アロマオイルマッサージを自宅で☆注意したい7つのポイント

アロマオイルマッサージを自宅で☆注意したい7つのポイント

香りにゆったりと包まれるアロマオイルマッサージは、身体も心もリラックスできます。アロマテラピーやハーブの専門店や、ナチュラル系のコスメショップに足を運ぶと、様々な香りや効能のマッサージオイルが置かれています。

アロマオイルマッサージに使う、オイルは個人でも作ることが出来ます。材料はキャリアオイル(ホホバ油やスイートアーモンド油などの植物油)に精油(植物由来100%のアロマオイル)と極めてシンプルなものです。

ただ、慎重にオイルを選び作ることが不可欠。身体に浸透するものですので、きちんとルールを守らないと、思わぬ健康被害を起こしてしまうことがあるからです。

そこで今回は、自分でオイルを作ってマッサージを行うことを想定し、必ず守るべき7つの注意事項について説明します。安全なアロマオイルマッサージのために、ぜひとも覚えておいてください。



 

アロマオイルマッサージを自宅で☆
注意したい7つのポイント

 

精油やキャリアオイルは専門店で購入すること


アロマオイルマッサージに使うオイルは、表皮から身体の中に向かって浸透します。そのため精油やキャリアオイルは、然るべき品質のものでなくてはなりません。

そのためアロマオイルマッサージの材料は、アロマの専門店で購入することをおすすめします。専門店であれば、オイルを保管する瓶なども一緒に入手することができます。

★ 専門店で購入できない場合には、以下の事項を守って下さい。

・精油の代わりに、部屋のフレグランス用のアロマオイルや、ポプリ用のオイルを、アロマオイルマッサージに使うことは厳禁です。深刻な肌のトラブルをひきおこす可能性が高くなります。

・キャリアオイルとして用いる植物油は、肌に浸透しやすいように精製されたものです。アロマオイルマッサージには、くれぐれも食用油を代用しないでください。

 

使いたい精油の「作用」をある程度把握しておくこと


精油にはそれぞれの薬理作用があります。精油の分子の粒が肌や呼吸器を介して体内に入り、その作用が発揮され、心身に影響をを与える仕組みになっているのです。

したがって、香りを「好き」であることも重要ですが、アロマオイルマッサージをするのであれば、使いたいと思う精油の「作用」をある程度把握しておく必要があります

★ 一番良いのは、目的を決めて専門店に向かうこと。

自分はアロマオイルマッサージを通して…

・リラックスしたいのか
・明るい気持ちになりたいのか
・または疲れを癒したいのか

などなど。

そして、スタッフのアドバイスを聞くことです。精油によっては高価なものもありますので、お財布との相談も一緒にできますよ。

 

精油の原液を絶対に肌につけないこと


精油は、植物の有効成分がギュッと凝縮されたもの。その作用は驚くほど強いのです。アロマテラピーにおいては通常、精油はキャリアオイルやアルコールなどに希釈して使うものであり、そのまま使用することはほとんどありません。

★ そのため肌、特に粘膜につくと悪影響を及ぼします。

もし誤ってついてしまったら、すぐに流水でよく洗い流してくださいね。

【アロマオイルマッサージに使うオイルの作り方】

★ マッサージオイルを作るときの目安となる分量:

① キャリアオイル10mlを用意する
② エッセンシャルオイルを2滴(1滴を0.05mlとして計算)です。

「それだけ?」と思われるかもしれませんが、これで有効成分も香りも十分です。アロマオイルマッサージには、この分量も守るようにしてください。

 

「光毒性」のある精油を使ったら


★ 主に柑橘系の精油

紫外線に反応して肌に刺激を与える「光毒性」を及ぼす物質が含まれています。そのため、これらが含まれたオイルを使ったら、数時間は日光に当たらないよう注意してください。

【柑橘系の精油とは】

・ベルガモット
・グレープフルーツ
・レモンなど

精油のメーカーによっては、人工的にそれらの物質を除去した精油を販売しているので、心配な方はそれらを利用すると良いでしょう。

 

身体の状態を考えて使うこと


以下の身体の状態の際は、マッサージは避けてください。

・体調不良時・予防接種から1週間以内
・食事の直後
・怪我をして、表皮に傷があるとき(その部分を避けて行うことはできます)

★ 特に気をつけて頂きたいのは妊娠中の方です。

精油の中の成分が、循環やホルモンに影響を与えてしまうことがあるので、アロマオイルマッサージは避けてください。気分転換に精油で芳香浴をすることはOKです。

また、使用中に気分が悪くなったら、マッサージを中止して、オイルをよく洗い流してくださいね。

 

同じオイルを長期間、継続的に用いないこと


★ 同じ精油の成分が、継続的に身体に取り入れられる状態が長く続くと…。

アロマオイルマッサージで同じオイルを使い続けると、アレルギーや皮膚の刺激を起こすことがあります。また香りや成分に身体が慣れてしまうと、マッサージオイルを新しく作った時に、精油の量が規定よりも増えがちになります。

それらを避けるためにも、同じオイルを使い続けることは避けましょう

 

オイルの保管場所に注意すること


アロマオイルマッサージに使う、精油やキャリアオイルは、直射日光のあたる場所高温多湿の場所で、すぐに劣化してしまいます。

★ 遮光瓶に入れて冷暗所で保管し、なるべく早く使い切りましょう。

そのためにも、マッサージオイルは一度に大量に作らないようにしましょう。作ってからそれほど時間が経っていないとしても、香りが変わってきたり、オイルが濁ってきたらすぐに処分してくださいね。

 

いかがでしたでしょうか。自宅で安全にアロマオイルマッサージを行う際には、様々な注意事項があります。それだけ私たちの身体も、精油もキャリアオイルも、デリケートなものなのです。しかし冒頭でも述べたように、ルールさえきちんと守り、精油の作用を知れば、私たちに大きな恩恵を与えてくれるものです。

精油の取り扱いは、マッサージ以外のアロマテラピーにも準ずるものです。例えば化粧水やクリームなどの手作り化粧品バスソルトやスクラブなどの肌に触れるアロマクラフト、そして手作り石鹸なども、同じように精油の取り扱いには注意を払わなけらばなりません。

しかし逆にここさえ踏まえておけば、何にでも応用ができるのです。日々の暮らしにアロマペンダントを持ち歩いたり、手軽に自分オリジナルの化粧品が作れます。至福のバスタイムには、その日々の気分に合わせたリラックスタイムを、優雅な香りで助けてくれます。

ぜひ安全に、そして香りを楽しむ術を身に着けて、常に優雅で落ち着いた快適ライフを実現しましょう!

 

まとめ

セルフアロママッサージ!最初に心得るべきポイント

・体に浸透するため、上質のエッセンシャルオイルを利用する。
・精油にはそれぞれの効能や作用がある!香りだけなく知識も。
・精油は濃度が極端に高いもの。直接肌に触れずに取り扱いに注意!
・柑橘系のベルガモットなど、「光毒性」のある精油は数時間日光禁止
・妊娠中の女性には、芳香浴がベスト。マッサージに精油は使わずに
・同じオイルを使い続けると、皮膚トラブルの原因にも、いろいろ使って
・エッセンシャルオイルは光に弱い!「遮光瓶に入れて冷暗所へ」が基本

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!