12月の花贈り☆イベントをさらに盛り上げる花々とは

12月の花贈り☆イベントをさらに盛り上げる花々とは
12月は花が大活躍する季節。年末のイベントが続いて、自然に気持ちが盛り上がるこのシーズン、素敵な花を添えてさらに楽しさを上乗せしたいですよね。

12月の花は、ラッピング次第でいくらでも飾ることができるのが楽しいところ!さらにクリスマスシーズンならではの可愛く華やかなデコレーションパーツも、たくさん店頭に並んでいます。

花を贈る相手の顔や、一緒に参加するイベントのことを考えれば、ギフトのアイデアが次々に浮かびすぎて、困ってしまう方も多いのではないでしょうか。

クリスマスにお正月に…、寒い冬だからこそ暖かくホッコリした花々で、盛り上げるイベントの数々、12月の花を大活躍させて、みんなで気持ちを盛り上げましょう。

そこで今回は、ギフトにピッタリな12月の花と、その花をさらに輝かせてイベントを盛り上げるための方法をお伝えします。



 

12月の花贈り☆
イベントをさらに盛り上げる花々とは

 

花も名前も可愛い、ストロベリーツリー


初冬にベルのような形の花を咲かせるストロベリーツリー、和名でいちごの木と呼ばれる可愛らしい12月の花!秋にはいちごのような赤い実をつけることからそう呼ばれていますが、いちごと同じバラ科ではなくツツジ科に属する花なんです。

【 12月の花☆ストロベリーツリー 】

★ ベルみたいな形状、そして白くて小さなストロベリーツリーの花は「クリスマス」「聖なる夜」など12月の花らしい言葉がピッタリ。

・ アレンジメントにしてカラフルな花と一緒にすれば、ストロベリーツリーの花の可憐さが際立って、ステキなフラワーギフトになります。

見方によっては、ミニ丈のバルーンスカートのようにも見えるストロベリーツリーの花、思い切ってストロベリーツリーとお揃いの白いバルーンスカートで、イベントに参加してみる、そんな茶目っ気がイベントをさらに盛り上げてくれそうです。

 

深紅のバラは、どんな場面でも注目の的


12月の花と言えば華やかなイメージがあるもの。そんなイメージにピッタリなのが深紅のバラを使ったフラワーギフト。花束、アレンジメント、鉢植え、リース、バラはどんな形でも豪華に映えてイベントに彩りを添えてくれます。

【 12月の花☆バラのアンティークアレンジ 】

★ そんなバラを、敢えてアンティークなイメージのギフトに仕上げてみるのも、素敵な方法。

・ 深紅のバラに濃い緑や、スモーキーな色合いのグリーンを添えて、シンプルにラッピング!色味を抑えたシルバーのリボンをキュッと結べば、大人のフラワーギフトの出来上がり。

イベントへの行き帰りに、わざと持ち歩きたくなるほどお洒落な贈り物になるはず。また、帰宅後にサッと花をグラスに挿すだけで、一気に部屋を華やいだ雰囲気にできるのもバラの魅力です。

 

レンゲローズは、優しい気持ちにしてくれる


レンゲローズはれんげ草に似た小さな花を咲かせる、四季咲きミニバラの一種。小さく華奢な感じの花びらと、葉の繊細な雰囲気が人気の12月の花です。白やピンクの可愛い色が集まって咲く姿は、イベントのような賑やかなスペースの中で、見る人に癒しを与えてくれます。

【 12月の花☆レンゲローズのキュートアレンジ 】

★ 愛らしいレンゲローズには、ふわふわのキュートなラッピングがピッタリ。

・ レンゲローズの鉢をオーガンジーの布でたっぷり包み、幅広のレースのリボンで飾ればまるで、レンゲローズがドレスを着ているようなラッピングになります。

そしてレンゲローズは四季咲きの花なので、イベントの後もずっと花を楽しむことができるんです。12月に贈る花の中でも優しい印象のレンゲローズの存在は、イベントやパーティーの場をふわっと和ませてくれます。

