ガーデニングでレンガを活用☆おしゃれな花壇の作り方

ガーデニングでレンガを活用☆おしゃれな花壇の作り方

女性の皆さん、ガーデニングでレンガを使って、一度はおしゃれな花壇を作りたいと憧れたことがありませんか?色とりどりの花とアンティークのような味わいがあるレンガは、庭をアートに演出するための最強コンビと言えますね。

ガーデニングでレンガに囲まれた庭は、本やネットで見るたびに「こんな素敵な庭が欲しいな♪」とたくさんの夢が広がります。とは言え自分の家に庭がある人は決して多くなく、たとえ庭があったとしても女性一人で、ガーデニングやレンガを使った庭のアレンジは難しいはず!・・・と、途中で諦めてしまう女性は多いようです。

実はガーデニングでレンガを活用することは、特別に難しいことではありません。ポイントさえしっかり押さえれば、誰でも簡単にガーデニングでレンガを使い、おしゃれな花壇を作ることができるのです。そこで今回はガーデニングでレンガを活用した、おしゃれな花壇を作る方法を7つのポイントからお伝えします。



 

ガーデニングでレンガを活用☆
おしゃれな花壇の作り方

 

作りたい花壇のイメージを言葉と図にしてみよう


ガーデニングでレンガを活用するためには、まず最初に皆さんが作りたい花壇をイメージしなければ進みません。庭の形状を念頭に置いて、どこに花壇を作ってどんな花を植えたいかを考えていきます。

【計画のポイント】

花の種類を深く考えるとイメージするのが難しくなる可能性があるので、花の色や大きさなどを大雑把に決めておくことです。この時点で完成したイメージを図にすることで、これからの作業がやりやすくなります。

作りたい花壇の概要が決まったら次に、予算決め、材料集め、花壇作りの計画作成、と順序だてて進めるのです。

 

無理のない計画で夢を現実にしよう


ガーデニングでレンガを使う理由の多くは、おしゃれな花壇を作りたいからではないでしょうか。そのため多い失敗例が、ギリギリの予算にしたり無理のある計画を立ててしまうケース。これでは途中で失敗する可能性が高いのです。

【ガーデニングでレンガの花壇を作るポイント】

ガーデニングにレンガを活用するならば、必ず余裕のある予算に設定することです。イレギュラーな事態に対応できることが大事なのです。

予算が決まり花壇作りに必要な材料が決まったら、次は材料集めをします。はじめは、近所のホームセンターで実際に現物を確認して、材料集めをするといいでしょう。また、ある程度花壇作りの経験が増えていけば必要な材料がわかってきます。インターネットを使った材料集めも便利なのでおススメします。

 

どのパターンで花壇を作るか決めよう


ガーデニングでのレンガを使った花壇作りは、難易度が異なる4つのパターンがあります。

【レンガの花壇作り、4つのパターン】

①コンクリートでしっかり基礎を作ってからレンガを組み立てる。
②レンガで基礎を作ってから組み立てる。
③全く基礎を作らないでレンガを組み立てる。
④レンガ風のコンクリートを使った組み立てキットを使う。

①から順番に難易度が下がっていき④はDIY初心者向けです。花壇を作る時は、はじめに基礎をしっかり作り土台を安定させてから、次にレンガを綺麗に並べたり組み立てたりしていきます。基礎を安定させれば他の作業がやりやすく綺麗な花壇が作りやすくなりますので、なるべく基礎は作った方がいいでしょう。

 

コンクリートで基礎を作って花壇を作ろう


【ガーデニングでレンガの花壇=コンクリート=】

①基礎砕石を敷いてからコンクリートを敷いて基礎を作ります。
②レンガを並べてモルタルを塗って固定していきます。

基礎が安定しているのでレンガを配置しやすく綺麗に並べて作ることができます。しかし、専用の道具を使ったりコンクリートやモルタルを練る所から始めるので難易度は高いです。

