えのきの栄養を活かして美肌を手に入れる方法

えのきの栄養を活かして美肌を手に入れる方法
ぷりっとした歯ごたえが美味しい、えのきの栄養を美容に活かして、美肌を手に入れる事が出来たら、嬉しいですよね。えのきの栄養には、便秘解消効果がある食物繊維や、ビタミンB群、ナイアシンといった成分が含まれている為、体内の毒素を排出し、綺麗な肌を作る為のサポートが期待出来るのです!

えのきの栄養を活かすには、えのきの保存方法や、調理法を少し工夫するだけで、成分を逃がさず、効果的に摂り入れる事が可能になりますので、詳しく知りたいのではないでしょうか。そこで今回は、えのきの栄養を活かして美肌を手に入れる方法について、お伝えします。スーパーで安く購入出来るえのきは、経済的にも嬉しい食材ですので、上手に活用してみましょう!

洗わずに、そのまま冷凍保存してみよう

えのきは、スーパーで安く購入出来るキノコで、鍋やすき焼きなどの料理に使ったり、和え物、炒め物にするなど、非常に多くのアレンジ法がありますので、便利な食材でもありますよね。

「えのきの栄養をたくさん摂り入れたい!」と、感じたら、えのきに含まれる成分を逃さずに保存・調理したいと思うのではないでしょうか。そこで、まずはえのきの栄養を活かす為の注意点をお伝えします。

えのきは水分に弱いため、水で洗ってしまうと、栄養が逃げてしまう原因となりますので、洗わずにそのまま保存するようにしてください。えのきの保存方法は、半分ほどの大きさに切ってから、密閉可能な袋に入れて、冷凍保存する事で、2週間ほど鮮度をキープする事が出来ます。

冷凍する事で、えのきの栄養を守っている細胞壁を壊し、美肌に良い成分を効果的に美味しく摂り入れる事が出来ますので、ぜひ試してみてください。

 

ゴボウやワカメなどと食べ合わせ、食物繊維を美味しく摂り入れよう

えのきの栄養が美肌に良い理由は、食物繊維を豊富に含んでいる為です。水溶性食物繊維と、不溶性食物繊維、どちらの食物繊維も含んでおり、腸の活動をサポートしてくれる為、便秘解消効果・デトックス効果をもたらしてくれます。その結果として、体内の毒素を排出し、美肌に良いとされているのです。

えのきの栄養は、肌荒れや、便秘でお悩みの方の救世主となるでしょう!えのきは、100gあたり22カロリーと、低カロリーですが、食物繊維を豊富に含んでいるおかげで、お腹一杯食べたい人に満腹感を与える事も可能ですので、ダイエット中の方にとっても嬉しい食材ですよね。

効果的な食べ合わせとしては、同じく便秘解消効果がある、ゴボウやワカメなどと一緒に食べる事がおススメです。ぜひ炒め物や、スープにして効能を活かし、スッキリ感を感じてみましょう!

 

お味噌汁や炒め物にして、栄養価の高い石づきの部分ごと食べよう

美肌を目指したい人にとって、えのきの栄養に、ナイアシンが含まれている点も見逃せません!

えのきに含まれるナイアシンの量は、100g中6.8mgと、豊富です。ナイアシンは、3大栄養素(脂質・炭水化物・たんぱく質)の代謝をサポートしてくれる、補酵素としての役割を担っています。毎日の食事と合わせて、積極的に摂り入れたい栄養素ですよね。

えのきの栄養である、ナイアシンの効能は、皮膚を健康に維持する事で、この成分が不足してしまうと、手や足、顔などに炎症が起きるとされていますので、健康的な美肌をキープしたい方にとっては、必ず摂取しておきたい栄養素です。

ナイアシンには、アセトアルデヒドを分解する役割がありますので、お酒を飲み過ぎてしまった日に食べる事で、二日酔いも予防出来るとされています。

えのきの栄養は、石づきの部分に多く含まれていますので、カットせずにそのままの形で食べる事がポイントです。お味噌汁の具にしたり、炒める事で、えのきの栄養を活かしてみてください。

 

水洗いする際はサッと洗い、ビタミンB群を逃さないようにしよう

ビタミンB群の豊富さも、えのきの栄養のポイントです。ビタミンB1やビタミンB2を含んでいる為、活き活きとした身体造りのサポートをしてくれます。

特にビタミンB2は、皮膚や粘膜を正常に保つ上に、細胞を再生する為に使われる栄養素でもありますので、若々しい美肌を手に入れたい方にとっては、必ず多く摂り入れたいですよね。

ビタミンB群は、水に溶けやすい性質ですので、えのきを水洗いする際に、サッと洗う事で、栄養を逃さずに食べる事が出来るでしょう。スープや鍋に使う際にも、えのきのみを食べるのではなく、汁もしっかりと飲む事で、栄養をしっかりと摂る事が出来るでしょう。

 

今回は、えのきの栄養を活かして美肌を手に入れる為の方法について、お伝えしました。私たちにとって身近な食材である、えのきの栄養には、便秘解消効果や、健康的な皮膚の再生・維持といった効能がある事を知り、意外に感じたのではないでしょうか。

「えのきって、あんなに細々としているのに、栄養満点でコスパが良いんだな~」と、嬉しく思いますよね。えのきの栄養を活かすには、水で洗わずに密閉して冷凍保存し、使用する際にはサッと水洗いした上で、栄養を多く含んでいる石づきの部分ごと食べる事がポイントですので、ぜひ試してみてください。

今回の記事を読み、興味が湧いたら、ぜひ炒め物やスープ、鍋の具材として、えのきを積極的に食べ、美肌を目指しましょう!


連記事