胡蝶蘭の育て方、基礎知識☆プロが教える長持ちのポイント

胡蝶蘭の育て方、基礎知識☆プロが教える長持ちのポイント
胡蝶蘭の育て方は、一般的には上級者編と言うイメージですよね。縁起のいい花として、お祝いなどの贈り物にもらう機会も多い一方で、胡蝶蘭の育て方が難しいために、「枯らしてしまうかも…」と不安になる方々が多いのも事実です。

確かに、せっかく贈り物でもらった胡蝶蘭、育て方を知らないまま管理をしていた事が原因で、枯らしてしまうのはとても残念!長く楽しみたいのであれば、ちょっとした手間とコツが必要な、胡蝶蘭の育て方を把握していれば、気も楽ですよね。

そこで今回は、胡蝶蘭の花ができるだけ長持ちするポイントをおさえた、胡蝶蘭の育て方の基礎知識をお伝えします。

もともと胡蝶蘭は、1度の開花で2か月以上もキレイな花を咲かせ続ける、とても花持ちのいい花。是非、ポイントをおさえた胡蝶蘭の育て方で、優雅な咲き姿を長く楽しんでください。

[ →続きを読む… ]

胡蝶蘭の育て方☆初めての手入れで多い、7つの勘違い

胡蝶蘭の育て方☆初めての手入れで多い、7つの勘違い
胡蝶蘭の育て方を知らずに、せっかく頂いた花を枯らしてしまった、という方は案外多いですよね。ひと鉢あるだけで豪華なので、さまざまなお祝いの花として有名ですが、確かに「すぐに枯れてしまった!」と言う声が多いのも事実。

それは胡蝶蘭の育て方についての「勘違い」が原因です。一見難しそうに思える胡蝶蘭の育て方ですが、特に園芸やガーデニングに詳しくなくても、ほんの少しの知識とコツで、美しい花を長く楽しむことができます!

白やピンク、紫など、花の色が豊富で、形や大きさもいろいろ。「幸せが飛んでくる」という花言葉を持つ胡蝶蘭。正しい育て方を覚えて長く花を楽しめたら、その分幸せもたくさん飛んできてくれそうですよね。

そこで今回は、この胡蝶蘭の育て方について、初めての方が陥りやすい勘違いと、正しい手入れの仕方をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

サボテンを育てるなら☆押さえておきたい手入れの基本

サボテンを育てるなら☆押さえておきたい手入れの基本
サボテンは、インテリア雑貨の売り場や100円ショップなどでもよく見かけますよね。手のひらに載るような小さな鉢に入ったものや、おしゃれなガラスの器に入ったものなど、見ているだけで可愛らしく、つい欲しくなってしまいます。

値段も手ごろですし、サボテンは花の鉢植えと違い管理がカンタンなのが特徴的。そのため育てやすそうなのも人気の理由ですが、案外「しばらくすると枯れてしまった!」という体験談も多いのです。これはサボテンの育て方や手入れを知らないことが原因。

実は、サボテンの栽培には簡単そうに見えて押さえておきたいポイントがいくつかある、ということ。せっかく買ったサボテンですから、出来れば大きく育てて花が付く品種なら、ぜひお花まで咲かせてみたいですよね。

そこで今回は、サボテンの育て方について、その特徴と押えるべきポイントなどの手入れの基本をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ポインセチアを贈られたら☆長く楽しめる7つの手入れ法

ポインセチアを贈られたら☆長く楽しめる7つの手入れ法
ポインセチアは植物にあまり慣れ親しんでいない人々でも、クリスマスシーズンになるとそこここで見かけたり、時にはいただいたりと、割りと馴染みのある植物ですよね。

普段植物を部屋に置かない家庭でも、ふと「ポインセチアを置こうかな…。」と思いついたり、時にはお歳暮などでいただく、なんてことも多々あります。そんな時も大丈夫!冬場のポインセチアは比較的手入れの手間がかかりません

越冬をして翌年のクリスマスまで楽しむとなれば、確かにそれなりの技量が必要になるのですが、春先まで元気なポインセチアを楽しむのなら、その性質を理解した最小限の手入れをすれば良いのです。

手間も掛からず、クリスマス気分が盛り上がるなら、室内で飾ってみたいですよね。そこで今回は、ポインセチアを存分に楽しむための、基本の手入れと基礎知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ポインセチアの手入れ法☆プロが教える7つのポイント

ポインセチアの手入れ法☆プロが教える7つのポイント
ポインセチアは正しい管理方法があまり知られていないため、ワンシーズンで終わってしまうことも多く、翌年まで越冬できる種類の花ではない、と考えている人々が、案外多いです。

けれども実は、ポインセチアの正しい育て方を知って手入れをすれば、充分に春先まで越冬できて、翌年のクリスマスには、赤い砲(花)を見せてくれます。せっかく楽しむなら、翌年にもキレイな花を見せてもらいたいですよね。

そこで今回は、勘違いの多いポインセチアの正しい手入れの方法をお伝えします。水やりや温度管理、肥料など、基本的な項目でまとめた内容ですが、「そうだったの?」と驚く人も多いのです。

本記事を参考にして、せっかく出逢ったポインセチアを翌年の春まで、大切に手入れをしてください。ひと回り大きくなったポインセチアに愛着が沸いてくるかもしれません。

[ →続きを読む… ]