バジルの育て方に必要な5つのポイント

バジルの育て方に必要な5つのポイントサラダやイタリア料理の風味付けとしてかかせないバジル。バジルが加わると、お料理の風味がぐっと豊かになりますよね。バジルはシソ科の植物で、もっとも有名なスイートバジルのほかに、レモンバジル、ブッシュバジル、ダークオパールバジルなど、様々な種類があります。

バジルの育て方はとても簡単です。自宅でプランターをつかって育てることもできますし、地面で大きく育てると、さらに沢山の葉を収穫できます。育ったバジルは、イタリア料理をはじめとして様々な料理に活用でき、食卓を風味豊かに彩ります。

また、バジルに含まれるβカロテンは抗酸化作用が高く、体内の新陳代謝を活発し、体の奥から綺麗にさせる働きがあります。自分で育てたバジルを食べてきれいになれるのは、とっても素敵なことですよね。とても魅力的な効能を持つバジルを、あなたも手軽に育ててみませんか。そこで今日は、バジルの育て方に必要な5つのポイントをお伝えします。



 

バジルの育て方に

必要な5つのポイント

 

種まき、苗植えのポイント


バジルの育て方でまず押さえておきたいポイントは、種まきと苗植えに適した時期でしょう。種まきの時期は、春が一番適しています。発芽の気温は15度から20度で、およそ桜の開花時期と重なります。その時期を目安に種まきを行うと、比較的上手に芽吹かせることができます。また、苗を植える時期も種まきと同じ時期が適しています。

ショップによっては一年中バジルの苗を買うことができますが、バジルの耐寒温度は5度〜10度です。5度を下回ると枯死してしまうため、もし越冬させる場合のバジルの育て方は、室内で温かく肥料をあげるのが大切です。ただし、育てるには日照も重要な要素であるため、冬のバジル育成は観賞用としての意味合いが強くなるでしょう。

 

間引きのポイント


種からのバジルの育て方で、次に大切なポイントは、芽吹いてからの間引きです。いつ、どのくらいの大きさで間引きをするか、気になりますよね。種をまいてから、おおよそ10日くらいで、生きている種は芽吹きます。可愛らしい小さな双葉がでてきます。

そして数日経つと、双葉の真ん中から本葉が生えてきます。その本葉が大きくなり、2〜3枚ほどに増える頃、間引きをしましょう。間引きのポイントは、隣り合った葉が重ならない位の間隔を保つことです。なかなか難しいですよね。

苗と苗の間隔をおよそ20〜30センチくらい開けると、丈が伸びて大きくなってからも、葉が重なって互いに邪魔をせずに済みます。育てたいポイントに多くの芽が密集している場合は、発育の遅い芽を優先して抜きましょう。間引いた芽は、洗ってサラダに加えるのがおすすめです。

 

摘芯のポイント


摘芯とは、成長を促すために枝を切り取ること。適切な時期にバジルを摘芯することは、もとの苗の成長を促すことと、挿し穂をつくって新たな苗を増やすこと、2つの大きな効果をもたらします。

バジルの育て方の中で大切なポイントです。摘芯をする時期は、苗の高さが20〜30センチに達する頃に行います。地面から葉の出ている2〜3節上のあたりを、ハサミやカッターでカットします。

この時期に摘芯を行うことで、残された苗はカットされた両脇から新たな芽が伸びて、さらに大きく成長します。カットされた枝は、水を張った入れ物に切り口を浸し、日当たりの良い場所で育てましょう。そのまま10日程置くと、切り口から白い根が出てきます。根が出てきたら、土への植え替えのサインです。

 

害虫駆除のポイント


バジルの育て方のうち、葉がでてから気を付けたいのは、やはり害虫です。バジルの葉を狙う害虫、あなたはいくつご存知ですか。茎から汁を吸うアブラムシや葉を舐めるなめくじ、そして葉をかじる蛾の幼虫など、沢山いますよね。およそ害虫では20種以上、菌類の病気では40種も、その生育をおびやかすものがあります。

害虫が出てしまった場合は、速やかに葉を取り除き、場合によっては市販の農薬などを使用します。しかし、若芽のうちからの予防策として、風通しと水洗いに気をつけましょう。害虫や病気を呼ぶ菌類は、じめじめとした暗い場所を好みますから、日ごろから風通しをよくし、太陽によく当てると、予防にとても有効です。

また、雨で地面から跳ね上がった泥土を洗い落とすと、地面からの菌の付着を防ぎます。バジルの育て方はこのように、日ごろから少しずつ手入れしておけば、収穫時にも安心。危険になってから農薬を使うより、ずっとリーズナブルで健康的です。

 

収穫のポイント


葉が大きくなり茂る頃、楽しい収穫の時期がやってきます。バジルの収穫は、葉が堅くなり過ぎないうちに摘みましょう。葉が堅くなるのは、花穂が出る頃。もし種を収穫しないのであれば、花穂を折り取るのがおすすめです。葉の柔らかさが長く続きます。

バジルの育て方として、あらかじめ、種を収穫する株だけのプランターと、収穫しない株とを分けて育てるのもおすすめです。株ごとに管理でき、一気に収穫できるからです。沢山バジルを収穫したい、保存用の乾燥バジルを沢山作りたい場合は、ぜひ試してみてください。

種の収穫もとても楽しいものです。収穫は、実がしっかりと入ってから、さやが茶色くなるまで待ちましょう。自然に落ちてしまう前に房ごと折り取って、紙封筒や紙袋にいれて保存しましょう。ビニール袋は種の呼吸を妨げ、カビが生える原因になります。

採取した種は来年蒔くために少しとっておき、残りは食用にしましょう。近頃はバジルシードを利用した食品が沢山でていますね。おすすめは水に浸して大きく膨らませ、ヨーグルトやサラダに加える方法です。食物繊維がたくさん摂れ、ダイエットの強い味方になりますよ。

 

いかがでしたでしょうか。薫り高いバジルはちょっとした工夫で簡単に育ち、良質な葉を沢山収穫することができます。病気の予防もでき、毎日の生活に緑の癒しと美味しい恵みをもたらしてくれます。

バジルの収穫は3回もあります。発芽した後に間引いた芽と、大きく茂った葉、それから熟した花穂からとれる種です。特に葉と種は、乾燥させて保存することができます。乾燥させた葉を細かく砕いて瓶詰めにし、キッチンで調理に使うと、普段の料理の風味が変化し美味しさも倍増ですよね。また、バジルシードはダイエットの味方です。

水に浸して30倍にも膨れるバジルシードは、チアシードと並んで食物繊維がとれる、注目の食材です。バジルシードを手作りして沢山収穫すれば、毎日のダイエットの頑張りを、力強く後押ししてくれます。体にいいことがいっぱいのバジル。育て方をマスターして、毎日の生活に素敵な変化を取り入れてください。

 

まとめ

バジルの育て方のポイントは

・種まきに適した時期は春、気温は15度〜20度、桜の開花時期が目安です。
・密集した芽を間引くことで、株が大きくなります。
・摘芯を行うことで、成長を勢いづかせ、株を増やすことができます。
・風通しと水で泥土を洗うことは、害虫と病気予防になります。
・花穂がのびたら折り取りましょう。収穫用の株を分けるのもおすすめ。