モンステラの育て方☆ポイントを押さえて長持ちさせるには

モンステラの育て方☆ポイントを押さえて長持ちさせるには
モンステラの育て方をマスターすることができたら、大きな葉っぱが人気の観葉植物モンステラですから、おしゃれに栽培まで楽しめて素敵ですよね。

観葉植物は、部屋に優しいグリーンの色合いを加える装飾としてとても人気です。しかし、観葉植物の多くは熱帯地域に生息するもののため、日本での管理は少しコツがいります。

特にモンステラは大きく育つことから、「ちょっと難しそう…。」と、躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことはありません。モンステラの育て方のポイントを押さえるだけで、健康に長くモンステラの観賞楽しむことができるのです。

そこで今回は、モンステラの育て方を、長持ちさせるポイントを中心にお伝えします。この機会にぜひモンステラの育て方をマスターして、観葉植物栽培にチャレンジしてみてください。

 

モンステラの育て方☆
ポイントを押さえて長持ちさせるには

 

モンステラとは

まずは、そんなモンステラの育て方の前に、少しこの植物の概要についてお伝えします。

【 モンステラの育て方☆特徴 】

★ モンステラはサトイモ科のモンステラ属という種類の植物の総称、熱帯アメリカに20~30種類ほどが分布しています。

・ 大きな葉っぱが特徴で、成長すると葉に穴や隙間の空いた独特な形で、その変わった特徴から、モンステラという名前はラテン語の「怪異」という意味の「モンスター」が由来になっています。

では、次の項目からそんなモンステラの育て方のポイントについてお伝えします。

 

モンステラの置き場所

まず初めに、モンステラの育て方のポイントとしてお伝えするのは、鉢の置き場所についてです。

【 モンステラの育て方☆置き場所のポイント 】

★ モンステラは日陰を好む植物なので、強い日差しを嫌います。なので、直射日光が当たると葉焼けしてしまうことがあるので注意してください。

・ モンステラを育てる場合は、カーテンの裏など日の当たらない明るい日向がおすすめです。

 

モンステラの水やり

モンステラの育て方からとして水やりもとても重要で、モンステラは乾燥をとても嫌います。

【 モンステラの育て方☆水やりのポイント 】

★ 基本的には水切れを起こさない様、表面の土が乾いたらたっぷりと与えます。特に、モンステラが活発になる夏場は土が乾燥しやすくなるので注意してください。

・ ただし、逆に寒い冬場のモンステラは成長を止め、あまり水を吸収しなくなります。そのため、冬の水やりは少なくあげるのもポイントです。

 

モンステラの葉水と葉っぱの掃除について

また、先ほどお伝えした通り、モンステラは乾燥がとても苦手なので、空気の乾燥している季節などは、水やり以外に葉水を与えてあげると元気に育ちます。

【 モンステラの育て方☆葉っぱの掃除 】

★ ちなみに、観葉植物は室内で管理するため、長期間育てているとどうしても葉っぱにホコリがたまってしまうことがあります。

・ このホコリが葉についたままだと、日光が遮られて病気の原因になったりするので、時々濡らしたティッシュなどで葉っぱの表面を掃除してあげてください。

 

モンステラの冬場の管理

モンステラの育て方では、冬場の管理もポイントのひとつです。

【 モンステラの育て方☆冬場の管理 】

★ 初めにお伝えした通り、元々モンステラは熱帯地域の植物なので、暑いのは得意でも寒さは少し苦手としています。

・ モンステラの場合、気温が5度以下になると枯れてしまいますので、冬場の温度管理には注意をしてください。

 

切り戻しと植え替え

そうして育てていくと、モンステラはとても大きく成長します。モンステラの成長スピードは結構早く、そのままにしておくと鉢から飛び出してしまうほど大きくなります。

そうなると、転倒したりする恐れもあるので、大きくなったら適度に切り戻しや植え替えを行ってください。

【 モンステラの育て方☆植え替え 】

★ モンステラの植え替え時期は7月~9月の間です。この季節なら、生育が旺盛で少し根などを傷めても早く回復してくれます。

・ 切り戻しもこの時期に行うのがおすすめです。大きくなって鉢からはみ出しちゃった部分を切り落として全体のバランスを整えてみてください。

また、苗全体が傾いている場合は、根本付近の茎ごとバッサリ切ってしまっても大丈夫です。

モンステラは丈夫なので、根本付近から切り戻しても、そこから新しい葉っぱが生えてきます。ちなみに、切り取った部分もそのまま土に植えてさし木にすると、そのまま根付いて育てることができるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

モンステラの育て方の注意点

最後に、そんなモンステラの育て方の注意点を少しお伝えします。

【 モンステラの育て方☆注意点 】

★ 実はモンステラの葉っぱや茎の汁には毒があり、この汁は肌についただけでもかぶれて炎症を起こすことがあるのです!

・ 切り戻しの作業を行う場合は、必ず手袋を付けることでかぶれや炎症を防げます。また、ペットのいる方は誤ってかじらない様、充分に注意をして育ててください。

 

いかがでしたでしょうか、ここまでモンステラの育て方についてお伝えしてきました。普通の花などとはまた違った育て方の注意点がある観葉植物。しかし、そのポイントさえ押さえれば、観葉植物も簡単に長く楽しむことができます。

モンステラも、乾燥と寒さに弱い点を除けば基本的に丈夫なので、育てやすい観葉植物です。そのため基本的には、寒くて乾燥しやすい冬場だけ注意すれば、とても元気に育ってくれます。

また、さし木の項目でお伝えした通り、モンステラは成長がとても旺盛です。結構簡単にさし木で増やすことができるので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

この記事を参考に、そんなモンステラの育て方にチャレンジして、他の観葉植物まで広げていく方は多いです。モンステラの育て方をマスターして、部屋で大きなモンステラを楽しんでみましょう!

まとめ

長く楽しむモンステラの育て方

・直射日光が苦手なので明るい日陰で育てる
・水やりは夏場はたっぷり、冬場は控えめ
・乾燥が苦手なので時々葉水を行う
・冬場も暖かい5℃以上の場所で管理
・大きくなったら切り戻しを行う
・切り落ちした茎はさし木にして増やせる
・茎や葉の汁には毒があるので注意


連記事