ムスカリの育て方に必要な5つのポイント

ムスカリの育て方に必要な5つのポイント
春の花壇といえばチューリップを思い浮かべる方が多いですよね。しかしムスカリというお花はあまり有名ではありませんが、球根植物であるムスカリの育て方は意外と簡単で、チューリップなどと一緒に植えると、花壇をさらに豊かにしてくれる名脇役です。

ムスカリはヒヤシンスとは近縁の植物であり、背丈が低くやや控えめで、鮮やかな青紫色の花をつけます。ブドウの房のような花を群植させると、地面に青いカーペットが敷かれているようでとても壮観です。

そのため花壇の縁取りや寄せ植えなどに適していますが、他の花の良さを引き出すことができるのは魅力的ですよね。また丈夫で育てやすいため、初心者の方にもおすすめです。そこで今日はムスカリの育て方の5つのポイントをお伝えします。



 

ムスカリの育て方に

必要な5つのポイント

 

植え付けの適期と方法


夏が過ぎて涼しくなってきてから植えるのが、ムスカリの育て方のコツです。ムスカリの植え付けの適期は9月〜10月です。これよりも遅く植え付けてしまうと、十分に茎が伸びず、小さくまとまった株に仕上がります。

球根が隠れるくらいの深さ4cm〜5cmのところに、5cm〜15cmの間隔を開けて植え付けます。グランドカバーにするなら、狭い間隔で植えた方が、開花期に、花同士の隙間が開かずに密集するので非常に見栄えがします。

数年間は植えっぱなしでも大丈夫なのですが、球根が増えて窮屈になってくるので、2〜3年おきに球根を掘り上げて、秋になったらまた植え付けます。このとき球根は葉が黄色くなって枯れてくる6月〜7月に掘り上げて、涼しく風通しの良い場所で保管するようにしましょう。

また、もし毎年掘り上げができるなら、植えっぱなしで葉が伸びすぎて姿が乱れることがありませんし、ムスカリの草丈や配置の調整をすることもできるのでおすすめですよ。

 

花後の手入れ


花が咲き終わると、養分が種になるために使われてしまいます。ムスカリの育て方では、球根に養分をたくわえさせるため、花後は花茎を付け根から切るのが良いです。このとき残った葉は、青々としている内は絶対に切ってはなりません。

葉が光合成をして作られる栄養は球根にたくわえられるからです。十分な栄養がたくわえられると、球根は大きくなって分球することができますし、翌年も花を咲かせてくれます。また植えっぱなしにしておくと、茎が伸びすぎるので、早春に短く刈り込むときれいにまとまりますよ。

 

日当たりの良い場所で育てよう


ムスカリの育て方として適切なのは、日当たりの良い場所で育てることです。ですが午前中に日が当たり、午後から明るい日陰になるような場所でも十分育ちます。一方、日当たりが悪い場所だと、花があまり咲かなかったり、ひょろひょろと間延びしてしまいます。

基本的に寒さに強いので、冬に戸外で植えっぱなしでもかまいません。多くの球根植物は、掘り上げて球根を休眠させますが、ムスカリの育て方なら植えっぱなしでも大丈夫。球根の栄養をしっかり保つように心がけていれば、毎年花を咲かせてくれます。

 

水はけのよい肥沃な土を好む


用土の状態もムスカリの育て方では大切です。ムスカリは水はけがよく、栄養分の豊富な土で育てると健康で美しく育ってくれます。庭植えの場合、水やりはあまり必要ありませんが、土がよく乾いていたら、たっぷりと水を与えてください。夏前に葉が枯れて休眠に入ったら、水やりはしなくて良いです。

市販の草花用培養土か赤玉土7:腐葉土3の割合の配合土を使うのが、ムスカリの育て方に適しています。それから酸性の土を嫌うので、庭植えの場合は、土に石灰を混ぜ込んでおきます。肥料は球根を植え付けるとき、ゆっくりと効いてくれるように、粒状の緩効性化成肥料を土に混ぜ込んでください。花後は同じ化成肥料を追加するか、およそ10日に1回液体肥料をまくと、球根を太らせることができ、芽数も増えますよ。

 

鉢植えの育て方


鉢植え栽培もムスカリの育て方のひとつです。グランドカバーなどにしたときの良さとはまた別の、ムスカリの可愛らしさ・愛らしさが出てくれます。もしも鉢植えにするなら、直径15cmほどの5号鉢を準備します。

球根は土から先端が顔を出すか出さないくらいのところに4〜7球植え付けましょう。このとき鉢の中央に密集させて植え付けると、開花のときにまとまって咲いてくれます。鉢植えの場合、葉が伸びすぎて見苦しくならないように、11月の遅植えにすると良いです。すると花茎と葉が短くなり、コンパクトな姿で花が咲いてくれるのです。

鉢植えの場合は、庭植えよりも水やりをまめにする必要があるので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。そして6月頃に葉が黄ばんできたら、水やりを止めて、雨の当たらない涼しい場所で夏を越させます。庭植えと同様に、3年に1回は掘り上げをするのが良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ここまでムスカリの育て方をお伝えしてきました。ムスカリは花壇の縁取りや寄せ植えなどで、他の花を引き立てる名脇役といわれています。芝生の中にも植え込んだり、落葉樹の下の植え込みにすることもできますよ。群植されたムスカリの花が咲いた景色を想像してみると、とても素敵ですよね。

このように様々なシーンで活躍することができて、手間もかからず、丈夫なムスカリは、ガーデニング初心者の方からベテランの方にまで幅広くおすすめすることができます。また球根が毎年自然と増えるので、年が経つほど、よりたくさんの花が咲いていくのも楽しみですよね。

花色は青以外にも桃・黄・白などのカラーバリエーションもあります。華やかなお花だけの花壇にもう一工夫したい方や控えめなお花もお好きな方、ムスカリを手に取ってみませんか。春のお庭をより鮮やかで豊かにするために、ぜひムスカリを取り入れましょう。

まとめ

ムスカリの育て方のポイントとは

・球根の植え付けの時期と方法を守る
・花が咲き終わった花茎は付け根から切る
・日当たりが良い場所がベスト、半日陰でも十分育つ
・水はけの良い栄養分の豊富な土を作る
・庭植えと鉢植えでは育て方が少し異なる

あなたに待ち受ける運命日を知る方法

私たちの運命や人生は誕生日から導き出されると言われています。あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

「六芒星占術」では、誕生日と血液型、そしてあなたの選んだタロットカードで、運命を読み解き、幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。「六芒星占術」で自分の本質を知ることで驚くほど人生が好転するのです。 しかも、今なら、スピリチュアル鑑定師による鑑定結果が全員無料でもらえますよ。

近日中に起こる運命を知りたい方は、期間限定無料鑑定をお試しください!