ボックスフラワーの贈り方や保管方法、7つの基本!

ボックスフラワーの贈り方や保管方法、7つの基本!

ボックスフラワーは箱の中に花をアレンジメントしたフラワーギフトです。花束とも鉢植えとも違う、新しいフラワーギフトの形として定着しつつあります。箱の中に花が入っている驚きや、見た目の美しさから、近年人気のある贈り物になってきています。

ボックスフラワーに使われる花材は幅広いですが、大きく分けると生花のボックスフラワーとプリザーブドフラワーのボックスフラワーとがあります。開けた時の華やかさからバラやカーネーションなどが使われることが多いですが、ダリアやアジサイといった花でボックスフラワーを作っても、個性的で素敵なアレンジができるでしょう。箱をキャンバスに見立てて、自由に花を盛り込んでいく楽しさがあります。ボックスの形は四角いものが定番ですが、ハート型やラウンド型のボックスで花を贈ってもかわいい仕上がりになります。

今回はボックスフラワーの贈り方をご紹介するとともに、保存方法にも触れてみたいと思います。ボックスフラワーの魅力と活用方法を知って、花を贈る時の選択肢に加えてみてください。



 

ボックスフラワーの贈り方や保管方法、
7つの基本!

 

サプライズのプレゼントにしよう


ボックスフラワーは、受け取った人が箱を開けるまで何が入っているかわからないドキドキ感があるため、サプライズでの贈り物にぴったりです。贈られてそのまま飾ることのできる手軽さも魅力です。

ボックスフラワーを使った愛の告白やプロポーズは特におすすめです。箱の中に美しい花々が敷き詰められているボックスフラワーはおしゃれですし、開けた時の嬉しい驚きもひとしおです。敷き詰められたお花の中に指輪などのプレゼントを忍ばせて、さらにサプライズするのも素敵です。

 

お誕生日のお祝いにしよう


ボックスフラワーはお誕生日をはじめとする様々なお祝いのシーンを華やかに彩ってくれるアイテムです。相手の嬉しい笑顔を想像しながら花を選ぶのも楽しいものです。いつもと一味違ったスタイリッシュな花の贈り方をしたいとお考えの方にふさわしいフラワーギフトになることでしょう。

大切な方のお誕生日はボックスフラワーで華やかにお祝いしましょう。直接手渡しできない場合でも、ボックスフラワーなら配送を使って気のきいたサプライズの誕生祝いをすることができます。

 

様々な記念日に贈ろう


お誕生日以外でも様々な記念日にボックスフラワーを使うことができます。結婚記念日のプレゼントとしても素敵ですし、母の日や父の日、敬老の日などの贈り物としても喜ばれます。

結婚記念日なら箱の中にとびきりロマンティックな演出をすることができますし、母の日や父の日に感謝を込めた花を贈ることができます。年配の方へのフラワーギフトとしておすすめしたい理由は、花束と違ってそのまま飾ることができる点です。お世話が大変という方にも気軽に贈ることができます。

 

ボックスフラワーを手作りしよう


ご自身でアレンジしたボックスフラワーを贈りたいとお考えの方もいらっしゃることと思います。スタイリッシュなお店にお任せするのもいいですが、心を込めて手作りのボックスフラワーを作るのも素敵です。

まずは箱を用意し、その箱に合わせて吸水性スポンジをカットします。スポンジを箱の縁に押しつけて跡をつけるとカットしやすいです。底に十字に切り込みを入れておくと水がいきわたりやすくなります。セロハンでスポンジの底と側面を包み、四つ角をセロハンテープで留めます。主役の花から挿していき、多彩に花を盛りつけていきましょう。

 

生花の保管方法を知ろう


生花のボックスフラワーは中に吸水スポンジが入っているので、花の隙間から水を与えることができます。吸水スポンジは一旦乾くと水を吸わなくなってしまいますので、乾燥しないよう注意しましょう。水位を確認しながら水を注ぎます。

直射日光のあたる場所は避けて、なるべく涼しいところに置くと花持ちします。乾燥には弱いので、エアコンなどの風が直接当たるところも避けてください。枯れた花は摘むようにして水を注ぎ足していれば、10日前後は楽しめるでしょう。

 

プリザーブドフラワーを使ってみよう


ボックスフラワーの中にはプリザーブドフラワーを使ったものもあります。プリザーブドフラワーでフラワーボックスを贈る魅力は、いつまでも枯れることがないためずっと飾ることができる点です。

プリザーブドフラワーは生花のボックスフラワーよりも、もっとお手入れが簡単です。記念として贈られた花をいつまでも手元に置くことができますし、生花がNGの様々なシチュエーションにも対応できます。多忙なオフィスや花粉のアレルギーがある方にも安心して贈ることができます。

 

プリザーブドフラワーの保管方法を知ろう


プリザーブドフラワーのボックスフラワーの場合、水やりは不要です。生花を加工して作られたプリザーブドフラワーは、水をかけたり湿度が高すぎたりすると、変色や色褪せを起こしてしまいます。また直射日光のあたる場所やエアコンの直風によっても、色褪せすることがあるので注意してください。

長く楽しむことのできるプリザーブドフラワーですが、表面のほこりが気になることもあるでしょう。毛先の柔らかいほこり取りや、チークブラシのようなもので優しくほこりをとってあげましょう。

 

ボックスフラワーの贈り方と保管方法はいかがでしたか。これらの基本を知っておけば、ボックスフラワーをギフトとして贈る際にも、人からいただいた時にも活用することができます。

箱に入っているので持ち運びもしやすく、花束よりも気軽に贈るシーンが増えています。最近ではブリザーブドのボックスフラワーなどになると、花屋さんだけではなく、雑貨屋さんなどでも見られるほどです。

おさえておきたいのは、ボックスフラワーには生花とプリザーブドフラワーがあり、それぞれに管理の仕方があるという点です。とは言っても、ボックスフラワーはほかのフラワーギフトに比べるとずっと扱いやすく、管理が楽です。美しくて飾りやすいボックスフラワーで、いつまでも心に残るプレゼントを贈りましょう。

 

まとめ

ボックスフラワーの贈り方や保管方法、7つの基本!

・サプライズのプレゼントにしよう
・お誕生日のお祝いにしよう
・様々な記念日に贈ろう
・ボックスフラワーを手作りしよう
・生花の保管方法を知ろう
・プリザーブドフラワーを使ってみよう
・プリザーブドフラワーの保管方法を知ろう

自分の本当の運命の人が誰なのか知りたくないですか?

あなたの誕生日や血液型とあなたのヒーリングオーラから情報を元に導き出される『ヒーリングストーン診断』をご存知ですか?

『ヒーリングストーン診断』は口コミで火が付き、今やTVや雑誌でも話題の占術であなたのヒーリングオーラの色から、近い未来に待ち受ける運命を的確に鑑定できます。今ならスピリチュアル鑑定師が個別に作成してくれる「1000文字を超える細かいスピリチュアルカウンセリング」が全員0円で貰えちゃういます。

運命を知りたい・変えたい方は期間限定『全員0円』を是非お試しください!