自宅でキレイに咲かせる!カーネーションの育て方

自宅でキレイに咲かせる!カーネーションの育て方
可愛らしい見た目が魅力的な、カーネーションの育て方を学んで、自宅で綺麗な花を咲かせる事が出来たら、嬉しいですよね。

母の日のプレゼントとして贈る花の代表格とも言えるカーネーションは、赤やピンクをはじめ、カラーバリエーションに富んだ品種が多く出回っています。

耐寒性・耐暑性共にある性質ですので、日当たりの良い場所に置いて、水の管理を毎日適切に行っていれば、綺麗な花を長く咲かせる事が可能です。

そこで今回は、自宅で綺麗に花を咲かせるための、カーネーションの育て方について、お伝えします。「母の日のプレゼントとして、鉢植えを貰ったから、正しいカーネーションの育て方を覚えて、長持ちさせたい!」という方も、ぜひご覧ください。

包装は取り、元の鉢より一回り大きい植木鉢に植え替えよう

まずは、カーネーションの育て方において必要な物を用意しましょう。

・カーネーションの鉢植え
・植木鉢
・用土
・底石

母の日のプレゼントとして、カーネーションを貰う事が多いと思いますが、少しでも長持ちさせるためには、元の鉢より大きな植木鉢に植え替える作業が大切なポイントとなります。

鉢植えにラッピングが付いている場合は、なるべく早めに包装を取り、風通しを良くする事で蕾の成長を促してあげましょう。

用土は、市販の土を使う事が出来ます。底石を使う事で、水はけを良くし、根崩れを防止する事も出来ますので、植木鉢に植え替える際に使用するようにしましょう。
 

水を与える際は、花や葉に水が掛からないように注意しよう

カーネーションは、入手後、なるべく早めに植え替え作業をしましょう。カーネーションの育て方をスタートする為の、植え替え方法は、以下の通りです。

1. 植木鉢に底石を入れ、全体の3分の1の高さまで、用土を入れる。

2. カーネーションの鉢から苗をそっと取り出し、植木鉢の中心に置く。

3. 苗の周りを埋めるようにして、少しずつ用土を入れる。

4. 淵から3㎝程の高さまで用土を入れたら、水を与える。

カーネーションは、日当たりの良い場所に置いて育てるようにしましょう。直射日光には弱いので、半日陰などの、程よく風通しが良い場所に置くよう工夫すると、綺麗な花を咲かせる事が出来ます。

水も、切らさないように注意する事が大切ですが、与える際は花や葉にかからないように注意してください。水が花に当たってしまうと、多湿になって病気の原因に繋がったり、株を弱らせてしまう可能性がありますので、株元にのみ水をかけるようにしましょう。

カーネーションを長く楽しむなら、月に3回ほど、液体肥料を与える事で、綺麗な花を咲かせてくれますので、ぜひ試してみてください。

 

花が咲き終わったら摘み取り、その後の生長を促そう

カーネーションの花が咲き、綺麗な姿を楽しみ終わったら、花を摘む事も、カーネーションの育て方のコツです。

「せっかく咲いた花を摘んでしまうのは、何となく勿体ない気がするな…」と、感じてしまうかもしれませんが、早めに咲き終わった花を摘む事で、他の蕾に養分を行き届かせ、カーネーションを長持ちさせる事が出来るようになります。また、花を摘む事で、風通しを良くし、病害虫の被害を予防する事にも繋がりますので、ぜひ実践してみましょう。

花が咲き終わり、花弁が色褪せたら、茎を残してハサミで花を摘みましょう。まだ、蕾が残っていて、これから咲きそうな部分があれば、花の部分のみを残して摘み取っておいてもOKです。

 

葉が混みあっている部分は取り除き、病害虫の被害を予防しよう

カーネーションの育て方において、病害虫の被害を予防する事も、大切な作業となります。カーネーションは、アブラムシや、灰色かび病の被害に遭いやすい性質の植物です。綺麗なカーネーションを咲かせたい人にとっては、花の変色や、苗を枯らす事は避けたいですよね。

灰色かび病にかかると、葉が灰色に変色し、枯れる原因となります。予防策としては、湿気の多い環境を避け、カビの増殖を防ぐ事です。もし感染してしまったら、変色した花や葉の部分を速めに摘み取り、感染の拡大を防ぎましょう。

アブラムシも同じく、株を弱らせる害虫ですので、葉が混みあっている部分は早めに取り除き、常に苗の風通しを良くしてあげる事で、発生・拡大を防ぐ事が、カーネーションの育て方を長く楽しむ秘訣となります。

 

今回は、自宅で綺麗に花を咲かせるための、カーネーションの育て方について、お伝えしました。母の日をはじめ、プレゼントとして貰う機会が多いカーネーションの育て方を覚えて、少しでも長くお花を咲かせ続ける事が出来れば、いただいた人への恩返しにもなりそうですよね。

可愛いラッピングや植木鉢で包まれていたとしても、その後の生長を促す為には、一回り大きい植木鉢へと植え替えをする事が、カーネーションの育て方におけるポイントとなります。日当たりの良い場所に置いて、水を切らさないように注意したり、咲き終わった花を摘み取る事で、可愛らしいカーネーションを長く楽しんでみてください。

今回の記事を読み、カーネーションの育て方のポイントを押さえたら、ぜひご家族や友人にも、長持ちさせる秘訣を教えてあげましょう!


連記事