枝豆の栄養が注目されている秘密☆効能と効果的な食べ方

枝豆の栄養が注目されている秘密☆効能と効果的な食べ方
枝豆の栄養は、特に女性への効果を中心に多くの世代、性別に役立つ嬉しい効果が期待できるのですが、実際にはあまり気にして食べたことはありませんよね。

どちらかと言えば、ちょっとしたビールに添えるおつまみ程度に考えている方が多いのではないでしょうか。最近では冷凍の枝豆の多く市販され、水に浸けるだけで手軽に調理できるのも魅力です。

けれども枝豆の栄養は、もともと大豆がまだ若い内に収穫する野菜だけに、大豆の「黄金の大地」と、野菜が持つ栄養素である、ビタミンの良いところ取りができます。

子どもも大好きな野菜、手軽に調理できる枝豆ですが、栄養は知れば知るほど嬉しいものばかり、毎日でも食べたくなること、間違えありません。

そこで今回は、知ると毎日食べたくなる、特に女性に嬉しい枝豆の栄養をお伝えします。

 

枝豆の栄養が注目されている秘密☆
効能と効果的な食べ方

 

妊婦さんの疲労回復に役立つ

まず枝豆の栄養で欠かせないものはビタミンB1、疲労回復ビタミンとも呼ばれ、糖分をエネルギーに変える時に必要な栄養です。糖分がエネルギーに変わるため、糖尿病などにも役立ちます。

【 枝豆の栄養は妊婦にも役立つ 】

★ この枝豆の栄養の良いところは、妊婦さんも食べられる点で、ビタミンB1の他にも、妊婦さんに必要な葉酸も豊富に含まれています。

・ 葉酸はデパートのマタニティコーナーにもサプリメントが並んでいるほど、妊婦さんには摂取して欲しい栄養素です。

しかも妊婦さんに多い貧血の悩みを解決する鉄分も、枝豆の栄養には豊富に含まれているので、ぜひ、毎日に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエット女子が枝豆に頼る理由

さらに枝豆の栄養は、妊婦さんだけではなく多くの女性が気にしている、ダイエットの悩みにも役立ってくれます。

【 枝豆の栄養をダイエット女子に 】

★ 枝豆の栄養素メチオニンは、脂肪燃焼を促進する「L-カルニチン」を生成するためには不可欠な成分です。

・ しかもこのL-カルニチンは、年齢とともに減少してしまうため、ダイエットをしたい方には貴重な栄養素でもあります。

さらに枝豆の栄養には、利尿作用に効果的なカリウムも豊富に含まれているため、むくみも改善されるのです。

さらに注目したいのは枝豆の食物繊維、枝豆の場合、不溶性食物繊維が豊富なため、腸内に溜まった老廃物をくるっと包みながら、腸のぜん動運動を刺激しながら排出してくれます。

 

女性の美容に枝豆の栄養が役立つ

さらに枝豆の栄養に含まれるイソフラボンは、野菜のビタミンではなく「大豆の栄養」からの恩恵で、女性ホルモンと似た成分です。これが女性のあらゆる美容に役立ってくれます。

【 枝豆の栄養で女子力アップ 】

★ まず特筆したい美容効果が美肌効果で、イソフラボンに加えてビタミンCも豊富な枝豆は、しみシワ改善にも効果的です。

・ さらに女性ホルモン力アップによって、バストアップ肌のキメを整えてくれます。

さらにはビタミンEやサポニンと言った枝豆の栄養素が、血液の流れを良くして体温を上げ、代謝を良くしてくれますので、お肌の新陳代謝もアップします。

 

シニア世代こそ食べたい枝豆の栄養

前項でお伝えしたイソフラボンですが、女性ホルモンと似た役割を果たしてくれるため、更年期障害にもおすすめです。ただ、更年期障害を楽にするために活用するなら、早いうちから食べ始めることをおすすめします。

【 シニア世代におすすめの枝豆の栄養効果 】

★ 女性の閉経後、急激に増える骨粗鬆症を予防するなら、閉経前から長く摂取してください。

・ さらに男性にも枝豆の栄養をおすすめするのは、コレステロール値をコントロールしてくれることが理由です。

この、コレステロールを体外に効果的に排出してくれる枝豆の栄養は、成人病の他、ガン予防、アルツハイマー予防にも役立つとされています。

 

枝豆を食べる時の注意点

特に40代以降の女性には、これだけ嬉しい枝豆の栄養が詰まっているのですが、他の食べ物でも同じように、「適度に」食べることもポイントです。

枝豆はダイエットにも役立ちますが、本来カロリーも高い食べ物であるため、食べ過ぎは良くありません。

【 枝豆の栄養を摂取する時の注意点 】

★ 一回(一日ではありません)の目安は25莢前後、カリウムの豊富な枝豆ですが、塩を振ってしまうとむくみにも繋がるため、栄養摂取を目的とするならば、塩も控えて食べてください。

・ さらにビールのおつまみとして食べると、ビールのアルコールとの相性により、尿酸が急激に上がる傾向があります。

ビールのおつまみにするにしても、「適度に食べる」を意識すれば大丈夫です。

 

いかがでしたでしょうか、今回は日頃気軽に食べている枝豆の栄養と、その効果についてお伝えしました。枝豆の大豆から得た栄養と、野菜としての栄養、その豊富さに驚いた方もいるのではないでしょうか。

特に枝豆のイソフラボンは、女性ホルモンの乱れで起こる、さまざまな悩みに効果を発揮してくれます。更年期障害だけではなく、若い世代でも悩む方の多いPMSや月経不順、月経痛などにも試したい食べ物です。

また、男性には疲労回復だけではなく、二日酔いや悪酔いを改善・予防する効果も期待できます。そう考えると、お酒のおつまみとして食べる方法も、適量であれば良い作用を促してくれることになりますよね。

枝豆は家庭菜園でも初心者向きの野菜として有名で、簡単に収穫できるので、ベランダで育てるのも面白いかもしれません。上手に枝豆の栄養を摂って、毎日の健康に役立ててください。

まとめ

枝豆の効能と食べる時の注意点

・枝豆で疲労を回復する
・葉酸や鉄分と妊婦さんにおすすめ
・脂肪燃焼効果とむくみ改善でダイエット
・イソフラボンは女性ホルモンの役割をする
・イソフラボンが美肌やバストアップに役立つ
・コレステロール値を下げる
・一回25莢くらいで、適度に食べる


連記事