お家にあると便利!簡単なアロエの育て方

お家にあると便利!簡単なアロエの育て方
「美容や健康に良い食べ物」として知られている、アロエの育て方を覚え、自宅の家庭菜園で栽培出来たら、面白そうですよね。「アロエと言えば、トゲトゲとした葉を付けるイメージだけれど、どのような手入れをすれば良いのか、想像つかないな…」と思われるのではないでしょうか。

実は、アロエは乾燥に強く、手間も掛からない為、とても簡単に育てられます。鉢を室内に置いてもOKですので、インテリアとして飾ってもオシャレですし、自分で栽培したアロエをヨーグルトなどに乗せて食べる事が出来たら、とても素敵ですよね!

そこで今回は、お家で出来る、簡単なアロエの育て方についてお伝えします。必要な道具も少なく、すぐに栽培を始められますので、ぜひアロエの育て方をチェックし、実践してみましょう。

苗を購入したら、植え替えず、元の植木鉢で栽培をスタートしてOK

アロエと言えば、ヨーグルトや健康ドリンク、スキンケア用品の成分としても使われている、万能なイメージがありますよね。まずは、アロエの育て方において必要な物を準備しましょう。

・アロエ(植木鉢に植えられているもの)
・肥料

アロエの苗は、最初から植木鉢にセットされたまま販売されている事が多いので、成長するまでは植え替えず、買ったままの状態で、栽培をスタートしましょう。アロエは多肉植物で、葉の部分に水を貯める事が出来る性質を持っていますので、底に穴が開いていない植木鉢を使用する事も可能ですが、水のやりすぎには注意しましょう。

 

水やりは「土が乾いたな」と感じた時にのみ、行おう

アロエの育て方において大切なポイントは、植木鉢の置き場所です。アロエの葉の色がまだ若く、鮮やかなグリーンをしている場合は、直射日光に当てすぎると弱ってしまいますので、日中だけ陽に当て、半日は室内で育てるようにして、徐々に環境に慣らしていきましょう。

二週間ほど経ったら、アロエの成長を促す為に、陽の当たる場所に植木鉢を置きましょう。アロエは日光を好む植物ですので、室内に置く場合でも同じように、日当たりの良い窓際に鉢を置くと成長しやすいと言われています。

アロエは元々、温室育ちで、乾燥に強い性質の植物ですので、水やりを頻繁に行う必要はありません。アロエは2、3日程であれば、水分が無くても育つと言われていますので、「仕事が忙しくて、うっかり水やりを忘れちゃった!」という方や、「旅行に行っていて水やりが出来なかった…」という方でも育てられる点が嬉しいですよね。

水のやりすぎは、かえって根腐れの原因となりますので、様子を見て、「土が乾燥してきたな」と感じたら、水を与えるようにしましょう。冬はほとんど水を与える必要はありません。

 

肥料を与えたり、害虫を駆除する事で、成長をサポートしよう

肥料を与えたり、害虫対策や植え替えをする事も、アロエの育て方における大切なポイントです。

4月から10月は、アロエが成長を進める時期です。丈夫なアロエに育てたい方は、10日に1度くらいのペースで、液体肥料を与えると良いでしょう。

また、春から秋にかけて、アブラムシやカイガラムシなど、アロエの栄養を吸い取ってしまう害虫が付く事があります。カイガラムシは、名前の通り、硬い殻で覆われている害虫です。見つけたら、アブラムシには殺虫剤を使用し、カイガラムシは、ブラシでこすって落とすようにしましょう。

 

成長したら、一回り大きな鉢に植え替えよう

アロエが成長して2~3年ほど経ったら、植え替えをしましょう。アロエはどんどんと根を張りますので、根詰まり・根腐れを起こさない為にも、一回り大きな鉢へ植え替える事が大切です。

アロエの育て方において大切な、植え替えの方法は、以下の通りです。

1. 植え替えの一週間前から水やりを止めておく。
2. 土が乾燥している事を確認したら、アロエを抜き、根の周りの土を軽く落とす。
3. 根が黒ずんていたら、その部分をハサミで切り取る。
4. 日陰に3日程置き、アロエの根を乾燥させる。
5. 一回り大きい植木鉢に、底石と土を入れ、アロエを植え替える。
6. 植え替え後は、直射日光を避け、5日程水やりを止めておく。

 

植え替え後は、あえてしばらく水やりをストップさせて、植え替え時に付いた根の傷から雑菌が入る事を防ぎましょう。

 

さて今回は、自宅で簡単に出来る、アロエの育て方について、お伝えしました。化粧品や、健康食品に多く使われているアロエを、簡単に自宅で育てる事が出来るなんて、嬉しい発見ですよね。

アロエの育て方で大切な事は、葉の色が若いうちは、半日ほど日光に当てますが、環境に慣れたら、なるべく長時間、日光に当てる事です。また、乾燥に強いアロエは、元々温室育ちの植物ですので、水やりをこまめにする必要はありません。成長と共に、肥料を与えたり、植え替えをしてあげる事も、アロエの育て方において重要なポイントです。

「難しいと思っていたけれど、アロエの育て方って、こんなに簡単だったんだ!」と感じたのではないでしょうか。簡単にスタート出来ますし、手間も掛からない植物ですので、興味が湧いた方はぜひ、今回の記事で取り上げたアロエの育て方を実践してみましょう。

【まとめ】

アロエを育てる際のポイント

・苗を購入したら、植え替えず、元の植木鉢で栽培をスタートしてOK
・水やりは「土が乾いたな」と感じた時にのみ、行おう
・肥料を与えたり、害虫を駆除する事で、成長をサポートしよう
・成長したら、一回り大きな鉢に植え替えよう


連記事