ガーデニング初心者でも出来る!かすみ草の育て方

ガーデニング初心者でも出来る!かすみ草の育て方
風に揺られる姿が可愛らしい、かすみ草の育て方を覚えて、自宅のベランダやお庭でガーデニングを楽しむ事が出来たら、嬉しいですよね。白やピンクなどの小ぶりの花が、他の花の魅力をさらに引き立たせてくれますので、ブーケやフラワーアレンジメントにも頻繁に使われているイメージがあるのではないでしょうか。

かすみ草の育て方は、ガーデニング初心者の方でも簡単にスタートする事が出来ると言われています。その理由は、用意する物が少なく、肥料が不要で、水やりも頻繁にする必要が無いからなのです!

そこで今回は、とてもシンプルな、かすみ草の育て方をお伝えします。「試しにちょっと花を育ててみたいな…」と考えている方も、ぜひ簡単な、かすみ草の育て方をご覧ください。

種から育てる場合、20℃前後の環境であれば発芽する

それではまず、かすみ草の育て方において必要な道具を用意しましょう。

・かすみ草の苗または種

・育苗ポット(種から育てる場合)

・市販の花用の土

・植木鉢

かすみ草を種から育てる場合、20℃前後の環境で発芽しますので、暖かい環境で育てる事がポイントです。環境が整っていれば、種まきから10日程で発芽しますので、失敗する可能性は少ないと言われています。「既に苗から栽培をスタートした事があるから、次は種から育ててみたい!」という方も、ぜひチャレンジしてみてください。

かすみ草の育て方の過程において、植え替えの作業が必要になりますので、苗から栽培をスタートする場合でも同じく、元の根鉢より一回り大きい植木鉢を用意しましょう。

かすみ草の育て方においては、肥料は不要で、むしろ痩せた土の方が、丈夫に育つ性質とされています。
 

種から育てる場合は、日陰に置き、本葉を5枚ほど増やす事がポイント

種を購入した場合、3月から4月に種まきをしましょう。かすみ草の育て方をスタートする流れは、以下の通りです。

かすみ草の育て方  ~種から育てる場合~

1. 育苗ポットに、土を入れる。

2. 種を4~5粒、重ならないようにして撒く。

3. 種が流れない程度に、少しずつ水を与える。

4. 日陰に置いて育て、7日から10日前後で発芽させる。

5. 本葉が5枚ほどに増えたら、植え替えの準備をする。

 

多湿を嫌う性質の為、水のあげすぎには注意

種から育て、苗が育ったら、大きい植木鉢へと植え替えをしましょう。苗から栽培をスタートする方は、以下の方法から始め、かすみ草の育て方を実践してみましょう。

かすみ草の育て方  ~苗から育てる場合~

1. 植木鉢の半分くらいの高さまで、用土を入れる。

2. 苗をポットから取り出し、根鉢を崩さずに優しく植木鉢に置く。

3. やや浅植えの状態で植えたら、土が乾かない程度に水を与える。

かすみ草の育て方におけるポイントは、水の管理です。基本的に、多湿を嫌う性質ですので、水の与えすぎはNGです。「土が乾いているな」と感じた時にのみ、水やりをすれば問題ありませんので、お仕事や家事が忙しい方でも安心ですよね!

植木鉢の置き場所も、上手なかすみ草の育て方における、重要点です。「長日植物」と呼ばれる性質を持つ、かすみ草は、1日に12時間以上、日光に当てなければ花が咲きません。ただし、直射日光には弱い為、日が当たりすぎる場所は避けましょう。多湿を防ぐ為にも、風通しの良い半日陰が理想的です。
 

新芽をカットすれば、挿し芽で株を増やす事が出来る

かすみ草は、ブーケやフラワーアレンジメントにも使う事が出来る、素敵な花ですので、「かすみ草をもっと増やしたい!」と、感じるのではないでしょうか。そこで、かすみ草を簡単に増やす為のテクニックをお伝えします。

「宿根かすみ草」や、「カーペットかすみ草」といった品種は、挿し芽で簡単に増やす事が可能です。5月から8月に、新芽が太く育ったら、先端を5㎝前後の長さにカットしましょう。この時、ハサミを消毒した上で使う事で、芽にばい菌が付く事を防ぐ事が出来ます。

新芽をカットした後、半分ほど葉を切り落としたら、パーライトなどの用土に、3分の1ほどの高さまで埋まるように挿してください。その後は日陰で育て、根が生えてきたら、明るい日陰に移して栽培しましょう。

かすみ草の育て方をマスターしたら、ぜひ挿し芽で増やし、多くのかすみ草で自宅を華やかにしてみてください。
 

今回は、ガーデニング初心者の方でも簡単に出来る、かすみ草の育て方をお伝えしました。かすみ草の育て方においては、肥料が不要で、水もこまめに与える必要は無い為、手間が掛からない点が嬉しいですよね。

なんと言っても、植木鉢を置く場所が一番のポイントとなりますので、程よく日が当たる、風通しの良い場所を探してみましょう。

かすみ草の育て方に慣れてきたら、挿し芽で簡単に株を増やす事が可能です。自宅で育てたかすみ草を使って、ブーケなどの作品を作りたいと感じている方や、お庭をもっと華やかにしたいと考えている方は、ぜひこちらも試してみましょう。

今回の記事を読み、「ガーデニングって面白そう!」と感じたら、ぜひ初心者の方でも簡単に実践できる、かすみ草の育て方に挑戦してみてはいかがでしょうか。


連記事