季節の花を楽しむ☆プロが愛する庭に植えたい花々とは

季節の花を楽しむ☆プロが愛する庭に植えたい花々とは
季節の花が四季折々に素敵に彩る庭は、ガーデニングを楽しみたいと思っている人であれば、誰しもが憧れる理想の庭ですよね。

しかし季節の花を楽しむために、季節ごとに植え替え作業に明け暮れて、結局一年中せわしなくガーデニングしているとしたら、よっぽど土いじりが好きな人でなければ、楽しむ前に疲れてしまいそうですよね。

そこで今回は、プロが庭作りを行う時によく使う、プロの愛するおすすめの、季節の花々をお伝えします。

プロが愛する花というと、育てるのが難しいように聞こえるかもしれませんが、実はプロは作業を少しでも楽にしてくれるような効率のいい花を取り入れながら、季節の花が楽しめる庭造りを行っているもの。

素敵な庭造りのヒントが隠されているので、ぜひ参考にしてください。



 

季節の花を楽しむ☆
プロが愛する庭に植えたい花々とは

 

ガーデニングを楽にしてくれる花選び


季節の花を楽しみたいけれど、季節ごとに植え替えをしないといけないのは大変。でもプロの作った庭には、いつもどの季節にも花が絶えず咲いているもの…。

これは、プロが根っから土いじりが好きで、四六時中植え替え作業を行っているから…、ではなく、プロは効率よく季節の花が咲く庭を造ることができるから!

プロが四季を感じられる庭造りのために愛用するのは、ガーデニングを楽にしてくれる、植えっぱなしでもOKの季節の花なのです。

【 季節の花を楽に楽しむ、多年草 】

★ 植えっぱなしでもOKの花とは、多年草

・ 一度植えてしまえば開花の時期が終わった後も、その花が苦手な季節を休眠などしながら過ごし、また開花の季節になればきれいな花を咲かせて、毎年のように楽しむことのできる植物のことです。

多年草は花が咲き終わったら花だけが枯れて、葉を残して次の開花シーズンを待ちます。ただ、多年草の中には宿根草といって、根だけが残り地上の部分は枯れてしまうものも。例えば、スイセンなどの球根を持った花も、宿根草の一種です。

こういった多年草を
うまく庭に取り入れることで、上手に季節の花を咲かせていくのが、ガーデニングをより楽しむためのちょっとしたコツになります。

 

春に咲く多年草


春の季節の花と言えばムスカリ。冬が過ぎ少しずつ春の暖かい陽射しが近付いてきた頃に、青い花を咲かせて、春の訪れを知らせてくれるのがムスカリです。

球根植物ですが、植えっぱなしでお手入れも不要なので、いち早く春の訪れを感じたくてムスカリを庭に植えるガーデナーは多いかもしれません。そしてもうひとつ、有名な春の季節の花があります。

【 季節の花を楽しむ:春 】

★ それは、マーガレット!

・ 素朴なナチュラルな雰囲気が魅力で、誰もが知っているであろうマーガレットの花もまた、多年草の一種。

毎年可愛い花を咲かせてくれ、年が経てば経つほど丈夫になっていくので、庭での育て甲斐があるのも魅力です。

 

夏に咲く多年草


夏の季節の花でも多くのプロがすすめる花が、レインリリー。梅雨で雨が降った後に一斉に花を咲かせ出すことからその名前を持つレインリリー。

レインリリーというのは正式名称ではなく、ゼフィランサスやハブランサスなどの品種の愛称。ユリの花に良く似た可憐な花が特徴です。そしてもうひとつ、初心者にプロがすすめる季節の花がコチラ。

【 季節の花を楽しむ:夏 】

★ インテリア性が高く、アクセントになるクレマチス

・ つる性植物の女王とも称されるクレマチスは、イングリッシュガーデンでは最も定番の花の1つです。

つるを活かして壁やアーチなど、様々なデザインのガーデニングに取り入れることができるのでとても重宝します。

 

秋に咲く多年草


秋の季節の花のなかでのおすすめは、シュウメイギク。秋の訪れを感じさせてくれる風情のある花が、シュウメイギクです。日本の気候にもよく馴染み、冬には一旦枯れますが春にまた芽吹いてくれるとても強い植物なので育てやすく人気!

キクという名前がついていますが、アネモネの一種で、白またはピンクの清楚な花を咲かせてくれます。

【 季節の花を楽しむ:秋 】

★ 西洋で人気のリコリスは、日本でもおすすめ!

・ 彼岸花の仲間にあたるリコリスは、日本では彼岸花の印象のせいかあまり見かけませんが、西洋ではとてもポピュラーな秋の花です。

「ショウキズイセン」や「ナツズイセン」といった品種があったり、英語では「スパイダー リリー」などユリの名前がついているように、スイセンやユリの花に良く似た小さな花を茎先にいくつも咲かせてくれます。

 

冬に咲く多年草


冬の季節の花、ガーデナー初心者に大人気の花と言えば、パンジーやビオラ!花の少ない季節である冬に、鮮やかな色の花を長く咲かせてくれる、パンジーやビオラは冬のガーデニングには欠かせない花。

花の色も多く、好みによって色を選ぶことができる一方で、初心者でも扱いやすいお手入れの簡単さから、冬の花としてまず最初にパンジー・ビオラを選ぶガーデナーは多いのです。

【 季節の花を楽しむ:冬 】

★ 近年ガーデナーの間で人気の花が、クリスマスローズ。ローズと名前についていますが、バラの仲間ではないありません。

・ 黒やグレーや少しくすみがかったピンクなど、他の花にはないニュアンスのある色の花を咲かせるのが人気の理由の1つです。

儚げな咲き姿とは対照的に、とても丈夫な植物なので育てやすさも魅力です。

 

いかがでしたでしょうか、ちょっとした基本の知識とアイデアがあれば、ガーデニングの作業も軽減されて、もっとガーデニングを楽しむことができかもしれません。

見た目が好きな花を育てることは、もちろん、ガーデニングの楽しみの一つで、ガーデニングをする基本ですが、ただ好きな花だけを育てていては、いつでも季節の花が楽しめるような花の耐えない庭造りはなかなか実現させることができません。

見た目が好きな花を中心にしながら、プロが庭造りに愛用するような季節の花も一緒に育てて、いつもどこかで花が咲いている、そんな素敵な庭造りにお庭を改革してみてはいかがでしょうか。

四季折々に変化する庭をイメージしながら、是非、季節の花に溢れた生活を楽しんでください。

まとめ

プロに人気の季節の花々

・多年草で毎年楽しむ
・春はムスカリやマーガレット
・夏に咲く、レインリリーやクレマチス
・秋のシュウメイギクやリコリス
・冬に咲く、ビオラやクリスマスローズ