パンジーの育て方に必要な5つの方法

パンジーの育て方に必要な5つの方法冬の花が少ない花壇を様々な色の花で彩ってくれるパンジーは育て方が簡単なので、ガーデニングを趣味にしている人なら必ず育てたことがあるといっても良い花ですよね。パンジーは11月頃から5月頃まで花を咲かせた後、6月には枯れてしまう1年草です。寒さに強くて冬の間は花を咲かせ続けてくれますが、暑さにはとても弱い花です。

夏越えさせることもできると言われていますが、春から秋に咲く花はたくさんあるのでわざわざパンジーに夏を越えさせるために花壇を使う人は少ないでしょう。パンジーの魅力は冬の花壇を彩るばかりではなく、パンジーを植えておくと雑草を抑制してくれるというのも魅力的です。

ガーデニング初心者は夏のペチュニアと冬のパンジーで水やりや育て方の感覚を身につけてから他の花に挑戦すると良いとも言われています。誰でも育てられるパンジーからガーデニングを始めてみませんか。今回はパンジーの育て方に必要な5つの方法についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

胡蝶蘭の育て方で花後も枯れずに花を咲かせる5つの手順

胡蝶蘭の育て方で花後も枯れずに花を咲かせる5つの手順胡蝶蘭はその豪華な見た目から人気がある花ですが、胡蝶蘭の育て方を間違えて花後に枯らしてしまうことも多い花ですよね。胡蝶蘭は東南アジアが原産のラン科の植物で、その名前の由来は花びらの形がまるで蝶が舞っているようであることです。

優美で存在感がある花を次々に咲かせてくれるので、部屋に置いてあるとそれだけで華やかな雰囲気になります。そんな胡蝶蘭は高価で贈答花として使われることが多く、自分用として買う機会はほとんどないせいか、胡蝶蘭の育て方の中で花後の扱い方については知らない人も多いです。

そもそも蘭は花の中でも育てる難易度が高い花な上に、胡蝶蘭は育て方にちょっとしたコツが必要になります。それでもせっかく戴いた胡蝶蘭ですから、なおさら何度も花を咲かせて楽しみたいものです。そこで今回は胡蝶蘭の上手な育て方で花後も枯らさずに次の花を咲かせる5つの手順についてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ジャスミンの育て方に失敗しない6つのポイント

ジャスミンの育て方に失敗しない6つのポイントジャスミンは育て方が難しくないと言われているので、あの甘い香りが好きな人なら自分の家の庭でも可憐な花をいっぱいに咲かせたいと思ってしまいますよね。観賞用だけではなく、お茶や香料にも使われてることでおなじみのジャスミンは古くから親しまれていて、日本でも人気がある植物です。

ジャスミンの原産地はインドやアジア、アフリカと広い地域に分布していて、その種類は200種類以上あると言われています。中国料理店で出されるジャスミン茶はその中のひとつである茉莉花の香りを緑茶に吸着させたもの。

最近では居酒屋などでも焼酎の割材としても人気の飲み物です。ジャスミンは高温多湿を好む植物ですが、最近は品種改良が進んで日本の気候にも合いやすくなっていますが、注意しなければならないポイントがあります。

ジャスミンの育て方を間違えてしまうと花があまり咲かないばかりか、枯らしてしまうことも。せっかく育てるなら、たくさんの花で庭先を飾りたいものですよね。そこで今回はジャスミンの育て方に失敗しない5つのポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

フランキンセンスが注目されている5つの理由

フランキンセンスが注目されている5つの理由古い歴史があり、とても貴重なフランキンセンス。「乳香」と聞くとご存知の方もいらっしゃいますよね。紀元前4000年にはすでに使われていたことをご存知の方も多いはず。実は栽培ができない貴重な木で、新約聖書にはキリストが生誕した際に三博士が「黄金」と「ミルラ(没薬)」とともに贈ったとの記載があることを知る人は少なくないでしょう。

クレオパトラが美の為に使っていたとも言われ、さまざまな美容効果があることでも有名。ボスウェリア属の低木の樹脂であるフランキンセンスは「オリバナム」とも呼ばれ、ほんのり甘く、ほんのりレモンの香り。樹脂なのでそのまま焚いてお香として使うこともあるのですよ。

近代になって、フランキンセンスには素晴らしい可能性が秘められていることが知られるようになり話題になりました。沢山の効能があり、また副作用もないことから医療の現場で使われる日も近いと言われています。そこで今回は魔法の薬のようなフランキンセンスについて注目される5つの理由をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ペパーミントに隠された7つの効能効果とは

ペパーミントに隠された7つの効能効果とはペパーミントをはじめ、あの独特の香りや、食べたときに口に広がるメントールのスーっとした感じが苦手という人がいますよね。実はあのメントールはペパーミントの効能のひとつなのです。苦手だからと言って避けてしまうのはもったいないです。

実はペパーミントの効能は『万能』とも言われています。ハーブとしての生育も楽しいのですが、生のハーブと精油では効果が全く違うところがあり、用途によって使い分けると効能をより実感することができるのです。

お茶として飲んだり、部屋で焚いて芳香浴をしたり、足湯に使ったりと使い道はいろいろ。他の精油と混ぜて、お掃除に使うこともできたりします。ということで、今回はペパーミントの効能効果の中から7つを厳選してお伝えします。

[ →続きを読む… ]