贈り物

花とプレゼントの選び方

牡丹の花言葉を添えて贈った、女性の感動シーン7例

牡丹といえば、ふんわりとした大きな花が特徴的ですね。春に咲く春牡丹が一般的ですが、秋にも花を咲かせる寒牡丹、冬に花が咲くように調整された冬牡丹といった種類があります。咲き方も一重咲き、八重咲き、千重咲きなどがあり、色も白やピンク、黄色など様々です。 種類が多いことから、花言葉も色々あるのをご存知ですか?今...
花の選び方

紫陽花の花言葉は意外と移り気?その意味と由来

日本では6月になると西日本を中心に梅雨に入る地域が増えて、雨がとても多くなります。梅雨の時期は湿気も多くジメジメしていて、気分も憂鬱になりやすいです。 こんな時期は清々しい青色の紫陽花や、綺麗なピンク色の紫陽花を見ていると、梅雨のジメジメ感が吹き飛ぶくらい心が和みますね。 梅雨のジメジメは苦手だけど紫陽...
花とプレゼントの選び方

あじさいの花言葉☆贈る時に知っておきたい7つの知識

6月から7月、梅雨の時期にかけて咲き誇る「あじさい」。雨に打たれながらも力強く咲き誇る姿はとても美しく、見とれてしまいますよね。そんなあじさいの花言葉は、「移り気」・「冷淡」と世間一般では認知されています。実際、この花言葉を耳にしたことがある方は多いことでしょう。そのため、愛する方、親しい方、お世話になった方な...
花とプレゼントの選び方

母親にプレゼントを贈るなら☆心に響く6つのオリジナルギフト

一年の間で母親に贈り物をする機会は、最低でも「母の日」と「誕生日」の2回あります。日頃の感謝の気持ちを込めた素敵なプレゼントを用意して、母親を喜ばせたいですよね。 ところが家族は最も気を遣わずにプレゼントを選べる間柄でありながら、いざ贈るとなると何にしたら良いかわからず、あれこれ悩んでしまいます。それもそ...
花の選び方

花言葉の贈り物、バラを使って気持ちを伝える7つの理由☆

5~6月にかけて花を咲かせるバラは、紀元前の時代から現在まで長く人々に愛されてきたもっとも歴史の古いお花のひとつです。 花束に顔を近づけたときの甘い香りは初夏のみずみずしい空気を感じさせ、もらって嬉しくない人はいない定番のお花です☆そんなバラの人気の理由のひとつは、色によってたくさんの違った花言葉が存在す...
花とプレゼントの選び方

敬老の日に感謝のメッセージで、感動を伝える5つのポイント

敬老の日は9月の第3月曜日。連休となるため、この日はおじいちゃんやおばあちゃんと共に時間を過ごしてお祝いしたり、ギフトを贈られる方もいらっしゃることでしょう。 なかには遠距離で、会いたい想いはあるものの、なかなか顔を合わせてお祝いができないと、はがゆく思う人々もいるのではないでしょうか?そんな時に、心に響...
花の選び方

あやめの花言葉がイキイキした生活をもたらすその理由とは

あやめは春と呼ぶにはまだ肌寒い2月頃から咲き始めますが、5月のゴールデンウイークの頃に全盛期を迎え見事に咲きそろいます。ちょうど行楽シーズンと重なり、高原まで森林浴に行くのに最適です。 「いずれあやめか、カキツバタ」という言葉があるように、「あやめ」と「花菖蒲」と「カキツバタ」はよく似ていて、区別するのはとても難...
花とプレゼントの選び方

スタンド花を開店祝いで贈るなら必見!7つの贈り方マナー

大切な友人がお店を出す、取引先のお店がリニューアルオープンする。そんな時に、一番喜ばれるのは、あなたが行ってあげて、「おめでとう」と声をかけてあげることです。 開店の当日は、本当にお客様が来てくれるのか不安で、誰も来てくれなかったらどうしようと考えてしまうものです。そんなときに、知り合いが顔を出してくれる...
花や植物の楽しみ方

胡蝶蘭の花言葉のような女性になるためには☆7つの格言

胡蝶蘭は数ある蘭の中でもひときわ高貴なイメージがあり、存在感のある花です。ラン科のファレノプシス属に分類され、原種は東南アジアのジャングルなどに自生しています。たくさんの蝶が舞っているような可憐な姿が、見る人の目を惹きつけます。たいへん美しくてゴージャスな雰囲気があるので、ギフトとして贈られることが多い花です。...
花とプレゼントの選び方

【行事別】花束の相場を知って上手く注文する7つの方法☆

花束やフラワーアレンジメント、ブーケなど、いろいろなお花の贈り物がありますが、実際にプレゼントをするときの相場はいくらぐらいなのでしょうか。 贈るシーンによっても、相手によっても異なりますが、イベントによって大体の予算は決まってくると思います。また、贈り主によっても相場は変わります。 たとえば、大企...
花とプレゼントの選び方

