ウエディングブーケ☆オリジナルを楽しむ7つの方法

ウエディングブーケ☆オリジナルを楽しむ7つの方法

ウエディングブーケとは、花嫁が結婚式に手にしているブーケのことを指しています。このウエディングブーケは結婚の象徴と言われる、挙式に欠かせない存在でもあります。

現在ではこのウエディングブーケを、オリジナルオーダーメイドで発注したり、数日間教室に通って手作りにするなど、多くのサービスが見受けられます。挙式後もブーケを半永久的に思い出に残すサービスもあり、様々な選択肢に溢れています。

せっかくの結婚式ですから、記憶に残る楽しい思い出にしたいもの。新婦のあなたも人とは一味違うウエディングブーケを手にして、結婚式当日を迎えたくはありませんか?そんな願いをかなえるべく、本記事ではウエディングブーケのさまざまな種類とサービス内容を7つの項目に分けて、ご紹介していきます。



 

ウエディングブーケ☆
オリジナルを楽しむ7つの方法

 

ウエディングブーケの形にこだわる


やはり女性はウェディングブーケについても、自分なりのオリジナルな楽しみ方をしたいと思う人が少なくないようです。ウエディングブーケの形には色々と種類があるようです。どのタイプのウエディングブーケを選ぶかは、着るウエディングドレスに合わせると良いと言われています。

例えば、「キャスケード」と呼ばれるウエディングブーケの形は、滝の流れに見える逆三角形の形です。このウエディングブーケに合うドレスは「プリンセスライン」や「Aライン」のウエディングドレスが似合うでしょう。華やかさや上品さを求める人にピッタリでしょう。

また人気の高いラウンドブーケはどんなウエディングドレスにも似合います。丸い形のウエディングブーケは花の種類や大きさなどによって、可愛らしいものにも出来るしゴージャスなブーケにすることも可能です。オーソドックスでシンプルなデザインなだけに素材によって、さまざまな雰囲気を出すことのできるオールラウンドなウエディングブーケです。

 

時間がなくても、自分のイメージを伝えるだけ


一生に一度の思い出にしたい結婚式のウエディングブーケは、人とはかぶりたくない!という人も多いのではないでしょうか。だけれど、仕事も忙しく「自分では作る暇がない!」という人にもオリジナルのウエディングブーケは作れます。

いまやウエディングブーケもインターネットでオーダーメイドできる時代です。自分の作りたいイメージをお店に伝えることで、素敵なオリジナルのウエディングブーケを作ってくれる生花店が増えています。

 

手作りだからこそ、フルオリジナルブーケ


今まで興味はあったけれど、なかなか足を踏み入れるチャンスがなかった!と言う人でも自分の結婚式を機にフラワーアレンジメントに挑戦する人は多いのではないでしょうか。

生花店の中にはフラワーアレンジメントの教室で自分だけのオリジナルウエディングブーケを手取り足取り教えながら作るイベントを開催しているところもあるようで、一生思い出に残るアイテムを頑張って作ろうとする人も多いのではないでしょうか。

 

プリザーブドフラワーで楽しむオリジナルブーケ


プリザーブドフラワーは最近では認知度が上がり、生花と同様にウエディングブーケを作る際に素材として選ぶ人も増えてきています。プリザーブドフラワーをウエディングブーケとして取り入れるメリットとしては、花が長い時間綺麗でいることです。

生花で作られるウエディングブーケのほとんどは、式場に結婚式当日の朝に届けられることが多いので、実際に出来上がったブーケのイメージが違った!なんてケースもあるようです。ですが、プリザーブドフラワーは事前にブーケを用意することが出来るので、当日もお気に入りのウエディングブーケで式が挙げられます。

またウエディングブーケを手作りしたいと考えている人は、生花では花もちを考えて踏み込みづらくてもプリザーブドフラワーならば迷わず手作りしたいと思えるのです。

 

造花で作るウエディングブーケ


生花とプリザーブドフラワーをご紹介しましたが、負けないぐらい素敵なウエディングブーケが作ることが出来るのが造花です。造花で作るウエディングブーケのメリットは、時間をかけて作ることが出来るということです。また造花ならではの、デコレーションを施すことも可能です。

人とは違ったオリジナルのウエディングブーケを楽しみたい方や自分で作りたくても集中して製作に取り掛かれる時間が限られている方などにおススメです。自分ならではのアレンジをして思いでに残るウエディングブーケを作ることが出来るでしょう。

 

自分で作るウエディングブーケは未来の旦那様と共同で


ウエディングブーケを自分で手作りしたいと考える花嫁さんは少なくありません。せっかく一生に一度の思い出になる結婚式を自分たちの手作りのもので迎えたいと考える人も多いのです。予算を抑える意味でも席次表や招待状などを自作する人も多いですが、ウエディングブーケとブートニアをセットで用意する人も多いようです。

自分で手作りする人の中には、未来の旦那様と共同でウエディングブーケとブートニアを手作りする人もいます。自分たちの好みの花を用意し二人で相談しながら作ると、より一層絆も深くなり楽しい結婚式準備が出来るのではないでしょうか。

 

ウエディングブーケを押し花にして保存する


幸せな1日を過ごしたら、その日の思い出にウエディングブーケは取っておきたいと考えますよね。造花やプリザーブドフラワーで作ったウエディングブーケならば、保存方法にも困らないのですが生花ではそうは行きません。できるだけ早い段階で、結婚式後にどうやって保存したいのかを決めておくことをおススメします。

保存方法の一つとしては、押し花にして保存する方法です。これならば、場所もとりません。ですが、色が多少変化してしまうのが難点です。ただメリットとしてはどこにでも飾ることが出来るものができあがること。しおりなどのアイテムにすると、いつも身に付けられるなどのメリットがあるのです。

 

いかがでしょうか。結婚式を華やかに彩るウエディングブーケの、様々なサービスを種類や手作りの方法とともに、まとめてみました。

ウエディングブーケをオリジナルで作る為には、生花店にお願いしたり、プリザーブドフラワーや造花で自作したりと色々な方法があります。どの方法にしてオリジナル感を出すかはそれぞれ当人が考えて決めることです。どこかへ発注して出来上がりを楽しむのもよし、未来の旦那様と共同で作り上げるのもよいでしょう。

また結婚式で大活躍してくれたウエディングブーケを、結婚式後にも見ていられるように押し花やドライフラワー、プリザーブドフラワーなどにすることも可能です。ウエディングブーケを自分好みのオリジナルに仕上げるためには、ウエディングドレスに合わせた形選びと色合わせから始まります。最初から最後まで楽しめるのが良いですね。

 

まとめ

ウエディングブーケ☆オリジナルを楽しむ7つの方法

・ウエディングブーケの形にこだわる
・時間がなくても、自分のイメージを伝えるだけ
・手作りだからこそ、フルオリジナルブーケ
・プリザーブドフラワーで楽しむオリジナルブーケ
・造花で作るウエディングブーケ
・自分で作るウエディングブーケは未来の旦那様と共同で
・ウエディングブーケを押し花にして保存する

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!