家庭菜園、最初の一歩☆初心者さんが楽しく始める道具とは

家庭菜園、最初の一歩☆初心者さんが楽しく始める道具とは
家庭菜園は今ではマンションのベランダやキッチンでもできる、栽培キットなども販売され、「おしゃれなお家」の必需品とも言えますよね。ベランダにプランターでハーブ栽培などなど、優雅に土いじりを楽しんで、料理の合間に収穫…、なんておしゃれ!

とは言っても、ずっと都市部で暮らしてきた人々など、憧れはあっても「何から始めれば良いのやら…。」考えるうちに面倒にもなって、途中で諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、そんな初心者さんでも大丈夫!まずは体験したい!と思うのであれば、苗から始めればOK!土作りもなかなか奥深いのでホームセンターは販売されている、「野菜の土」などを賢く利用すれば良いのです。

専用の道具を揃えればモチベーションもアップ!「それなら、まずはホームセンターでも行こうかな…。」なんて気持ちにもなりますよね。そこで今回は、土いじり自体の経験がないような、家庭菜園の超初心者さんが揃えたい、道具たちをお伝えします。



 

家庭菜園、最初の一歩☆
初心者さんが楽しく始める道具とは

 

初めての家庭菜園、三種の神器!


全く初めてさんが家庭菜園を始めるなら、「これを買わなきゃ始まらない!」と言う三種の神器が①プランター②スコップ③ジョウロ(水やりのためのホースリールなどでも可)。

プランターは植えであれば必要ないこともありますが、今ではベランダ菜園も多いもの…。野菜の栽培が目的であれば、深めのプランターが役立ちます。

【 初めての家庭菜園:三種の神器 】

① プランター

・ 花と比べて野菜なら深めのプランターが役立ちますが、まずは野菜を決めて、野菜にみあった大きさを選びたいところ。木製は通気性に優れ、プラスティックは軽くて壊れにくいのがメリットです。

② スコップ

・ 地植えであればシャベル、プランターであればスコップを選んでください。園芸用でないものを購入する方もいますが、根や土の処理がしやすくなっているため、園芸用がおすすめ!

③ ジョウロ

・ プランターで育てる野菜のなかには、根元に水を差すものもあるので、ハス口が取り外し可能のものが条件!

以上、ホームセンターや園芸店で、野菜の種を選びながらスタッフに尋ねると、より安心です。

 

初めての家庭菜園、野菜と環境によって選択


全くの初めての家庭菜園では、まずはプランターや水やりのジョウロ、土を作るスコップの三点は必須道具。さらに、最初から揃えておくと「便利な」道具もあります。

【 初めての家庭菜園:最初から揃えたい道具 】

① クワやレーキ

・ 畑での家庭菜園なら必ず準備をするもの。

このクワやレーキ、プランターでの菜園の場合は、小さなクワなどありますが、必要性はあまりありません。スコップで充分な役割を果たしてくれるはず。

② 支柱

・ 苗を支えたり、キュウリの栽培では、蔓を誘引する為に2m近くの支柱が必須!最低3本準備しなければなりません。

③ 紐

・ 苗を支柱につなげたり、支柱同士をつなげる時に使う道具!ナイロン製と麻ひもがありますが、畑での家庭菜園では、土に分解されやすい麻ひもがおすすめです。

例えばゴーヤやきゅうりなど、蔓性野菜であれば支柱や紐が必須だったりしますので、育てたい野菜によって、基本三点とともに揃えておくと気軽に育てやすいです。

 

初めての家庭菜園、あると便利な道具


以上がそれぞれの野菜を育て始めるにあたり、まず揃えておきたい道具ですが、虫除け対策や皮膚のかぶれ対策もできれば、挫折せずに楽しく進められるはず!

【 初めての家庭菜園:あると便利な道具 】

① 防虫ネット

・ 虫好きのする野菜を育てる際に必要。例えば、リーフレタスなどを外で育てる場合は防虫ネットを張っておいて間違いありません。

その際にも支柱を使用しますので、本数を買い足すなどして多めに準備をしておいてください。

② 園芸ばさみ

・ 剪定や収穫で活躍!トマト、きゅうりは剪定をする必要があるので、必ず準備!

③ 園芸手袋

・ 土荒れや植物で荒れる方が最近は多いので、その場合には二の腕まですっぽり包めるような手袋の準備をしておくと、辛い思いをしなくてすむかもしれません。

④ 長靴

・ 畑での家庭菜園には必ず必要。プランターでの家庭菜園を考えている方には関係の無い代物です。

 

初めての家庭菜園で、後から買い足すか要検討!


さらに初めての家庭菜園と言っても、本格的に始めたい方や、すでに育てたい野菜が決まっていて、それが中級・上級者向けのものであれば、その特性に応じて、早めに準備しておくと、何かと便利な道具類もあるので、チェック!

【 初めての家庭菜園:後から買い足すかもしれない道具 】

① 育苗箱、又はポット

・ 初めての家庭菜園でも、ぜひ種から育てたいと考えているなら、必ず準備したいのがポット。

さらに、プランター栽培を考えている方でも、種から育てる際にはポットを使って生育してから、プランターへ定植するのがスムーズなので、種から育てる=ポットと考えて準備してください。

② マルチングフィルム

・ 保温や雑草の予防、泥はねなどの理由から使用されるのが、マルチングフィルム。ただし、マルチングフィルムが無ければ、ワラを敷いても同じ効果が得られます。

③ 遮光ネット

・ 真夏の暑い日差しの下で、野菜が疲れ果てるのを予防!例えば、野菜は西日を嫌うので西日が当たらないようにカバーするために使うと重宝するはず。

必要かどうかは、初めての家庭菜園をする場所にもよるので、朝から夕方まで日陰にならないような場所であれば、買うと考えて選んでください。

 

いかがでしたでしょうか、今回は初めて家庭菜園にチャレンジしたい方々へ向け、最初の一歩である買い物で必要な品々をお伝えしました。育てやすいように工夫された道具を使い、育てやすい野菜から始めれば、収穫まで楽しめるはず。

育てやすい野菜はと言えば、例えば小学一年生の授業にも出てくるプチトマトの他、グリーンカーテンとして近年は注目されているキュウリやゴーヤ、収穫まで早くてモチベーションが続くベビーリーフなどもおすすめです。

ただしどんな育てやすい野菜でも、「育てる時期」は気遣うのが基本。最近では一年中全ての野菜が出回っていますが、本来は「旬の野菜」があるもの…。時期はずれの野菜を植えては、どんなに工夫をしても枯れてしまう確立は高いです。

道具を揃えるとモチベーションも上がり、お金を掛けた分だけ「もったいない!」と持続するもの…、ぜひ美味しい自分だけの菜園を実現しちゃいましょう!

まとめ

家庭菜園で揃えたい道具とは

・最初はプランター・スコップ・ジョウロ
・野菜によって必要なクワや支柱、紐
・防虫ネットや園芸はさみは、あると便利
・おしゃれ園芸手袋や長靴で快適作業
・種から育てるならポット
・マルチングフィルムや遮光ネットは必要に応じる


連記事