 

ハートツリーに雑貨をプラス


5月から12月頃まで白い花を咲かせるハートツリーは、花の後にハートの形をした真っ赤な実をつける愛らしい12月の花。キャンディやグミを思わせる赤い実はとってもチャーミングで、見る人の気持ちをガッチリ掴むには最適のフラワーギフトです。

ハートツリーの赤い実に合わせて鉢の色を選んでも素敵ですし、イベントの雰囲気に合わせて決めても良いですね。とにかく花も実も可愛らしいので、どんなラッピングでも100%満足できるフラワーギフトになること間違いなし!

【 12月の花☆ハートツリーアレンジ 】

★ 12月に贈る花らしく、鉢にサンタクロースやトナカイのピン・小さな風船や人形を添えれば、まるでおもちゃ箱のような楽しいギフトに!

・ カップルの方ならハートツリーの根元に、指輪の箱を忍ばせるのもロマンチックです。

 

八重咲きのストックで、豪華な花束を贈る


秋冬に咲く品種のストック、その中でも八重咲の品種は、ひときわゴージャスに見えるフラワーギフト!カラーも赤に近い紫からピンク、白までたくさんのバリエーションを持っているので、選び応えがあって楽しい12月の花です。

【 12月の花☆ストックの大人アレンジ 】

★ ストックの葉の色はシックなグリーンなので、大人っぽい雰囲気のパーティーやイベントにもしっくり馴染む良さがあります。

・ いろいろなカラーのストックを集めて大きな花瓶に飾れば、イベント会場での立派なウェルカムフラワーに!

アレンジメントにして他の花やグリーンとマッチさせるのもおすすめ。カラフルにもシックにも自在にアピールすることができるストックの花、豪華さとスマートさの両方を演出したい時には是非選んでみたい花です。

 

ポインセチアで12月らしさをアピール


12月の花といえば真っ先に思い浮かぶポインセチアは、別名「クリスマスフラワー」とも呼ばれている花。濃いめの赤と緑のコントラストで見る人をワクワクさせるハッピーな花です。

そんなポインセチアの赤く色づいている部分は花ではなく葉であり、茎の一番上にある小さな蕾のようなところが花になっています。ポインセチアは花びらがない代わりに、美しい葉の色を持っているのが特徴。

【 12月の花☆シンプルラッピング 】

★ ポインセチアをギフトにするなら、シンプルなラッピングが一番!赤いビロードのリボンをサラリと巻くだけで一気に華やぎを増します。

・ 大きめのキャンドルを見つけて、ポインセチアと一緒に透明セロハンでラッピングすれば、イベントに行く前から気分が高まって楽しくなってきそうではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか、様々な場面で着飾った花を目にすることが多い年末、店頭にもキラキラした12月の花々がたくさん!そんな12月の花々の姿からアイデアを貰い、自分なりのフラワーギフトを贈ることができたら素敵です。

そして12月に贈る花は、その名前も大きなインパクトを与える役割を持っています。ハートツリーやストロベリーツリー、クリスマスフラワーなど、可愛い名前を持つ12月の花々はそれだけで場の空気を盛り上げるチカラがあるのも魅力のひとつ。

イベントで初対面の方に会っても、花のネーミングの話題で仲良くなるきっかけをつかめるかも知れません。

クリスマスパーティーや忘年会、それ以外でも人と集う機会の多い12月は花の出番がいっぱい!自慢のフラワーギフトと一緒にイベントに参加すれば、楽しい年末になること間違いなしです。

まとめ

イベントで映える、12月の花々

まとめ箇条書き挿入・ストロベリーツリーは女子会向き
・存在感バツグンの深紅のバラ
・レンゲローズはオーガンジーが似合う
・おもちゃのように可愛いハートツリー
・色が豊富な八重咲のストックは豪華
・ポインセチアとキャンドルのセットは人気!