アロマテラピー検定を目指す☆挑戦前7つの基礎知識

アロマテラピー検定を目指す☆挑戦前7つの基礎知識

アロマテラピー検定は年々受験者数が増えている、女性に人気の検定試験です。アロマテラピーに興味を持っている人にとっては、自分がどれくらい知識を身につけているか確認ができますし、何よりもアロマテラピーに対する理解が深まります。

アロマテラピー検定は「公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)」が主催し、「アロマテラピーを自分で楽しみ、健康維持のために用いる知識」を問う2級と、「アロマテラピーを家族や周囲の人々とともに楽しみ、健康維持のために用いる知識」を問う1級の2種類があります。

とは言え初めての挑戦となると、どこから勉強をすすめていいのかわかりづらいものです。基本的にはAEAJが出版している公式テキストの内容を把握し、問題集を解くことをおすすめしますが、ここではそれに際して押さえておきたい「7つの基礎知識」について解説します。



 

アロマテラピー検定を目指す☆
挑戦前7つの基礎知識

 

「精油とは何か」を把握しておこう


まずは、アロマテラピーを行うにあたって欠かせない「精油(エッセンシャルオイル)とは何か」についてアロマテラピー検定前に把握します。

アロマテラピー検定の主催である、AEAJの定義では「精油は植物の花・葉・果皮・樹皮・根・種子・樹脂などから抽出した天然の素材で、有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質である」とされています。

それを踏まえ「植物にとって精油はどのような役割を果たしているのか」「精油にはどのような性質があるのか(例:空気中に放置しておくとどんどん蒸発してしまう)」などのことを学んでいきます。

【 アロマテラピー検定で覚えたい、植物からの採油法 】

・水蒸気蒸留法
・圧搾法
・揮発性有機溶剤抽出法
・油脂吸着法
・超臨界流体抽出法

などがあります。

アロマテラピー検定試験前に、それらがどのような方法であるかも把握しておくと、安心です。

 

「精油のプロフィール」を覚えよう


アロマテラピー検定の「精油のプロフィール」の出題範囲となる精油は2級では10種類ですが、1級ではそれに20種類プラスされた30種類となります。試験問題では、ひとつひとつの精油に関するさまざまな知識が問われます。

なお、アロマテラピー検定で、具体的にどの精油が該当するかは、公式テキストか独学用のサイトをご参照ください。

【 アロマテラピー検定の試験勉強で覚える項目 】

・植物の科名
(例:オレンジスイートはミカン科)

・植物の学名
(生物につけられた世界共通の名称。例:イランイラン=Cananga odorata)

・精油は植物のどの部位から、どのように採油されるか
(例:ゼラニウムの精油は花と葉から、水蒸気蒸留法で採油される)

・精油にはどのような作用があるか
(例:ラベンダーの精油は強い鎮静作用がある)

・精油はどのような特徴成分を含んでいるか
(例:オレンジスイートはリモネンを含む)

・その他、植物の産地や植物に関わるいわれ
(例:ローズマリーはハンガリアンウォーターの主成分として使われた)

このようにアロマテラピー検定試験では、様々な方向から出題されます。それぞれの精油について、整理して覚えてください。

 

「精油の安全な使い方」を確認しよう


精油は「有効成分を高濃度に含有した」物質なので、注意を払って取り扱わなければなりません。そのためアロマテラピー検定でも、基本的な取扱い方法をしっかり確認しておいてください。

【 アロマテラピー検定で出題される、取り扱い方法の例 】

・肌に原液を直接塗布してはいけない
(付着したらすぐに流水でよく洗い流す)

・精油は内服・飲用しないこと

・不快感が起こったら使用を注意する

・3歳以下の幼児には、芳香浴以外では行わないようにすること

などの項目です。

これらの知識は実際にアロマテラピーを行うときに必ず役立ちます

また、柑橘系の精油(ベルガモットやレモンなど)には、光毒性があります。これは精油が肌に付着したまま日光を浴びると、紫外線の作用で肌が赤くなったりかぶれたりすることを指します。このようなことも忘れずに覚えておきましょう。

※ちなみに芳香浴とは、精油を空気中に拡散させる方法です。アロマランプやアロマディフューザーなどの使用もこれにあたります。

 

「アロマテラピーの利用法」を確認しよう


アロマテラピー検定では、精油の様々な利用法も出題されます。

例えばその利用法のひとつに、沐浴法(湯に精油を滴下してして全身、もしくは一部をつける利用法)がありますが、この方法はさらに細かく分類されます。

【 アロマテラピー検定で出題される、沐浴法の詳細 】

・ 全身浴法

浴槽に湯をはり、5滴以下の精油を落としてよくかき混ぜ、ゆっくりと全身をつける利用法。リラックスするためには38~40℃前後のぬるめの湯、元気を出したいときや目覚ましをしたい時は少し熱めのお湯で、短時間で切り上げる。

