女性の悩みをまるっと解決◎ごぼう茶の効能とは

女性の悩みをまるっと解決◎ごぼう茶の効能とは
ヘルシー志向の女性からの注目を集めている、ごぼう茶の効能は、ダイエットや冷え性対策にも効くと評判が高いですよね。「名前なら聞いた事はあるけれど、実際に飲んだ事は無い…」という方は多いのではないでしょうか。

ごぼう茶の効能は、女性が悩みやすい冷え性や便秘などの症状にもよく効きます。香ばしい味わいがする為、ごぼうが好きな方は美味しく美容に良い効果を得る事ができます。ノンシュガー・ノンカフェインですので、身体にかかる負担も少ない点が魅力ですよね。

そこで今回は、女性の悩みをまるっと解決できる、ごぼう茶の効能についてお伝えします。「ごぼう茶の効能って本当に良いの?」と疑問に感じている方も、ぜひその効果をチェックしてみてください。

食物繊維が豊富なので、便秘解消効果が期待できる

ごぼう茶の効能としてまず挙げられるのが、便秘解消効果です。ごぼう茶の原料となるごぼうは食物繊維を豊富に含む食材です。食物繊維は、腸内環境を整える栄養素としてメジャーですよね。

それに加えて、ごぼうには腸の悪玉菌を減らす効果をもつオリゴ糖が多く含まれています便秘を解消し、少しでも体重を減らしてダイエットしたい女性にとっては、強い味方となりそうですよね。

「ごぼうをそのまま食べるのは苦手…」という方でも、ごぼう茶を飲めば効能を短時間で実感する事が出来ます。特にホットの状態で飲めば、身体が温まる上に腸の働きを良くするので、ごぼう茶の効能である便秘解消効果をより実感しやすくなります。

 

ごぼうに含まれるオリゴ糖が、むくみを解消してくれる

ごぼう茶の効能には、むくみ解消も挙げられます。原料となるごぼうに含まれる「オリゴ糖イヌリン」という成分が、体内の汚れた水分を排出する役割を担っています。イヌリンには便を柔らかくする効果があるので、デトックス効果が感じられ、足や顔などのむくみを無くし、痩せて見える効果も感じさせます。

さらにごぼう茶には、利尿作用をもたらすカリウムも豊富に含まれています。頻繁にトイレに行く事によって余分な水分を排出し、この成分からもむくみを解消する事が出来ます。「むくみやすくて太って見えてしまう…」とお困りの女性にとって、ごぼう茶の効能はうってつけですよね!ごぼう茶の効能は特に立ち仕事の女性や、運動不足でお困りの女性の強い味方となりそうです。

また、体内の血液循環が良くなれば、冷え性の改善にも役立つでしょう。効果的な方法は、冬の夜などの身体が冷えやすい時間に、ホットのごぼう茶を飲む事です。ごぼう茶はノンシュガー・ノンカフェインなので、夜に飲んでもダイエットや眠りの質に悪影響を及ぼすことが無い点が魅力ですよね。

 

ごぼうに含まれるサポニンが、冷え性改善に役立つ

ごぼう茶の効能には、冷え性改善も挙げられます。ごぼうを水につけると、黒っぽいアクが浮かんできますよね。その黒いアクの正体となる栄養素が、サポニンです。

主にごぼうの皮の部分にサポニンを含んでいますので、ごぼうを食べる際には皮を剥いてしまい、せっかくの栄養を捨ててしまう人が多いのではないでしょうか。

サポニンは赤ワインなどにも含まれることで有名なポリフェノールの一種で、血行を促進させる効果があります。そのため、ごぼう茶の効能は血液循環を改善し、冷え性を予防する事ができるので、身体が冷えやすくなるとお困りの女性にとっては朗報ですよね!ぜひごぼう茶を飲み、サポニンを摂取する事によってじんわりと身体を温めてみましょう。

 

妊娠中の飲用や、飲み過ぎには注意しよう

ごぼう茶の効能が美容や健康に良いと分かると、積極的に飲み、その効果を試したくなりますよね。最後にごぼう茶の効能を試す際の注意点をお伝えします。

ごぼう茶はノンシュガー・ノンカフェインなので、身体に対する負担が少ない点が長所です。基本的には朝から夜まで、どの時間帯に飲んでも不眠になる事はありません。授乳中でも飲む事ができますが、妊娠中の場合は、カリウムの過剰摂取による影響が及ぶ場合がありますので、心配な場合は医師に相談した上で飲むと安心です。

また、ごぼう茶の効能を試したいからと言って一度に大量に飲む事も避けましょう。ごぼう茶に含まれるイヌリンは、一度に大量摂取すると消化不調を起こす食物繊維です。多くても1日3杯までなどと適量を定め、身体に負担が来ない量を飲み続けるよう意識しましょう。

 

今回は、女性の悩みをまるっと解決できる、ごぼう茶の効能についてお伝えしました。苦くて独特の味わいがあるごぼう茶ですが、その効能は多くあり、便秘解消や冷え性改善など、女性特有の症状にも大きな効果をもたらしてくれる点が魅了ですよね。

効果を存分に感じるには、内臓機能を低下させるアイスの状態ではなく、身体全体を温めるホットの状態にして、ごぼう茶の効能を試すと良さそうです。ごぼう茶はノンシュガー・ノンカフェインであるというメリットもあるので、飲む時間帯に気を遣わなくても良い点が魅力ですよね。

今回の記事を読んで興味が湧いた方は、ぜひ1日2杯程度の適量を守りながら、内側から健康かつ綺麗な身体を目指してみてはいかがでしょうか。


連記事