水耕栽培なら室内でOK!育てると便利なおすすめ野菜

水耕栽培なら室内でOK!育てると便利なおすすめ野菜
水耕栽培と聞いて多くの人がまず連想するのは、ヒヤシンスの球根ですよね。きれいな花を咲かせるヒヤシンス以外にも、水耕栽培出来る植物はたくさんありますが、実は今、そのなかでも野菜の栽培が人気!

その理由は、土を使わないので室内でも手軽に始められること、手が汚れないことや虫の心配がないことも大きなメリットになっています。簡単な準備で、キッチンの窓際などの小さなスペースでも、手軽に野菜が育てられるなら、ぜひ挑戦してみたいもの!

でも、いざ野菜作り初心者が初めての水耕栽培に挑戦するとなると、揃えるものや適した野菜などなど…、水耕栽培については、わからないこともたくさんありますよね。

そこで今回は、室内の水耕栽培で育てられる、おすすめの野菜やその手順をお伝えします。「家庭菜園どころか、お花も育てたことがないから…。」と言う方でも、意外と簡単に育っちゃうのが水耕栽培。ぜひ、参考にしてください。



 

水耕栽培なら室内でOK!
育てると便利なおすすめ野菜

 

そもそも水耕栽培って?


【 水耕栽培とは 】

★ 土の代わりにスポンジなどに種を蒔き、栄養分が含まれている水に根を浸して育てる、野菜栽培のこと。

・ ペットボトルなどを使って水耕栽培の容器を自作することもできますが、初心者では手間取ることも多いので、市販の水耕栽培キットが便利です。

栽培する容器の上にLEDの照明設備が付いているような高価なものもありますが、窓際など陽当たりのいいところに置いて育てるなら、必要な容器と種などがセットになっているもので十分!

育てる野菜の種類にもよりますが400円~800円ほどで販売されています。

 

パセリを水耕栽培で育てる


水耕栽培のおすすめ野菜、まずは使いやすく育てやすいパセリ!お弁当やおかず、サラダの飾りに便利なパセリは、それだけをスーパーで買うのはちょっと割高なので、栽培できると手軽に使えて嬉しい野菜。

【 お弁当に使うパセリを水耕栽培 】

★ 添え物の印象が強いパセリですが、じつは栄養もいっぱい!

・ 特にビタミンCが豊富に含まれているので、刻んでオムレツやパスタなどに入れて、たくさん食べたい野菜です。

キッチンに置いて料理ごとに摘み取り使うと、手軽で便利な水耕栽培を楽しめます。

 

ルッコラは水耕栽培がピッタリ!


ピリッとしたさわやかな辛みのあるルッコラは胡麻の香りを持ち、水耕栽培でも育てやすいハーブ。いつものサラダに加えるとたちまちおしゃれな一皿に!

【 ルッコラの水耕栽培 】

★ ルッコラはプランター栽培でも人気ですが、日光を浴びてよく育ちすぎると、少し硬く食感が悪くなってしまいます。

・ 実は室内栽培のほうが、若く柔らかいルッコラを手軽に使えるので、水耕栽培に向いているといえるのです!

 

サンチュも水耕栽培おすすめ野菜


レタスのひとつサンチュも水耕栽培のおすすめ野菜です。

【 サンチュも水耕栽培で虫なし 】

★ 育てやすい葉野菜はプランター栽培などでも人気ですが、虫が付きやすいのが難。

・ その点、水耕栽培では虫が付く心配もなく、より手軽に育てられます。

コチュジャンを付けた焼き肉を包んで食べたり、サラダで食べてもおいしいサンチュ。ひとつのスポンジに2粒ほど種を蒔いて、1週間くらいで発芽してくれる、超初心者にもおすすめの野菜なのです。

 

バジルの水耕栽培で節約食卓!


イタリアンに欠かせないハーブ・バジル。香りのいい生のバジルは、パスタやピザなどいつもの料理をレベルアップさせてくれます。

【 バジルを室内で育てる 】

★ 水耕栽培でもよく育つバジル!育てやすいハーブ類のなかでも筆頭と言えるほど、繁殖力が強い「放置野菜」として有名です。

・ ただし、たくさん茂って使うのが追い付かなくなることも…。

そんな時には、オリーブオイル・松の実・パルメザンチーズなどを用意して、バジルペーストを作って保存すると、無駄にせず長く保存することもできます。

 

手間隙掛けて楽しむなら、ミニトマト


プランター栽培で人気のミニトマトも水耕栽培で育てられるおすすめの野菜!種を蒔いて10日ほどで発芽し、暖かい時期なら2か月くらいで青い実がなります。

【 ちょっと手が掛かる、ミニトマトの水耕栽培 】

★ ハーブや葉野菜と違い、支柱を立てたり脇芽を取るなど手入れに多少のコツや手間がいるのが特徴。

・ それでも、水耕栽培なのに「実のなる野菜」を育てる楽しみはまた格別!上手に育てるとたくさんの収穫も見込めます。

トマトの栽培では単に明るい場所に置くというだけではなく、葉に日光が当たることが良く育つポイントなので、陽当たりのいい場所に移動させるなど工夫も必要です。

 

エスニック料理好きにはパクチー


パクチーはコリアンダーや香菜と呼ばれる、エスニック料理には欠かせないハーブ。独特のクセがありますが、好きな人にはたまらない香り!日本では、パクチー料理がちょっとしたブームにもなりました。このパクチーも水耕栽培で育てられます。

【 パクチーを手軽に食卓へ 】

★ デトックス効果もあるパクチーは、たくさん食べると美容にも嬉しいハーブ!

・ 気軽に摘んで、サラダなどで食べるのも美味しいもの。香りが強く苦手という人なら、衣をつけて天ぷらにすると食べやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか、水耕栽培におすすめの野菜についてお伝えしてきました。どの野菜の場合にも言える、水耕栽培で上手に育てるためのコツは、根の部分を完全に水没させないようにすること!

植物は根の部分でも呼吸していて、土に生えている時は細かな隙間から空気が入るので、根が土に埋まっていても問題ないのですが、水耕栽培で根の上の方まで水に浸かってしまうと、呼吸が全くできなくなってしまうのです。

また、おもな水耕栽培では、種を発芽させるところからスタートしますが、バジルなどハーブ類は枝を水に差しておくと根が出てくるので、それを水耕栽培で大きくするという方法も、より手軽に大きく育てられるのでおすすめです。

毎日新鮮な野菜を収穫できる水耕栽培、本記事を参考にしながら、ぜひ試してみちゃいましょう!

まとめ

水耕栽培で育つ、おすすめ野菜

・水耕栽培は手軽なキットが便利
・ビタミン豊富なパセリ
・おしゃれなルッコラ
・焼き肉に欠かせないサンチュ
・バジルでおいしいイタリアン
・大きく育てるミニトマト
・美容に役立つパクチー