とうもろこしの栄養を美容に生かす美味しい食べ方

とうもろこしの栄養を美容に生かす美味しい食べ方
粒つぶとした食感が楽しめるとうもろこしを美味しく食べて、その栄養を美容に生かす事が出来たら、嬉しいですよね。

とうもろこしの栄養は、私たちのエネルギー源となる炭水化物をはじめ、鉄分やカリウム、食物繊維など、不足しがちな成分がバランス良く含まれていますので、普段から積極的に食べれば、生き生きとした毎日を送る事が出来るでしょう。

とうもろこしは、茹でたり焼いたりと、そのまま食べるイメージが強いですが、和洋中どのジャンルの料理にもマッチしますので、他の食材と混ぜながら、上手にアレンジして食べていきたいですよね。

そこで今回は、とうもろこしの栄養を美容に生かす為の、美味しい食べ方についてお伝えします。栄養を逃さず、健康的な身体を手に入れる為の調理法についても取り上げますので、ぜひチェックしてみてください。

皮と一緒に蒸す事によって、ビタミンB群や葉酸を逃さずに食べられる

とうもろこしといえば、夏の時期に「茹でたり焼いたりして、そのまま食べる事が多い!」という方が多いのではないでしょうか。実は、とうもろこしの栄養であるビタミンB1やビタミンB6、葉酸といった成分は熱に弱い為、加熱すると、摂取する量が減ってしまうと言われているのです。

とうもろこしの栄養を生かすには、蒸して食べる事によって、栄養を逃さずに摂り入れる事が出来ます。そこで、フライパンで美味しく簡単に出来る、とうもろこしの蒸し方をお伝えします。

1. とうもろこしの皮を剥き、内側の一枚のみとっておく。

2. 剥いたとうもろこしの皮を水で洗い、フライパンに敷く。(一番外側の皮は捨てる。)

3. フライパンにとうもろこしを並べ、お玉一杯分ほどの水を入れる。

4. 蓋をして、約10分中火で蒸す。

5. 蒸し終わったら、とうもろこしを塩水に通して、粒のシャキシャキ感をキープさせる。

このように、フライパンがあれば、自宅でも簡単にとうもろこしを蒸す事が出来ます。とうもろこしを皮と一緒に蒸す事によって、食材本来の栄養を逃さず、ぎゅっと閉じ込める事が出来るのです。

 

他の食材と一緒に食べる事で、栄養素の相乗効果になる

とうもろこしは、単体でそのまま食べても十分栄養が摂れますが、他の食材と食べ合わせをする事によって、その効果をより実感する事が出来ます。

例えば、とうもろこしとレモンを食べ合わせる事で、とうもろこしの栄養素であるパントテン酸が、レモンに含まれるビタミンCの活動をサポートする為、相乗効果としてお互いの栄養素を有効的に摂り入れる事が可能です。肌の調子を整えるビタミンCを補助する事で、美容に良い効果が期待出来ます。

他にも、ひじきと一緒に食べる事でむくみの防止、グリーンピースと一緒に食べる事で疲労感を軽減するなど、とうもろこしの栄養を生かすには、他の食材と組み合わせて食べる事が効果的です。

粒粒とした食感をアクセントとして楽しめば、レシピの幅もグンと広がりそうですよね!自分が不足していると感じている栄養素を引き立てる力を持っている点も、とうもろこしの魅力のひとつと言えるでしょう。

 

とうもろこし茶にして飲む事によって、水溶性食物繊維を逃さず摂り入れられる

「とうもろこしの栄養を美容に生かしたいけれど、大量に食べるのはちょっと大変かも…」と考えている場合は、とうもろこし茶(コーン茶)を作り、飲む事も効果的です。とうもろこし茶は、とうもろこしの実を乾燥させ、炒ったものを、お湯で煮出すようにして作ります。

ホットでもアイスでも美味しく、カフェインが含まれていない為、妊婦さんも安心して飲める事で、女性からの人気が高いお茶です。自分でも、とうもろこし茶を作る事が出来ますので、興味が湧いたら、以下の方法でとうもろこし茶を自作してみてください。

1. とうもろこしの実を芯から外す。

2. 100℃のオーブンで約2時間半加熱する。

3. 実に焦げ目がついている事を確認したら、沸騰させた鍋に、とうもろこしの実とひげを入れる。

4. 5分ほど煮出したら、漉し器を使ってカップに注ぐ。

とうもろこしの栄養素である、水溶性食物繊維は、このようにしてお茶にして飲む事によって、成分を逃さず摂り入れる事が出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

さて、とうもろこしの栄養を美容に生かす為の調理法や、効果的な食べ合わせについて、お伝えしました。

とうもろこしは、フライパンがあれば、自宅で簡単に蒸す事が可能である上、加熱によって逃しやすいビタミン群を逃さずに摂る事が出来ます。今まで焼いたり茹でたりして食べていた方にとっては、驚きの発見だと感じたのではないでしょうか。

また、とうもろこしは単体で食べるのではなく、他の食材と食べる事によって、相乗効果を発揮する事が出来ます。自分が不足していると感じている栄養素を引き立ててくれる点も、とうもろこしのメリットなのです。

さらに、とうもろこしは食べるだけでなく、お茶にして飲む事によって、水溶性食物繊維を逃さずに摂り入れる事ができ、美容に生かせます。美容と健康の為に万能なとうもろこしを積極的にアレンジしながら、美しい身体づくりにチャレンジしてみましょう。


連記事