7月の花を贈る☆相手のタイプ別、選びたい花と贈り方

7月の花を贈る☆相手のタイプ別、選びたい花と贈り方
7月の花は春なら夏に移る季節、華やかなものも、可愛らしいものも入り混じり、バラエティー豊富な魅力がありますよね。また7月の花贈りの時期は、花の盛りが過ぎて夏本番を迎えるイメージがある方も多いのが特徴。

じめじめした梅雨が終わることもあって、イベントやパーティーなどが増える時期。でも、手土産や贈りものとして花を選ぼうとしても、7月の花の種類に詳しくないので困ってしまった…なんてことも多いのです。

7月の花に限らず、フラワーギフトは最近ふたたび注目され始めていますが、他のギフトに比べてシーンによって気を使うべきポイントが多いのが難しいところ。

店頭に一番多く並んでいた7月の花を贈ったら、実はそれが相手には喜ばれなかったり…、ということもあるかもしれません。でも逆に、相手のツボを押さえた7月の花を贈れば、マナーの分かる人として好感度アップは間違いなしですよね。

そこで今回は、相手のタイプ別に選びたい、7月の花のおすすめについてお伝えします。

親しい友人や家族に朝顔☆

7月は七夕や海開き、花火大会など夏の風物詩が盛りだくさん。友人や家族へ花のギフトを贈るなら、そんな夏の雰囲気をさらに盛り上げる、7月の花の鉢植えがおすすめ!

【 7月の花ギフト☆朝顔 】

★ 日本の夏の雰囲気を盛り上げるギフトなら、まず思い浮かぶのが朝顔

・ 小学校で育てる花の代表でもあるため、誰もが懐かしい気持ちになれる花ですが、最近ではグリーンカーテンとしても活用できることから再注目を集めています。

「愛情」や「固い絆」などの花言葉があることからも、家族や友人への贈り物にぴったり。祖父母に贈るのであれば、ほおずきなどもおすすめです。

 

夏を演出する、ハイビスカス

また、南国リゾート感を演出する花として、人気の7月の花が、ハイビスカス。

【 7月の花ギフト☆ハイビスカス 】

★ 華やかでオリエンタルな花なので、飾るだけでゆったりした大人の夏気分に浸れちゃうのが魅力!

・ 鉢植えで出回ることが多いですが、最近では同じく南国の花であるプルメリアなどとあわせた南国風アレンジメントも人気です。

 

恋人へのプレゼントに♪ユリ

7月の花の中でも、誕生花としてメジャーなユリは、花の美しさだけでなく香りも楽しめることから、ギフトとして愛されている花。

【 7月の花ギフト☆ユリ 】

★ 特に白百合は、「無垢」「純潔」などの花言葉があり、女性への贈り物に人気!

・ また、特に人気のある品種であるカサブランカには「高貴」「祝福」といった花言葉があり、いずれもギフトに添えるメッセージにぴったり。

このカサブランカはユリのなかでも特に、花姿の華やかさもあって、この季節のフラワーギフトではトップクラスの人気です。

 

人気のユリ、おすすめアレンジ

そんな大人気の7月の花、ユリを贈るなら、花の華やかさがそのまま伝わるように、ボリューム感のあるブーケアレンジがおすすめ。

【 7月の花ギフト☆ユリのブーケ 】

★ 白百合にグリーン系の花をあわせれば、まるでウェディングブーケのようなロマンチックなアレンジに…。

・ また、女性的なイメージのあるユリですが、暗めのオレンジの花やグリーンとあわせた花束なら、凛とした印象に変身。男性に贈るのにもぴったりのアレンジです♪

 

遠方から来る友人にはコレ!フラワーボックス

夏休みが始まる季節ともあって、7月は帰省シーズンのはじまり。地方に出ていた友人の帰省にあわせて、パーティーや同窓会が開かれたり…、なんてことも多いのではないでしょうか。

そんな遠方から来た人が多いシーンで花を贈るなら、ブーケアレンジはNG。帰りの移動時間の長さを考えて、持ち運びやすいものを選ぶのがマストです。

【 7月の花ギフト☆遠方の方へ 】

★ なかでもおススメなのが、プリザーブドフラワーで作るフラワーボックスアレンジ

・ うっかり花を潰してしまう心配もなく、暑さでへたってしまうこともないので、手軽さが喜ばれます。

ただ、季節に関係なく用意できるプリザーブドフラワーだからこそ、季節感にはこだわりたいところ。ビタミンカラーのヒマワリやガーベラなど、明るい色の7月の花でフレッシュな印象にまとめてください。

 

上司からの好感度アップ♪ラン

7月のギフトで避けて通れないのが、お中元。最近では減ってきている習慣のようですが、上司へお中元を贈る文化が残っている会社も少なくありません。

【 7月の花ギフト☆お中元として 】

★ 上司へ贈るお中元として7月の花を選ぶなら、おすすめしたいのがラン(蘭)

・ 蘭は高貴な花の代表で、昔から上司や取引先など、目上の方に贈る花として定着しています。さらに旬が夏で花もちもいいことから、お中元の贈り物としては定番中の定番

ただ、気を付けたいのは贈り方。定番なのがコチョウラン(胡蝶蘭)の鉢植えですが、人によっては鉢植えの世話をするのが煩わしく感じることも…。花束も同様で、活け直すことが面倒な人だと印象は悪くなってしまいます。

事前に上司の私生活について簡単にリサーチしておき、本人か家族が花好きの場合のみ鉢植えで贈るような気遣いを。花を日常的に飾らない上司には、切り花で出回ることが多くなってきた華やかな洋ランを使ったアレンジメントはおすすめです。

 

さて、7月の花とひとくちに言っても、相手によって配慮すべきポイントや喜ばれる花の傾向が異なってくるので、ちょっとしたリサーチは不可欠です。

夏は春に比べて花の種類が少なくなる時期なので、家の中からお花が減っていってしまいます。そんな時期に贈られるフラワーギフトは、贈ってくれた人への感謝も一層際立っておすすめ!

ただ、気温が高くなり、花をもたせるのが難しい時期でもありますので、その点も踏まえてギフトを選ぶのもポイントです。

7月の花は、夏気分をスタートさせるのにぴったりな明るいものばかり。フラワーショップの店頭も、見るだけで元気が出てくるようなビタミンカラーでいっぱいになります。

暑さにちょっと疲れ気味のあなたも、この機にフラワーショップでリフレッシュしつつ、もらった元気を分けられるような、フラワーギフトを贈っちゃいましょう!

まとめ

相手のタイプ別、7月の花ギフト

・親しい友人や家族に、朝顔
・リゾート気分なら、ハイビスカス
・恋人には、ユリのブーケ
・持ち運びがしやすいフラワーボックス
・上司へのお中元には、ランのアレンジ


連記事