贈り物上手☆柚子の花言葉の上手な使い方、7つのコツ

健康美・幸福・恋のため息・汚れなき人という花言葉を持つ柚子。ユノス・ホンユズ・スミカンなどの別名がある、 ミカン科・ミカン(シトラス)属の植物です。中国原産で、常緑高木。日本には奈良時代に渡来したと言われています。 晩春から初夏にかけて、白い5弁の小花が次々と咲き、花後につけた小さな実は夏から秋に大きくな...
花とプレゼントの選び方

百合の花をお祝いに贈る時に気をつけたい7つの事☆

原種の種類や交配種が多い百合の花。品種や栽培方法によって開花時期も異なりますが、基本的には4月~8月の夏の時期に開花をします。現在では栽培方法も工夫がされているため一年通して出荷され、お店によってはいつでも目にすることができますよね。 神秘的な形と優しい色合いから、あらゆる国で聖なる花として位置づけられている...
花とプレゼントの選び方

ポインセチアの花言葉がお祝いの贈り物に似合う7つの理由

12月の誕生花であり、別名「クリスマスフラワー」や「ウィンターローズ」ともよばれるポインセチア。 日本でも、聖夜の雰囲気を盛り上げるのに欠かせない存在ですよね☆ポインセチアがクリスマスの花として有名になった経緯には、こんなかわいらしい言い伝えがあります。 むかし、メキシコに住むある小さな子供が、クリ...
花の選び方

藤の花言葉を使って、粋な便りを贈る7つの方法

桜の花もが終わると、山はまたいつもの緑色に戻ります。そして、ゴールデンウイークの行楽シーズンの頃に、今度は藤の最盛期を迎えます。桜が咲いている時期の山がピンク色に染まるのに対して、5月の山はところどころ紫色のさし色を見せ、あでやかに華やぎます。 藤といえば薄紫色の小花がこぼれんばかりに咲き集まり、垂れ下が...
花とプレゼントの選び方

ブーゲンビリアの花言葉に良く合う贈り物の選び方、7選☆

ブーゲンビリアはブラシルが原産地の熱帯を代表する植物です。沖縄では夏以外の秋から春にかけて次々と花を咲かせます。 ブーゲンビリア(Bougainvilleae)という名前は、1768年にブラジルで木を見つけたフランスの科学者で探検家の「ルイ アントワーヌ ブガンビユ博士」が、この花を最初に発見したことから...
贈り物とメッセージ、気持ちの伝え方☆

何でもない日に贈る、女性が喜ぶ7つのプチプレゼント☆

今日は友達とランチなんだけど。友達と宅飲みなんだけど。そんなとき、何かプレゼントは持っていきますか? 小さなものでもいいのです、その気遣いとやさしさに場も和んで話も盛り上がることは間違いありません。 もらって嬉しい贈り物は人それぞれ。ここでは好みのプレゼントを探ったり、確実に喜ぶプレゼントを選ぶ方法、プチ...
花の選び方

ラベンダーの花言葉を添えた7つのメッセージと贈り物☆

ラベンダーは青紫色の可愛らしい花をつけるシソ科の常緑低木です。ラベンダーの特徴は何と言っても、人の心を癒してくれる良い香りです。古くから人々を魅了する芳香を持ったラベンダーは、薬草としても不快なにおいを消すための匂い消しとしても利用されてきました。 ラベンダーの原産地は地中海の沿岸です。古代ローマの人々は...
花の選び方

菫の花言葉を使って大切な人に贈り物をする7つの方法

小さくて素朴ながら美しい花を咲かせる菫の花は、古くから人々に愛されてきました。スミレ属の花には園芸品種のパンジーやビオラなどもありますが、野辺に咲く菫のさりげない美しさはまた格別です。 菫は温帯地域を中心に世界中に広く分布していますが、その品種は450種以上もあると言われています。 ギリシャ神話では...
贈り物とメッセージ、気持ちの伝え方☆

マリーゴールドの花言葉が贈り物に合わない5つの理由

初夏のフラワーショップで一際、エネルギッシュに輝いている花。オレンジの燃えるようなその花が、マリーゴールドです。マリーゴールドの花のエキゾチックな色彩は、原産国のメキシコから由来しています。 マリーゴールドという名前は、聖母マリアの黄金の花という意味を持ちます。古来より、マリアを称える花として受け継がれてきた歴史...
花や植物の楽しみ方

胡蝶蘭の花言葉を使って大切な人へ贈り物をする7つの方法

胡蝶蘭の花言葉をご存知でしょうか。胡蝶蘭の花言葉は「幸福がやってくる」「変わらぬ愛」です。 色によってもその言葉は異なり、白には「清純」ピンクには「あなたを愛します」という言葉もあります。今回はその胡蝶蘭の花言葉を使って大切な人へ贈り物をする7つの方法をご紹介します。 学名の種小名「Phal...
タイトルとURLをコピーしました