ごぼうの花言葉☆ネガティブすぎて印象的7つの豆知識

ごぼうの花言葉☆ネガティブすぎて印象的7つの豆知識
ごぼうの花言葉は、実は「ネガティブすぎる」ことで有名。一般的に愛や恋についてなどポジティブな意味合いを持つことの多い花言葉ですが、中にはネガティブな意味合いを持つ花もあります。その1つが「ごぼう」なのです。

特に「私にさわらないで」「しつこくせがむ」「用心」「いじめないといったネガティブなごぼうの花言葉ばかり目立ちます。そのあまりにネガティブなごぼうの花言葉の数々、とても印象的ですよね。

また、野菜として知られているごぼうですが、その花を見たことのない人は意外と多いのではないでしょうか。ごぼうも成長することで、アザミによく似た紫色の意外と綺麗な花を咲かせるとは意外!

そこで今回は、そんなごぼうの花言葉と、意外と知られていない豆知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ヒヤシンスの花言葉☆神話や色別メッセージ、7つの豆知識

ヒヤシンスの花言葉☆神話や色別メッセージ、7つの豆知識
ヒヤシンスの花言葉は、花の色によってさまざまな意味合いがあります。まあるい球根からスッと伸びた茎に、たくさんの可愛い花をつける様子はなんとも魅力的ですよね。そしてその由来もまた惹きつけられるものがあるのです!

ヒヤシンスという名前は、ギリシャ神話の「ヒュアキントス」という名の美青年に由来し、ギリシャ神話の物語によると、太陽神アポロン西風の神ゼフィロスに寵愛されていたヒュアキントスが、アポロンと円盤投げに興じていたところ、その様子を見て嫉妬にかられたゼフィロスが風を起こした、とされています。

そしてその円盤は、ヒュアキントスの額に当たって、彼は死んでしまったのです。その時流れでた血から花が咲き、彼の名前からヒヤシンスと名付けられました。

そんな物語を知ると、ヒヤシンスの花言葉がぐっと味わい深いものになりますよね。そこで今回は、花の色別のヒヤシンスの花言葉について、神話の物語をたどりながらお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ヒヤシンスの花言葉☆贈るシーン別、色で違うメッセージ

ヒヤシンスの花言葉☆贈るシーン別、色で違うメッセージ
ヒヤシンスの花言葉は色によってさまざまです。花言葉によって贈る相手や場面も変わってきますよね。ヒヤシンスは品種もたくさんありますが、大きく分けるとローマン系とダッチ系があります。

ローマン系は、ひとつの球根から数本の茎がでるのが特徴。球根は広い場所で育てると自然分球しやすく、よく増えるため庭植えや花壇などに向いています。

一方、「ヒヤシンス」と聞いて一般的にイメージされるのが、次のダッチ系のヒヤシンス!水栽培に使うのもこちらのタイプです。たくさんの花を一本の茎に咲かせるのでボリュームがあり、見た目もとても華やか。ただし、こちらは分球しにくいため、増やしにくいのが難点…。

このヒヤシンス、秋に植えて春先に開花します。原産地は地中海東部沿岸で、花の色は赤、ピンク、白、黄、オレンジ、紫、青とさまざまな色があるのも、魅力のひとつ。

そのため、色によってもヒヤシンスの花言葉は違います。今まで知らなかったヒヤシンスの花言葉やエピソードを知ると、また違った使い方ができるかもしれませんよね。そこで今回は、ヒヤシンスの花言葉、それぞれの色にまつわるエピソード贈り方をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ごぼうの花言葉がネガティブすぎる!切実なメッセージとは

ごぼうの花言葉がネガティブすぎる!切実なメッセージとは
ごぼうの花言葉は一般的に想像する前向きなイメージの花言葉ではなく、なぜかとてもネガティブなものが多いです。ごぼう自体は食物繊維を豊富に含む健康野菜として、日本では親しまれているだけに、不思議ですよね。

西洋ではハーブとして使用され、中国では漢方として親しまれており、発汗、利尿作用、血液浄化などが主な効能です。

ごぼうの語源は、漢語の「牛蒡」で、その根が牛の尾に似ていることに由来する、といわれています。あまりその姿は知られていませんが、開花時期は6~7月で夏場に花が咲くのです。

紫色のアザミに似たつぼみにトゲのあるような花を咲かせ、紫や白などがあるのが特徴です。一見鮮やかでとてもきれいなのですが、そのとげのある花の見た目からか、とてもネガティブなイメージを持つ、ごぼうの花言葉。ちょっと気になりますよね。

そこで今回は、ネガティブすぎて気になるごぼうの花言葉の、「切実な」メッセージをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

梅の花言葉を贈る☆日本の美徳が詰まった7つのメッセージ

梅の花言葉を贈る☆日本の美徳が詰まった7つのメッセージ
梅の花言葉はどんな方にもおすすめな、ほめ言葉や前向きな言葉がつけられています。また、花見といえば現在は「桜」を連想するかと思いますが、平安時代ごろまでは「梅」が花見の主役でした。

桜の花見は良く聞くけれども、「梅見」とはなかなか言いいません。もちろん、桜の花がそれだけ美しいとも言えますが、桜は花期が短いため、開花時期に合わせて多くの方々がその美しさを愛でに行くのです。

一方梅の花は花期が長く、より身近な存在。現在ではその可愛らしい花姿から、桜よりもぐっと親しみやすいイメージがあります。それでも、伝統的な風呂敷や着物、漆の食器や小物類など、「高貴な」品々のデザインには、多くの梅の花があしらわれています。

そんな可愛らしくも高貴なイメージを放つ梅の花を、梅の花言葉とともに、信頼を寄せる、大切な女性に贈りたくなりますよね。そこで今回は、花束としてもそのデザインモチーフとしても、プレゼントにもおススメの梅の花言葉、7つのメッセージをお伝えします。

[ →続きを読む… ]