秋の花から始めるガーデニング☆寒い季節を彩る花々とは

秋の花から始めるガーデニング☆寒い季節を彩る花々とは
秋の花はこれから寒くなる季節だからこそ、咲いていると心が和む存在ですよね。最近では庭のある家はもちろん、ベランダガーデニングやベランダ菜園を始める方々も増え、誰もが気軽に土いじりを楽しんでいます。

園芸や家庭菜園を始めるなら、春が良いとされていますが、同じく暑くも寒くもなく、気候的にも丁度良い秋も、ガーデニングに挑戦する良い季節です。

特に秋の次にやってくる冬には、クリスマスやお正月、バレンタインとイベントが目白押しですから、秋冬の花々で演出をするのも、やりがいがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、土いじりが初めてでも楽しく挑戦できる、初心者におすすめの秋の花々をお伝えします。中級・上級者になっても何かと便利な秋の花々を集めましたので、ぜひ参考にしてください。

秋の花の代表、コスモスも初心者向け

秋の花の筆頭と言えばコスモスではないでしょうか。白やピンクの控えめな魅力を持つコスモスは、万人に人気の愛される花で、最近ではチョコレート色の「チョコレートコスモス」も人気です。

その可憐な姿で育てにくい印象がありますが、実はこのコスモスも、育てやすくてガーデナーにも重宝される秋の花でもあります。

【 秋の花コスモスを育てるポイント 】

★ 基本的に乾燥を好むコスモスは、水をあげなくても丈夫に育つ「放置栽培」でも大丈夫です。

・ 植え付ける時の土を水はけの良いものを選ぶこと、日当たりの良い場所で育てること、この二つを押さえれば、冬口まで元気に咲いてくれます。

コスモスは秋の花ですが、「キバナコスモス」など、品種を選べば初夏から楽しめるものもあり、長く楽しめておすすめです。

 

マーガレットも育てやすい可憐な秋の花

マーガレットも「好き・嫌い…」などの花占いとしても有名な、世界的に愛される秋の花、こちらも育てやすく初心者にもおすすめです。

【 秋の花マーガレットを育てるポイント 】

★ マーガレットは耐寒性もあるので、秋口から育て始めて翌年の春まで咲いてくれることもある花期の長い秋の花でもあります。

・ コスモスと同じく乾燥を好むため、土が白く乾いた状態を確認してから控えめにあげる程度、土も水はけの良さを意識してください。

花が咲いている時期は肥料も適度に与え(液肥であれば月2・3回が目安です。)、春まで咲いてくれたら5月頃に植え替えを行うと、尚元気になってくれます。

 

冬まで楽しむパンジー・ビオラ

冬や秋の花として、初心者だけではなく、中級・上級者にも定番の育てやすい花がパンジーやビオラです。実は同じ品種で、4cm以上の大きな花がパンジー、4cm以下になるとビオラと呼ばれます。

【 秋の花パンジーやビオラを育てるポイント 】

★ 寒さに強く冬も色鮮やかに庭を彩ってくれる花ですが、冬まで元気に育てるには、まだ本格的に寒くならない時期にしっかりと根を張ってもらうことが大切です。

・ そのため、10月頃には苗植えを終えてしまうのが理想的で、日が良く当たる場所で育ててあげると、良く花が付いてくれます。

こちらも乾燥気味に育てる方が元気に育つため、水やりは土が乾いた様子を確認してからあげてください。種を見つけたらこまめに摘み取ってしまうと、より花を咲かせてくれます。

 

花がよく付く、ユリオプスデージー

黄金色の鮮やかな色味で秋から春まで、庭を彩ってくれるユリオプスデージーは、最近ではその色合いから金運を呼ぶ花としても注目され、鉢植えで育てる方も多くなりました。

【 秋の花ユリプスデージーを育てるポイント 】

★ こちらもコスモスやマーガレット同様、湿気を嫌う特徴があるため、土が乾いたらたっぷりと水あげをしてください。

・ アブラムシが好む花でもあるため、初心者であれば殺虫剤を散布すると安心です。アブラムシが付く前に殺虫剤のオルトランを吹いて、予防してしまっても、良いかもしれません。

土も水はけの良い土を好みますが、初心者の方の場合、土の配合も難しいので、市販の草花用の培養土を利用してはいかがでしょうか。

 

花期が長いアリッサム

小さな白い花が溢れんばかりに咲き誇るアリッサムも、秋から春まで彩る花期の長い秋の花です。背丈はあまり高くなく、横に伸びていく秋の花なので、あらゆる姿で育てることができます。

【 秋の花アリッサムの育て方のポイント 】

★ 庭植えはもちろん、花壇やプランター、寄せ植えや鉢植えと、どのような育て方でも元気に育ち、こぼれるように花が広がるため、ハンギングバスケットで育てる方法も人気です。

・ 真夏と真冬は休眠期となるので肥料は控え、日ごろの水やりも土が乾いたらあげて、乾燥気味に育ててください。

冬越しもできる丈夫な秋の花ですが、霜には弱いので、霜がおりる季節は鉢植えであれば玄関先に移動することをおすすめします。

 

少し物悲しくなる秋から冬を楽しませてくれる、ガーデナーに人気の秋の花々をお伝えしました。今回は初心者向きとしてお伝えしましたが、全てのガーデナーにとって定番の秋の花ばかりです。

秋の花々は寒い季節に入ることもあり、どちらかと言えば乾燥を好む種類が多く、真冬まで耐える耐寒性のある秋の花でも、霜には弱いものもあるので、注意してください。

ちなみに秋から育て始めて、年末に掛けて庭先や玄関を彩るシクラメンも人気がある花ですが、初心者には手入れが難しいとも言われています。

ただし、今では初心者ガーデナーでも育てやすいシクラメンの品種として、「ガーデンシクラメン」も出てきました。ぜひ、初心者でも育てやすい秋の花々から、ガーデニングに挑戦して、趣味を増やしてみてください!

まとめ

初心者ガーデナーにおすすめの秋の花々

・水あげなくても元気に育つコスモス
・耐寒性もあり乾燥を好むマーガレット
・寒い季節の定番、パンジー・ビオラ
・金運の花としても注目、ユリプスデージー
・あらゆるアレンジで育てられるアリッサム
・シクラメン好きなら、ガーデンシクラメン


連記事