことに低カロリーの食材としても注目されるようになりました。

【 とうもろこしの栄養☆低カロリー 】

★ とうもろこしのカロリーは、大体100gあたり約92kcalほど、対して精米した白米のカロリーが100gあたり約168kcalとなります。

・ 食パンは約264kcalほどとされているので、穀物としてみると、穀物としてのとうもろこしはとってもヘルシーです。

なので、とうもろこしの栄養は炭水化物は他の穀物と比較して、エネルギー効率がよく、食物繊維で痩せやすい体を作れるうえ、低カロリーでよりヘルシーにエネルギーを摂取できます。ダイエットをしているなら、主食代わりにいかがでしょうか。

 

ビタミンとミネラルもバランスよく

そんなとうもろこしの栄養には炭水化物などの他、野菜に分類される食材ですから、ビタミンやミネラルもバランスよく含まれています。

【 とうもろこしの栄養☆ビタミン 】

★ 特に「ビタミンB1」と「ビタミンB2」が豊富であることに注目してください。どちらも代謝を助け、体の調子を整えるためには欠かせないビタミンです。

・ さらにとうもろこしはカリウムも多いのですが、このカリウムが、むくみの解消や高血圧予防にも一役買ってくれます。

とうもろこしの栄養は、健康維持の他美容にも作用することでも愛されてきました。体の調子を整える栄養がバランスよく含まれているため、エネルギー源としてだけではなく、体の健康維持にも役立つ野菜です。

 

妊娠中の方に嬉しい葉酸

また、とうもろこしの栄養には葉酸も豊富に含まれています。葉酸は妊娠中の方には欠かせない栄養素として、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

【 とうもろこしの栄養☆葉酸 】

★ タンパク質や細胞を作る働きを助けるのが葉酸。赤ちゃんの新しい体を作るためには、なくてはならない栄養です。

・ 血を造る栄養素としても役立つうえに、神経も支えてくれるため、痴呆症やアルツハイマーなどの予防としても役立ちます。

妊娠中だけではなく、授乳期にも血を造る効能がおっぱいの出を良くしてくれたり、産後におきやすい抜け毛などの症状も改善してくれる、心強い栄養素でもあるため、ぜひ産後に取り入れてみてください。

 

薬として利用される、「とうもろこしのひげ」

そんな嬉しい効果の多いとうもろこしの栄養が、より詰まっている部分が、とうもろこしの「ひげ」の部分です。

普通なら、捨てられてしまうことの多いとうもろこしの「ひげ」ですが、その効能の高さは「南蛮毛」とも呼ばれるほどで、なんと漢方にも利用されてきました。

【 とうもろこしの栄養☆とうもろこしの「ひげ」 】

★ とうもろこしのひげの効能はコチラです。

・ 利尿作用
・ むくみの改善
・ 高血圧予防

…など。

特に利尿作用に優れているため、体の悪い成分を体外に排出してくれるのが、女性には特に嬉しい作用ではないでしょうか。現在では一部で、ひげを健康茶として飲む方法も多く、こちらもおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか、とうもろこしの栄養と効果についてお伝えしましたが、美味しいだけではなく、時には漢方薬の材料になるほど、人の体に役立つ効能を秘めているのです。

エネルギー補給に優れた炭水化物、体調管理に最適なビタミンなどなど、育ち盛りのお子さんから妊娠中の方まで、幅広い年齢層の方々に役立つ食品であることは、お母さんには嬉しい食材となっています。

特に食物繊維の豊富さは特筆すべき特徴で、腸内環境を整えたい方なら、ぜひ試してみてください。朝ごはんをシリアルにするのもおすすめのアイデアです。干しレーズンや牛乳で栄養価アップしてみてはいかがでしょうか。

ただし、とうもろこしの食物繊維は、あまり消化に良い種類ではありません。取り過ぎるとかえって消化に悪いので、胃やお腹の調子と相談しながら調整してください。

ぜひ美味しいとうもろこしの栄養で、健康な毎日を過ごしましょう!

まとめ

家族で役立てたいとうもろこしの栄養

・炭水化物はエネルギー補給に最適
・便秘の改善に効果的な食物繊維
・意外と低カロリー
・ビタミンとミネラルで体の調子を整える
・妊娠中には必要不可欠な栄養素葉酸
・利尿効果に優れたとうもろこしのひげ茶


連記事