7月の花贈り☆相手のイメージ別に選びたい花々とは

7月の花贈り☆相手のイメージ別に選びたい花々とは
7月の花は、日がサンサンと降り注ぎわくわくする季節、夏に咲く花。そんな夏の訪れを感じる7月は花たちも、輝いて見えますよね。太陽を浴びたお花たちはカラフルで見ているだけで元気が出るもの!

お部屋に7月の花が飾ってあると、涼しげで心も和みます。夏は楽しい思い出や新しい出会いがありそうで、誰かに会いたくなることも…。それはきっと他の人たちも同じはず!

また花だけではなく、プレゼントに一輪、花言葉をメッセージカードに添えて、さりげなく元気付けたり、感謝を伝えたり…、と言うのも相手の心に響くギフトになるもの。

ワクワクするこの時期、遊びに誘ったとき、相手を思って選んだ7月の花をプレゼントに持っていったり、お家に招く場合は、飾って演出したくなりますよね。そこで今回は、贈る人のイメージに合わせた7月の花をお伝えします。

贈り物やおもてなしの参考に、ぜひ一読してみてください。

女性らしいエレガントな方には、ユリ

香りもよく、花も大きく1輪でも十分主役になるユリ。女性らしさを感じる代表的な7月の花!種類もたくさんありそれぞれに花言葉があり、特にカサブランカは結婚式で人気の7月の花。

【 7月の花、ユリの花言葉 】

★ カサブランカ … 「威厳」「高貴」「純粋」

・ 一方、ヤマユリは日本特産で山里でよく見られるユリで、花言葉は「威厳」。その他にヒメユリは「誇り」、クルマユリは「多才な人」と、どれも贈り物にぴったり。

でも、クロユリだけは「呪い」「復習」と怖い花言葉があるので、贈り物には注意!ちなみに、ユリの花粉は衣服や壁紙につくとやっかいなので、お花屋さんではカットしてくれる事が多いのですが、贈る前に付いてないか確認してあげる安心です。

 

太陽みたいに明るい人には、ヒマワリ

お花屋さんにこの花が並ぶと夏が来た!とワクワクする7月の花、ヒマワリ。夏休みの自由研究で持ち帰ってきて育てた方も多いのではないでしょうか。

背が高くてお花も大きいイメージのヒマワリですが、最近は小さめのヒメヒマワリがお花屋さんにも出ていて、フラワーアレンジメントでもよく使われています。お部屋に飾るとぱっと明るくなって、一緒に元気も出てきそう!

【 7月の花、ヒマワリ 】

★ ヒマワリの花言葉は「あこがれ」「情熱」

・ いつも会うたびに元気をもらうあの人に、ありがとうの気持ちを込めて贈ってみると◎。きっと嬉しくなって、ヒマワリみたいな笑顔を見せてくれるはずです。

 

オーラのあるあの人には、カラー

個性的な形で記憶に残る、7月の花の代表ともいえるのが、カラー。ウェディングブーケとしても人気があります。

【 7月の花、カラー 】

★ カラーの花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」「清浄」

・ どれもオーラのある女性にぴったり!白が代表的な色ですが、品種改良されてピンクや黄色、オレンジや紫などもあります。

カラーの名前の由来は、ギリシャ語で「美しい」という意味から、…という説と、修道女の洋服の衿に似ているから、という説の二通り。和名では「オランダカイウ」。カイウは漢字になると「海芋」です。日本に輸入されたときに球根がお芋に見えたとか。

海を渡って来たお芋、想像すると可愛いもの。せっかくなので、和名のまめ知識も一緒に贈ってみたら面白い人!と思ってもらえるかもしれません。

 

いつも前向きな方に、トルコキキョウ

アレンジメントで1度はもらった事があると言っても過言ではない、人気のトルコキキョウも7月の花。名前は知らなかったけど、見た事ある!と言う人も多いはず。通年お花屋さんでは出回っていますが、実は7月が最盛期!1番元気なんです。

このお花があると、可憐さとふんわりした優しさのあるアレンジメントに!多様な品種があるので、贈る方にあわせて選べるのも魅力。花持ちもいいので、贈り物にとても向いています。

【 7月の花、トルコキキョウ 】

★ トルコキキョウの花言葉は、「希望」「すがすがしい美しさ」「優美」

・ いつも前向きで生き生きしている方に贈りたい7月の花!

花名のトルコキキョウは、つぼみの形がトルコ人のターバンに似ていて、花の形や色がキキョウに似ていることに由来。トルコ原産なのかと思いきや、本当の原産国は北アメリカです。

 

頑張っている人に、イングリッシュラベンダー

7月はどんどん気温も上がり、暑くなる季節。体力を奪われてイライラや疲れがたまって来る方も多いのではないでしょうか。そんな時は、ちょっとした気遣いが嬉しいもの。そこで、リラックス効果のあるラベンダーがおすすめ!

たくさんの種類があるラベンダーですが、1番なじみがあるのがこちらのイングリッシュラベンダーです。切り花としてではなく、鉢植えやドライフラワーで店頭に並ぶことが多く、最盛期は7月の花。新鮮な香りがします♪

【 7月の花、ラベンダー 】

★ ラベンダーの花言葉は「沈黙」「疑惑」と、少しマイナスのようにもとれますが、これはラベンダーの香りの精神安定効果に由来したもの。

・ とくに「疑惑」は、どうしてこんなに香りが高いのだろう?というラベンダーのい香りが秀でている事への疑問でつけられたとか。

ラベンダーは小さな布袋に入れてサシェにしたり、ハーブティーにしたり、手作りギフトもいいはず。お世話になっている方や一緒に頑張っている人に、いつもありがとうの気持ちを込めて贈ってみてはどうでしょうか。

 

さて、7月は花も生き生きとしているので、選ぶのが楽しい季節。夏らしいカゴに入ったアレンジメントにしたり、いける花瓶にビー玉や貝を入れて涼しげな演出をすると、さらに季節感が出ておすすめ!

また水が濁りやすい季節ではあるので、水の入れ替えは毎日すること!茎がヌルヌルしてきたら切り落とすか洗い流してください。

そして暑い季節なのでクーラーをつけますが、人もクーラーに直接あたると体調が悪くなるように、お花も同じくぐったりしがち。なるべく風が当たらなくて、冷風の通り道なども避けてあげると◎。

普段お花になじみのない方に贈る場合、このようなお手入れ方法も教えてあげると、心遣いがあって良いかもしれません。素敵なお誘いと一緒に、花を贈って楽しんじゃいましょう!

まとめ

相手のイメージで選ぶ7月の花

・カサブランカの花言葉は「高貴」「純粋」
・ヒマワリの花言葉は「あこがれ」「情熱」
・カラーの花言葉は「華麗なる美」
・トルコキキョウの花言葉は「希望」
・ラベンダーの花言葉は「沈黙」「疑惑」


連記事