マリーゴールドの育て方☆寄せ植えを始める7つのポイント

マリーゴールドの育て方☆寄せ植えを始める7つのポイント

マリーゴールドの育て方は、比較的初心者向けと言われています。少しの配慮やポイントがありますが、ガーデニングを始めたい人々には、最初の一歩として、丁度良い花でもあります。

マリーゴールドは花屋さんや、フラワーアレンジメントでも人気が高い花で、華やかで元気な印象が、見ているだけでパワーを与えてくれますよね。自宅で無事に花を咲かせてくれたら、花期も長いので、長く楽しむことができます。

今回は、そんなマリーゴールドの育て方を、初心者の皆さんでも分かりやすく、7つの手順とポイントに分けて説明します。苗から育てるなら4月から6月の春期に植えます。

上手に育てれば夏だけではなく、秋も楽しめるマリーゴールド。ぜひこの機会に挑戦してください!



 

マリーゴールドの育て方☆
寄せ植えを始める7つのポイント

 

マリーゴールドの育て方:育て始め


マリーゴールドの育て方では、初心者なら苗から始める方が簡単ではありますが、から始めても1週間も経てば芽を出してくれます。

【 マリーゴールドの育て方:育て始め 】

① 種蒔きから始める

・ 種から始める花々の多くは、プラグトレーで種蒔きをして、ポリポットへ移す場合が多いですが、直接ポリポットで種蒔きを始めても大丈夫です。

マリーゴールドの育て方では、種が大きいために手順を飛ばしてポリポットで種から育てる人が多いのです。

② 挿し芽で育てる

・ もともとある花をさらに増やす、マリーゴールドの育て方では、挿し芽(切った芽を土に埋めて成長を促す)でも、育てることができます。

③ 苗から育てる

・ マリーゴールドの育て方に限らず、初心者なら最も育てやすい方法です。

 

マリーゴールドの育て方:置き場所


マリーゴールドの育て方は比較的簡単で、初心者でも育てやすい花のひとつです。暑さ寒さにも案外強い性質がありますが、品種によって違います。

【 マリーゴールドの品種と置き場所 】

★ アフリカン種

・ こちらは花が大きいタイプの品種なので、プランター・花壇など、大きめの容器で管理します。暑さにはより強いタイプです。

★ フレンチ種

・ この品種は暑さにも寒さにも弱い性質があるので、初心者ならばアフリカン種がおすすめです。ただしフレンチ種も人気の品種でもあり、寄せ植えにも選ばれます。

どちらも日当たり良好で、風通しの良い環境を好みますが、アフリカン種ならば長い時間の日当たりが、フレンチ種なら短い時間の日当たりが、より花がよく咲きます。

 

マリーゴールドの育て方:土について


マリーゴールドは比較的土を選びません。初心者からマリーゴールドの育て方を学ぶのであれば、ホームセンターなどで販売されている培養土を使用しても、問題はありません。

【 マリーゴールドの育て方:土について 】

★ マリーゴールドは、「水はけの良い土壌」「水持ちの良い土壌」である、弱酸性がポイントです。


市販の培養土
を使用して、水はけが悪いと感じた場合には、土に手を加えるくらいが良いかもしれません。その場合には、「パーミキュライト」もしくは「腐葉土」などを加えて、よく耕してください。

 

マリーゴールドの育て方:植え付け


苗の植え付けのポイントは、取り出した根の底の部分を、丁寧に手でさばいて崩してあげることです。

【 マリーゴールドの育て方:植え付け 】

★ 種から育てた場合には、8枚ほどの本葉が出てきたら、プランターなどへの植え替えを行います。

植え付けをしたら、日当たりの良い場所で管理すると、より美しく花を咲かせてくれます。

 

マリーゴールドの育て方:水やり


もちろんマリーゴールドの育て方では、水をあげることは大切ですが、一方で湿気に弱い性質がありますので、毎日の観察は不可欠です。

【 マリーゴールドの育て方:水やり 】

★ マリーゴールドに水をあげるタイミングは、「土が白っぽくなってから」です。

・ 土が白っぽくなったら、プランターの底から水が流れ出るほどに、たっぷりと水をあげます。

 

マリーゴールドの育て方:花がら取り


マリーゴールドの花が咲いたら、当然枯れますが、この花後の花がらを見つけたら、その都度摘み取るようにしてください。

【 マリーゴールドの育て方:花がら取り 】

★ 枯れてしまった花をそのままにしておくと、その花に栄養分が取られる他、病気や腐る原因にもなります。

特に雨が多い時期に花がらをそのままにしておくと、腐った花がらから、元気な花に病気が伝染することもあります。

 

マリーゴールドの育て方:害虫対策


マリーゴールドは湿気に弱い性質がありますが、乾燥してくると心配なのが「ハダニ」です。

【 マリーゴールドの育て方:ハダニ 】

★ ハダニの予防として、葉の部分には霧吹きなども利用して、葉の裏まで、充分に水を掛けてあげてください。

特に夏にはハダニの被害が多く見受けられます。葉の裏に付いているため、はじめは気付かないことが多いですので、裏までしっかりチェックし、見つけたら「早期駆除」で対策をしてください。

 

いかがでしたでしょうか。基本的にマリーゴールドの育て方は初心者向けで、育てやすい花ではありますが、生き物であるために、ある程度のポイントやコツはあります。

マリーゴールドは湿気に弱い花なので、特に最初の置き場所には、気をつけて決定することをおすすめします。日当たりの良い場所で、風通しも良ければ、絶好の置き場所です。

フラワーアレンジメントや、花嫁のブーケなどにも多様されるマリーゴールド。一輪でも華やかな姿に、贈り物としても最適です。マリーゴールドの育て方のポイントさえ押さえれば、花期が長いのも魅力のひとつ。

今回の記事を参考に、ポイントを押さえた育て方で、マリーゴールドの長い花期を存分に楽しんでください!

 

まとめ

初心者がマリーゴールドを育てる時のポイント

・マリーゴールドは、種蒔き・挿し芽・苗の始め方がある
・初めてマリーゴールドを育てるなら、アフリカン種がおすすめ
・土は市販の培養土で大丈夫!水はけが悪ければ腐葉土などを混ぜる
・底部分を少しさばいて崩し植え付け、その後は日当たり良く
・湿気に弱いので、土が白っぽくなってから水やりをする
・病気の原因にもなるため、枯れた花がらはその都度摘む
・ハダニの被害を抑えるため、葉の裏にも水を吹きかける

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!