ベゴニアの種類を知って上手く育てる5つのコツ

ベゴニアの種類を知って上手く育てる5つのコツ
初心者でも管理のしやすいベゴニアは、種類が豊富で花の色数も多いので色々な種類をたくさん集めたくなる花ですよね。大きさもデッドスペースの隙間埋めにちょうど良い小さな鉢から豪華な大鉢まであります。

複数の種類の栽培や寄せ植えなどのアレンジも楽しい花ですが、ベゴニアの種類は原種だけでも2000種類を超え、交配されたものを合わせるとその倍以上とかなりの種類を持つのです。

ベゴニアは木立性・球根性・根茎性と大きく3つの性質に分けられ、そこから更に8つの種類に分けられ、種類によって適した環境や育て方が異なるため、ベゴニアの種類に合わせたお世話をしてあげないと元気がなくなったり上手く育たない場合があります

ベゴニアの種類に合わせた育て方はこれからベゴニアを育てたい人や新しい種類のベゴニアを増やしたいと思っている人にはぜひ知ってほしい知識です。そこで今回はベゴニアの種類を知って上手く育てる5つのコツをお伝えします

[ 続きを読む… ]

胡蝶蘭の育て方に必要な5つのポイント

胡蝶蘭の育て方に必要な5つのポイント
胡蝶蘭は豪華な見た目や「幸福が飛んでくる」という花言葉を持つため、開店祝いなど祝いごとに贈られることが多いですよね。そもそも、あまり手に入れる機会が少なく、胡蝶蘭の育て方をご存知ない方も多いはず。

ちなみに日本では、蝶が舞う姿に似ていることから胡蝶蘭と名付けられましたが、学術名はギリシャ語の「ファレノプシス」と言い、「蛾のような」という意味を持ちます。なぜ蛾を選んだのでしょうか。まず胡蝶蘭の生態ですが、胡蝶蘭は熱帯の植物で寒さに弱い植物です。

しかし、温室を利用すれば1年中楽しめますし、管理を徹底すれば数十年と長生きさせることも可能です。せっかくいただいたものの、胡蝶蘭の育て方をご存知ない方のために、今回は胡蝶蘭の育て方に必要な5つのポイントについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

アマリリスの育て方で失敗しない5つのポイント

アマリリスの育て方で失敗しない5つのポイント
アマリリスの育て方は、ポイントを押さえた手入れを行えばとても簡単です。お家にいつも、大きな花のある生活は、とっても魅力的ですよね。しっかりとした球根を手に入れれば、大きな花は約束されたものですが、せっかくの良い球根を駄目にしないためにも、アマリリスの育て方に失敗しないためのポイントを覚えておくと便利です。

アマリリスは南アメリカが原産で、多くの品種改良を経て作られた球根花です。その種類は、大輪咲のほかに、白筋の入ったもの、小輪多花で茎のしっかりしたものなど、数多くの品種が見られます。どの品種も暖かな気候が好きで、国内では南の地方で育てやすく、たやすく越冬すると言われています。また、乾燥を好むために温室で育てるのも向いています。

そんなアマリリスですが、自宅での栽培にも、もちろん適しています。適度な手間で大きな花を咲かせるために、アマリリスの特徴を押さえて、楽しみならが育ててみませんか。そこで今日は、アマリリスの育て方に失敗しない5つのポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

ポインセチアの育て方に必要な5つのポイント

ポインセチアの育て方に必要な5つのポイント
ポインセチアは冬の時期を彩るクリスマスの時期になると街中で頻繁に見かける定番の植物です。色鮮やかなポインセチアを自宅で上手に育てることができたら嬉しいですよね。

ポインセチアの特徴である赤やピンク、白などの美しい色は、寒い季節のお部屋を暖かい雰囲気にしてくれます。ポインセチアは冬の鉢物という印象をもちますが、実は寒さに弱く、日光を好みます。また、水は多く与えないなどの知っておくべき注意点があります。

いくつかのポイントをおさえることで失敗せずにポインセチアを育てることができますので、種類や色が豊富で美しいポインセチアをお部屋のインテリアに取り入れてみてください。そこで今回はポインセチアの育て方に必要な5つのポイントについてお伝えします

[ 続きを読む… ]

花を長持ちさせて長く楽しむ5つのコツ

花を長持ちさせて長く楽しむ5つのコツ
花を飾る時って、どうやって飾ろうかと考えると同時に、できるだけ飾った花を長持ちさせたいと思いますよね。花を長持ちさせる方法として、漂白剤や砂糖、10円玉を入れるなどの「水に何かを入れる」というやり方もよく紹介されています。

でも、一つの健康法がすべての人にマッチしないのと同じように、これさえやればつぼみも全部開いて花も1週間以上長持ちする・・・というような方法は残念ながら存在しません。

その代わり、当たり前だと思われていることを改めて見直すことで、「なぜ、それを行うのか」を理解すれば、その方法は意外に単純なことだというのがわかるはずです。そこで今回は花を長持ちさせて長く楽しむ5つのコツについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]