キャベツの栄養を美容に生かす美味しい食べ方

キャベツの栄養を美容に生かす美味しい食べ方
シャキシャキとした食感が特徴的なキャベツは、サラダやトンカツのお供として食べると美味しいですよね。アッサリとした口当たりなだけに「キャベツの栄養って美容に良いと聞いた事があるけれど、本当なのかな?」と、疑問に思う事があるのではないでしょうか。

実際にキャベツの栄養には、コラーゲンの生成を助ける力があるビタミンCや、便秘解消効果のある食物繊維などといった、美容に嬉しい成分が多く含まれています。

しかし、正しい調理法や下ごしらえが出来ていなければ、せっかくの栄養を逃してしまう恐れもあるのです。

そこで今回は、キャベツの栄養を美容に生かす為の、美味しい食べ方をお伝えします。キャベツを美味しく食べる為の簡単レシピも取り上げていきますので、ぜひチェックしてみてください。

よく噛んで食べる事で満腹中枢を刺激する

キャベツの栄養である不溶性食物繊維は、胃の中で水分を吸収する事によって膨らむので、食べる事で満腹感を与えてくれます。その為、ダイエット効果を感じるには、毎食の食事の前にキャベツを食べると良いでしょう。

また、咀嚼回数が多ければ多いほど満腹中枢を刺激し、食べ過ぎ防止に効果的ですので、キャベツを食べる際は細かく切り刻むのではなく、大きいサイズのまま食べるようにしてください。

食物繊維には便秘解消効果もありますので、ダイエットやデトックスにも効果的です。便秘がちの方や、肌荒れにお困りの女性にとっても嬉しい効果がありますので、ぜひ積極的に摂り入れていきましょう。

サッと水洗いするか、スープにして水溶性のビタミンCを摂る

キャベツの栄養について、ビタミンCも豊富な点が魅力です。キャベツは100g中44mgものビタミンCを含んでいますが、成人が1日に薦められている摂取量は100mgなので、キャベツの葉を3枚ほど食べれば十分、その量を達成できる点が嬉しいですよね。

ビタミンCの主な効能は、コラーゲンの生成を助けたり、風邪を予防する力があります。キャベツの栄養であるビタミンCは水溶性なので、キャベツを長時間水につけっぱなしにしたり、時間をかけて水洗いしてしまうと栄養素を逃してしまう可能性があります。

サラダにする場合にはサッと手早く水洗いすることを心掛けましょう。キャベツをスープにして汁ごと飲む事で、水に溶けだしたビタミンCを逃さずに摂る事が可能になります。

 

色が濃く、ずっしりと重いものを選んで購入する

キャベツの栄養を美容に生かすなら、美味しいキャベツを見極めて購入したいと思うのではないでしょうか。そこで、スーパーや八百屋さんで使える、美味しいキャベツの見分け方をお伝えします。

美味しいキャベツとは

・葉の緑色が濃く、つやがあるもの

・500円玉程度の大きさにまで芯が成長している物

・外側の葉が肉厚な物

・ずっしりと重たいもの

このような条件のキャベツは栄養があり、美味しいです。キャベツを購入する際にはぜひこのテクニックを駆使してみてください!

 

炒め物やスープにすると美味しく栄養を摂る事が出来る

最後に、キャベツの栄養を美容に生かす為の美味しいレシピをお伝えします。簡単に出来るキャベツのスープと、炒め物を作ってみましょう!

キャベツのチリマヨ炒めの作り方

1. 魚肉ソーセージ(1本)を一口サイズにカットする。

2. キャベツ(70g)をざく切りする。

3. フライパンにオリーブ油をひき、卵を半熟状態に炒めたら、一度他の皿に移す。

4. 魚肉ソーセージとキャベツを炒めたら、卵を加え、マヨネーズ(大さじ1)、スイートチリソース(大さじ1)で味付けをして混ぜ合わせる。

5. 火を止めたら、塩(少々)で味付けをして完成!

キャベツとマヨネーズ・チリソースの味付けがマッチして、やみつきになる一品です!「お弁当や夕食のおかずに、もう一品欲しいな…」と感じた時にもサッと作れますので、ぜひ試してみてください。

キャベツのスープの作り方

1. キャベツ(4分の1個)を大きめの千切りにする。ベーコン(4枚)は、1㎝サイズに切る。

2. 玉ねぎ(2分の1個)を薄切りにする。

3. 鍋にオリーブ油(大さじ1)をひき、中火で熱したら、ベーコンと玉ねぎを炒める。

4. 玉ねぎが透き通ってきたら、キャベツ、水(5カップ)、コンソメキューブ(2個)を入れて煮込む。

5. キャベツが好みの硬さまで煮えたら、塩・胡椒(少々)で味付けをして完成!

キャベツをスープにする事で、身体を温めるだけでなく、水溶性のビタミンCを効果的に摂り入れる事が可能です!

 

今回はキャベツの栄養を美容に生かす為の、美味しい食べ方について詳しくお伝えしました。キャベツの栄養には、満腹中枢を刺激し、便秘解消効果もある食物繊維や、コラーゲンの生成を助ける力があるビタミンCが豊富に含まれています。

キャベツの栄養を効果的に感じるには、食事の最初に食べる事によって食べ過ぎを防止したり、水溶性であるビタミンCをスープにして飲む事で、成分を逃さずに摂る事が可能です。

また、キャベツを水洗いする際にはサッと手早く洗う事を意識して、ビタミンCを逃さず効率よく摂取しましょう。今回の記事を読み、「今まで以上にキャベツを積極的に食べたくなった!」と感じたら、ぜひ今回取り上げたレシピを試し、美味しく食べてみましょう。


連記事