バラの花言葉を使って大切な人にメッセージを贈る7つの方法

バラの花言葉を使って大切な人にメッセージを贈る7つの方法バラには、愛を象徴するたくさんの花言葉があることを、皆さんはご存知でしょうか。芳しく咲き誇るバラは、「花の中の花」と称され、古くから人々を魅了し、特別に愛されてきました。

言葉を交わさなくても気持ちを伝えられる手段として、花言葉はヨーロッパの社交界で広く親しまれましたが、中でもバラは、その色や形状、大きさから本数に渡って、どの花よりも多くの花言葉が存在します。

今回は、そんなバラに秘められた花言葉を使って、あなたの大切な人にむけたメッセージの贈り方をご紹介します。



 

バラの花言葉を使って
大切な人にメッセージを贈る7つの方法

 

フラワーアレンジメント


やはりフラワーギフトの中で一番人気が高いのは、なんと言ってもアレンジメント。ポットやカゴにあしらわれたさまざまな表情の花々を楽しめます。アレンジ次第で、同じ品種や色の花でも見た目のデザインが異なり、作り手やオーダーする人の感性が表れます。

バラの花は、色ごとに、女性の印象や女性の心模様を表す複数の花言葉を持っています。男性が、恋人や奥様にむけて選ぶ時は勿論、女性が、家族や親しい友人、親戚や職場の先輩に贈る時にも喜ばれる、素敵な言葉ばかりです。

白:「尊敬」 「純潔」 「清純」 「恋の吐息」
赤:「情熱」 「愛情」 「美」  「あなたを愛します」
ピンク:「上品」 「気品」「しとやかさ」 「温かい心」 「感謝」
オレンジ: 「絆」 「信頼」 「爽やか」 「すこやか」 「愛嬌」 「無邪気」

バラの花の色にメッセージを込める際には、贈りたい相手に抱くイメージや伝えたい気持ちに合うようなアレンジメントにすると良いでしょう。

 

花束


バラには、束ねる数によって、さまざまな愛の表現があります。

本数による花言葉は、男性が女性にむけた想いを表すものがほとんどですので、恋に落ちた相手とお付き合いを始めたい時や、愛するパートナーとの記念日には、本数で選んでみましょう。

1本:「あなただけを想っています」
3本:「愛しています」
5本:「貴方に出逢えて心から嬉しいです」
6本:「お互いに敬い、愛し、分かり合いましょう」
7本:「密かに思いを寄せていました」
9本:「いつも想っています」
99本:「ずっと一緒にいてください」
100本:「100%の愛です」
101本:「最高に愛しています」
108本:「結婚してください」
365本:「毎日恋しくてたまらないです」
999本:「何度生まれ変わっても貴方を愛します」

本数によるバラの花言葉は、花の色よりも心の機微を映す言葉が多いと思いませんか。

淡い恋心や秘めた想い、情熱的な求愛や寄り添うような夫婦愛まで、花束にする本数でこんなにも豊かに気持ちを表現することが出来るのは、花の女王バラだからこそなのでしょう。

 

香りつきの手紙


大切な人へダイレクトに気持ちが伝わる方法といえば、やはり直筆の手紙ではないでしょうか。そんな心を込めてしたためた手紙に、バラの香りが優しくまとっていたら、なんだかロマンチックですよね。

実はバラには、バラ全般としても花言葉を持っています。バラとしての花言葉は、「愛」、「恋」、「美」そして「幸福」です。手紙にバラの香水を吹きかけたり文香を忍ばせておくと、封を開けた瞬間に香りが広がり、貰った相手も夢見ここちになること間違いなしです。

 

プリザーブドフラワー


お花屋さんでも雑貨屋さんでも、このスタイルのアレンジメントを頻繁に目にするようになりました。プリザーブドとは、「保存する」という意味。生花に脱色、着色、乾燥という加工を施し、「枯れることのない花」に仕上げたものです。水を与える必要がないのに、生花と遜色のない瑞々しさがあり、保管する環境が良ければ、長期に渡って美しさを保つことが出来きます。花粉が出ないので、アレルギーの心配がないのも生花にはないメリット。

プリザーブドフラワーは、製作工程に手間がかかるため、小さいサイズのものでも比較的高額ですが、小振りなタイプのアレンジメントでも、可愛いものから綺麗なものまでジャンルも非常に増えて来ています。

バラの持つ花言葉と照らし合わせながら、色をチョイスするとよいと思います。

 

押し花


枯れなくて色褪せないフラワーアートには、押し花もあります。クラフトが好きで、お花屋さんでオーダーよりも手作りで気持ちを伝えたいと考える人にはぴったりです。電子レンジを使い、時間を調節しながら水分を飛ばして日の当たらない風通しのいい場所で乾燥させると、とても鮮やかな押し花が完成します。

バラの場合多少時間はかかりますが、1輪でもインパクトがあり、たくさん組み合わせてゴージャスな「押し花のバラの花束」を作ることも出来ます。

押し花でも、額掛けやキャンドルなど、工夫次第でオリジナルのフラワーギフトになるんですよ。

 

ブルーローズ


2004年、この世には存在しない青いバラを開花させるという偉業に、サントリーの開発チームは成功しました。誰も咲かすことの出来ないと思われていた幻の青いバラが、14年もの長い時を経て日本の企業によって誕生したのです。
このバラの名前は、「アプローズ=喝采」。花言葉は「夢 かなう」です。まさに、このバラそのものを表す花言葉ですよね。希望に溢れる花言葉を持つこの青いバラを、夢を追いかける人へのエールや支えてくれた人への感謝を伝える為のプレゼントにしてみてはいかがでしょうか。現在では、アプローズのアレンジメントやフレグランスなども商品化されております。

 

メッセージローズ


普段口に出しては言えない気持ちやお祝いの言葉を、バラの花びらに刻めるとしたらすごいことだと思いませんか。最近では、特殊な技法で、生の花びらやプリザーブドの花びらに文字を印刷して、メッセージローズを作ることが出来ます。花びらに印字が出来てしまうなんて、驚きですよね。花言葉に加えて、自分なりの言葉を添えたい時に是非おすすめです。書体も選べて、誕生日からプロポーズまで、いろんなシーンに対応します。なかなかないサプライズギフトになりますよ。

 

バラの色や本数、香りに想いを託す行為は、日本古来の和歌や俳句などの詩歌を吟じる行為によく似ています。間接的に自分の想いを伝えるということに奥ゆかしさや美意識を見出すのは、世界共通なのかもしれません。

生花でも、花束やアレンジメント、プリザーブドや押し花といった、より愛でる為の加工を施す技法が発案されたりと、花という植物自体が、人生における大事な瞬間に、人々の気持ちを代弁する重要な役目を担ってきたこともよくわかりますね。

あなたの大切な人にも是非、素敵な花言葉をもつバラを贈ってみてくださいね。

まとめ

バラの花言葉を使って大切な人にメッセージを贈る7つの方法

・大人気フラワーアレンジメント
・愛を囁くバラの花束
・恋文にバラの香りの想いを乗せて
・永遠に咲き誇るプリザーブドフラワー
・バラの押し花でお手製ギフト
・ブルーローズで願いを引き寄せる
・花びらが文になるメッセージローズ

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!