トイレに置く観葉植物☆日陰でも丈夫に育つおすすすめとは

トイレに置く観葉植物☆日陰でも丈夫に育つおすすすめとは
トイレに観葉植物を置くことで、爽やかな雰囲気を演出することができます。殺風景になりがちなトイレ。緑豊かな観葉植物で爽やかに飾ることができたら素敵ですよね。観葉植物の中には空気の浄化作用に優れたものも多く、トイレの環境改善にもおすすめ!

しかし、トイレは湿気が多い上に日の光もあまり入らないため、植物を育てるのには適した環境ではありません。だから、いざ育ててみても元気が出ず、すぐに枯れてしまった、という経験をされたことのある方も、多いのではないでしょうか。

実は、トイレで観葉植物を育てる場合には、環境にあったものを選んで育てるのが大切!ではトイレに観葉植物を置くとしたら、どんなものが良いか気になりますよね。

そこで今回は、そんな日陰や湿気でも丈夫に育つ、トイレに適した観葉植物をピックアップしてお伝えします。



 

トイレに置く観葉植物☆
日陰でも丈夫に育つおすすすめとは

 

星型の葉っぱが可愛いアイビー


星型の葉っぱが特徴的なアイビーは、生命力が強いことで人気の観葉植物。日陰にも大変強く、日の光があまりは入らないトイレでの栽培にもおすすめです。

【 トイレの観葉植物、アイビー 】

★ また、寒さにも強く滅多なことでは枯れないため、そのまま冬も越すことも可能。

・ トイレは冬になると意外と冷え込み気温が下がるので、越冬の心配がないのもポイント!

 

白いまだら模様が特徴なポトス


ハート型の大きな葉っぱと、白いまだら模様の可愛いポトスは、観葉植物の定番!生命力が強く、比較的どんな場所でも良く育つことから人気があります。

【 トイレの観葉植物、ポトス 】

★ 基本的に明るい場所を好むポトスですが耐陰性もあるので、トイレの観葉植物としても育てられる植物。

・ ただし、光量が足りないとチャームポイントのまだら模様がなくなり、緑一色になってしまうので注意してください。

トイレで育てる際には、できるだけ日の当たる窓際で育てるのがおすすめ。もしくは時々窓際で日光浴をさせてあげるのも、良いかもしれません。

 

生命力が強い、フィカス・プミラ


小さなまだら模様の葉っぱがかわいいフィカス・プムラも、ポトスと同じく生命力の強いトイレに適した観葉植物。

【 トイレの観葉植物、フィカス・プリムラ 】

★ 耐陰性もあり、比較的どこでも育てることができるので、トイレの観葉植物にもおすすめ!寒さにも強く、凍りさえしなければ枯れる心配もありません。

・ 成長が早く根詰まりを起こしやすいので、数年に1回程度は植え替えを行うと元気に育ちます。育てやすく、初心者の方でも安心できるのも魅力!

 

インテリアにピッタリなシュガーバイン


シュガーバインは、小さな5枚の葉っぱを広げる姿が可愛らしいつる性植物。伸びたツルはアレンジしやすく、インテリアとしても人気!

【 トイレの観葉植物、シュガーパイン 】

★ こちらも基本的に日当たりを好む観葉植物ですが、耐陰性もあるため、トイレでも育てることができます。

・ この植物も、トイレで育てる場合は、出来るだけ日の光が当たる窓枠近くに置いてみてください。

 

フラワーアレンジでも人気のアジアンタム


アジアンタムは、小さな葉っぱが多く生い茂るように生える観葉植物で、フラワーアレンジメントでも人気があります。とっても育てやすい植物。

ただし乾燥に弱く、水が少なかったり空気が乾燥していたりするとすぐに葉がチリチリになって枯れてしまうので注意!

【 トイレの観葉植物、アジアンタム 】

★ エアコンの風に当たるだけでも葉が傷ついてしまうことがあるのが、アジアンタム。

・ なので、エアコンの風の当たらないトイレは、アジアンタムにピッタリの環境なのです。

 

トイレと相性バッチリなプテリス


尖った葉と白い模様が特徴的なプテリスは、シダ科の観葉植物。なので、直射日光を嫌い、トイレなどの日陰でも良く育ちます。

アジアンタムと同じく多湿を好み、乾燥していると葉がチリチリになって枯れてしまうので、湿気の多くなりがちなトイレの観葉植物としてはピッタリ!

【 トイレの観葉植物、プテリス 】

★ 育て方もアジアンタムとよく似ており、水切れを起こすとすぐに葉が枯れてしまいます。

・ 育てる際にはよく水を与えるようにするのがポイント。丈夫なので、冬場も5℃までなら耐えてくれます。

 

フワフワした見た目のセラギネラ


セラギネラはおしゃれなコケの様な見た目の観葉植物。フワフワした見た目のため、クッションモスとも呼ばれており、こちらの名前で流通していることも。初心者にも育てやすい他、土を使わないハイドロカルチャーで育てやすいのも魅力!

【 トイレの観葉植物、セラギネラ 】

★ 見た目通り、日陰で湿度の高い場所を好みます。

・ 逆に乾燥にはとても弱いので注意してください。結構丈夫で、寒さにも強く冬もそのままで大丈夫!

 

いかがでしたでしょうか、ここまでトイレにおすすめの日陰に強い、トイレに適した観葉植物をお伝えしてきました。今回お伝えした植物は基本的にどれも頑丈で、育てやすいものなので、初心者にもおすすめなのも魅力のひとつ。

ただし、耐陰性があるといっても、完全な暗闇では、ほとんどの観葉植物が育ちません。なので、レース越しに日の光が当たる窓際に置いて、育てるようにしたいところ。

今回お伝えしたように、一般的には日当たりの良い環境を好む植物が多いなか、むしろ直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまったり、日陰でこそ丈夫に育つ植物は「シェードプラント」などと呼ばれ、最近では日陰スペースで可愛く育てる「シェードガーデン」を作る方も多いほど、人気になっています。

じめじめ陰気な雰囲気ではなく、とても可愛いのが嬉しいのではないでしょうか。この記事を参考に、ぜひ自宅のトイレにあった観葉植物を見つけて、栽培にチャレンジしてみてください。トイレに観葉植物を置き、快適な毎日を過ごしちゃいましょう!

まとめ

トイレにおすすめの観葉植物

・日陰に強いアイビー
・観葉植物の定番ポトス
・育てやすいフィカス・プミラ
・つるがおしゃれなシュガーバイン
・アジアンタムは乾燥に注意
・トイレにピッタリのプテリス
・ハイドロカルチャーにもおすすめなセラギネラ


連記事