・ 半身浴法

みぞおちまでつかる程度のお湯に3滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜて上半身が冷えないようにしてから、汗が十分出るまでつかる利用法。身体の負担が軽くリラクゼーション効果が高い。

・ 足浴法

たらいやポリバケツに熱めの湯をはって3滴以下の精油を落とし、よくかき混ぜてから足首やひざ下までをつける利用法。座ったままできるので、高齢者や体力のない方でも安全に利用できる。

この時覚えておきたいのは、それぞれに適した精油の量と、その利用法がどのような効果をもたらすか、ということです。他にも芳香浴法・湿布法・吸入法など様々な利用法がありますので、確認してみてください。

 

「精油の伝達経路」と「精油の様々な作用」を覚えよう


アロマテラピー検定の試験勉強では、精油が身体に対してどう働くのか、伝達経路を把握しておくのも大切なことです。

【 精油を身体に働く、伝達経路の例 】

・嗅覚
精油の成分が鼻の粘膜から信号となって脳の様々な部分に作用し、身体の調節に関わる。

・皮膚
皮膚の血管に精油成分が吸収され、血流に乗って全身に行きわたる。

・呼吸器
精油の種類によっては呼吸器の粘膜に精油成分が浸透すると、痰を切って咳を鎮める効果がある。

・消化器
消化器から精油成分が吸収され、血流に乗って全身に行きわたる。ただし、AEAJでは内服をすすめていない。

となっていますが、アロマテラピー検定での出題はさらに細かく「脳のどの部分に作用するか」などを問うてくるので、伝達にかかわる部位名を把握しておきます。

そして精油には植物の性質によって「鎮静作用」「抗菌作用」「血行促進作用」など様々な作用があります。このような作用にもどんなものがあるのか、アロマテラピー検定前に、精油と合わせて覚えておきます。

 

「アロマテラピーの歴史」を把握しよう


今日のアロマテラピーが確立するまでには、様々な研究者が関わってきました。古代で植物は薫香やチンキ剤として使われていたのを皮切りに、古代ギリシアやローマ時代を経て中世・近代と、植物の利用法はだんだん高度なものになります。

【 アロマテラピー検定で出題される歴史問題の例 】

・「誰が○○を著した」ということ。

例:)古代ローマの植物学者プリニウス「植物誌」を記した

・「誰が○○を開発した」

例:)14世紀末に、ハンガリー王妃エリザベート1世の「手足の痛み」の治療のため、修道院の僧侶がローズマリーを主体とした 痛み止め薬「ハンガリアンウォーター」を作って献上した。

など、アロマテラピー検定の試験勉強では、主なポイントを時代別に覚えておきます。

 

主な精油の香りを覚えよう


☆ アロマテラピー検定での香り出題法

アロマテラピー検定ではサンプルが配られ「これは何の香りか」という問題も出題されます。

・ 2級では対象10種類の中から出題。
・ 1級では対象17種類の中から出題されます。

※ 出題範囲はAEAJのサイトを確認してください。

この香りを覚える作業は、まずは本物の精油に触れて印象を自分なりに記録しておくことが大切です。

【 アロマテラピー検定での、香り問題の勉強例 】

☆ ラベンダーの精油の香り

少しウッディ―な雰囲気もあるフローラルな香りと称されます。

確かに香りと言うのは、文章だけではイメージがわきにくいものです。「あまり好きではない香り」でも構わないので、それぞれの精油の特徴をつかんでおきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。今回はアロマテラピー検定に備えておきたい、7つの基礎知識になります。

アロマテラピー検定2級が基礎にあたり、1級はさらにそれを発展させたものです。1級ではこれ以外にもアロマテラピーに関わる身体のメカニズムや健康論、精油を希釈して用いる基材(主に植物油)、アロマテラピーに関する法律などからも出題されます。

そしてここでは触れませんでしたが「アロマテラピーと地球環境」についての出題もあります。オゾン層破壊森林破壊地球温暖化などの基本的な環境問題について問われますので、このあたりも確認しておくと安心です。

アロマテラピー検定は、その上位資格であるアドバイザーやインストラクター、そしてセラピストの資格取得の入口でもあります。アロマを仕事にしたい方や、知識をさらに深めたい方はぜひ、ここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

アロマテラピー検定に挑戦!覚えておきたい基礎知識

・精油自体についての歴史や、役割、採油法を覚える
・それぞれの精油の基本的な特徴や採油法を把握する
・精油を扱うための基礎知識、安全な取り扱いを覚える
・アロマテラピーの利用法は、細かい詳細まで把握
・精油の伝達経路や作用は、部位に至るまで細かく覚える
・古代ローマから現代に至るまでのアロマテラピーの歴史
・精油の香りを嗅いで、10種類・17種類のなかから答える

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!