レンガは何種類もありますので組み合わせのパターンによって外観が変わってきます。花壇の中に土を入れて花を植えていきますが、花壇の柄を引き立て役に考えて花を選ぶと素敵な花壇ができあがります。

 

レンガで基礎を作ってから花壇を作ろう


【ガーデニングでレンガの花壇=レンガの基礎=】

一段目のレンガを横向きに並べていってしっかり固定させて基礎を作ることです。コンクリートで作る基礎まではいきませんが、ガーデニングのDIYレベルであれば完成度は高いですね。

レンガをモルタルで接着させて隙間を作らないように組み立てたら、次は花壇に入れる土を作っていきます。これから植える予定の植物に合わせて土作りをしていきます。

もし、選んだ植物が数種類あって土壌の好みが合わない場合は、花の組み合わせをもう一度考えた方がいいですね。それぞれの好みに合わせた土づくりはとても大変なので、植物の特性ごとに適した土壌の花壇を作った方がいいでしょう。

 

基礎は作らないで簡単に花壇を作ろう


【ガーデニングでレンガの花壇=基礎なし=】

①基礎を作らないため一段目をしっかり固定します。
②二段目以降をモルタルで接着させて固定していきます。

※基礎が安定しないため組み立てる際はズレないように注意しましょう。

【ガーデニングでレンガの花壇=モルタル=】

モルタルでレンガを固定しない方法があります。この方法は花壇を完全に固定しないため、花壇の場所を変える時に移動しやすくなります。

初めて花壇を作る人はまだ要領が掴めていないので、後々に花壇の位置を変える可能性があります。そのため、基礎を固めない花壇の作り方をおススメします。

花壇作りを経験することで庭の別の顔が見えるかもしれません。それから、新たに湧いてきたイメージを図や言葉に表してみましょう。ガーデニングは何度でも違う楽しみ方が芽生えてきますよ。

 

誰でも簡単にできる組み立てキットを使おう


【ガーデニング初心者のおススメの裏技】

DIY初心者におススメの方法で、ガーデニング用のレンガ風のコンクリートを簡単に組み立てて、花壇を作る方法があります。移動も簡単にできるため気軽に作れる花壇と言えるでしょう。

庭に花壇を作る時は基礎を固定した花壇を少なくし、移動可能な花壇を増やすことで常に演出を変えることができます。季節感あふれる配置を考えることでよりおしゃれな庭を演出できるでしょう。

楽園のようにカラフルな花が迎えてくれる天使が舞い降りそうな庭、レンガのビジュアルを生かすことで大自然の中にあるような庭、好きなハーブや花を集めたオリジナルの庭など、アイディア次第でもっと素敵に作れるかもしれません。

何度も作り変えることができるのが、固定しないで作る花壇の特徴ですね。

 

いかがでしたか。簡単な方法から難しい方法まで、ガーデニングでレンガを使いたい方へ向けて、花壇の作り方をお伝えしてきました。

ガーデニングはとても奥が深く、すべてをお伝えすることはとても難しいものですが、ガーデニングではレンガのビジュアルを存分に生かすと、とてもおしゃれな雰囲気になりやすくオリジナルの庭作りに最適でしょう。

ガーデニングでレンガは、小さいころ夢見た憧れの庭を作りあげる最適な資材。簡単なことではありませんが、一度はチャレンジしてみたくなります。奥が深いガーデニングでレンガの庭作りに何度もチャレンジするうちに、あなたの楽園を作り出すことができます。

誰もが憧れる楽園でハーブティーを飲むような、静かな朝を迎えたいですね。

 

まとめ

ガーデニングでレンガを活用した花壇の作り方のポイント

・まずはじめに、花壇のイメージを明瞭にして計画を
・イレギュラーに備えて、余裕のある予算計画を
・いくつかのパターンから、ぴったりのタイプを選択
・基礎にコンクリートを使うと、安定して整いやすい
・難易度の低いレンガの基礎でも、完成度は高い
・基礎のないレンガの花壇は、移動しやすい
・超初心者の裏技はレンガの花壇の「組み立てキット」

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!