ピーナッツの栄養で美しく☆女性におすすめの理由とは

ピーナッツの栄養で美しく☆女性におすすめの理由とは
ピーナッツの栄養が女性を美しく、若々しくしてくれるなら、スーパーでも気軽に手に入る食品だけに、毎日でも取り入れられそうですよね。

ピーナッツをはじめとしたナッツ類は、一部の女性には「脂質が高い」「ニキビの原因になる」と、イメージだけで敬遠されがち…。けれども実はその反対!

確かにダイエット食品や海藻などと比較すると、カロリーは高めではありますが、一日の摂取量を守って上手に食べれば、ダイエットさえサポートしてくれるのです。

ダイエットの大敵とされる脂肪ですが、だからと言ってあまりに食べないのも問題。良質な脂肪と栄養素で、美しく艶々肌になりながら痩せることができるのなら、それに越したことはありません。

特に40代50代のダイエットサポート、アンチエイジングにピーナッツの栄養は大活躍!そこで今回は、毎日食べて美しくなるピーナッツの栄養と、おすすめの食べ方をお伝えします。

 

ピーナッツの栄養で美しく☆
女性におすすめの理由とは

 

ピーナッツの脂質はちょっと違う

ナッツ類の多くに言えることですが、ピーナッツの主成分である脂質はスナックなどに含まれるものとは少し違います。その特徴は、「不飽和脂肪酸」

【 ピーナッツの栄養☆サラサラ血液を促す脂質 】

★ オリーブオイルの成分として注目され、アンチエイジングを目指す多くの女性に愛された脂質が、不飽和脂肪酸。ピーナッツの場合には「オレイン酸」と「リノール酸」が含まれています。

・ オレイン酸は、血液をドロドロにしてしまう悪玉コレステロールを撃退!

善玉コレステロールだけ残してくれるので、血液をサラサラにしてくれるのです。一方リノール酸は、血圧を下げてくれます。

 

お肌の生まれ変わりをサポート!

ピーナッツの栄養にはアンチエイジングに作用する成分がたくさん!まずはアーモンドで有名なビタミンE

【 ピーナッツの栄養☆抗酸化作用 】

★ これらのピーナッツの栄養分は、老化の原因となる酸化を防いでくれる「抗酸化作用」に優れています。

・ ビタミンEは体内で作りだすことはできないので、ピーナッツを積極的に食べたいところ!

 

これぞピーナッツの神髄、「レスベラトロール」

そしてもうひとつ、アンチエイジングで注目したいピーナッツの栄養素がポリフェノールの一種、「レスベラトロール」です。

細胞が分裂することでお肌は生まれ変わり、若々しく保ってくれますが、そのために必要な体内の染色体が「テロメアDNA」

ただ、このテロメアDNAは細胞分裂を繰り返すと短くなる性質があるため、細胞分裂の一生の回数には制限があります。テロメアDNAが短くなってなくなれば、細胞分裂は望めず老化が進むばかり…。

【 ピーナッツの栄養☆お肌の生まれ変わり 】

★ そんな細胞分裂ごとに減ってしまうテロメアDNAを増やしてくれる有難い栄養素こそ、ピーナッツの栄養に含まれる「レスベラトロール」

・ 定期的にピーナッツを摂取量を守りながら食べて行けば、テロメアDNAの増加に繋がり、お肌の生まれ変わりをサポートしてくれるのです。

 

レスベラトロールの、もうひとつの効果

冒頭でお伝えしたように不飽和脂肪酸も充分に血液サラサラにしてくれるのですが、レスベラトロールも血液をサラサラにしてくれるパワーがあります。

そもそもレスベラトロールはポリフェノールの一種、赤ワインにも含まれているので、赤ワインと一緒に食べて相乗効果を狙っても◎。ただ、アンチエイジングだけが、その効能ではありません。

【 ピーナッツの栄養☆ガン予防 】

★ レスベラトロールがガンの腫瘍内で、ガン細胞をやっつける成分「ピセアタンノール」に変化。

・ ガン細胞に反応するため、ガンになっている細胞のみをやっつけてくれるのです。

そしてこのレスベラトロールを摂取したいなら、ピーナッツの渋皮ごと食べることがポイント。この赤味のある部分に、レスベラトロールが多く含まれています。

 

穏やかになりたい!脳の活性化

ピーナッツの栄養は体の美容だけではなく、脳にも働きかけて、女性の穏やかな暮らしもサポートしてくれます。

【 ピーナッツの栄養☆穏やかな気持ちに 】

★ その理由が「レシチン」。ストレスで興奮しがちな神経に働きかけてくれるので、イライラに効果を発揮!

・ ともすればストレスフルな生活で疲れてくると、ついついヒステリックになりがちな感情を、穏やかにしてくれるのです。

しかもレシチンは脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの一成分であるため、脳を活性化!気持ちを穏やかにしてくれるだけではなく、記憶力も強化、勉強や仕事でも大活躍してくれます。

 

ピーナッツの食べ方

これだけ美容や健康に嬉しいピーナッツですが、確かにナッツ類は皆、カロリーが高い食品。そのため、食べ過ぎるとカロリーオーバーになり兼ねません。

【 ピーナッツの栄養☆一日の摂取量 】

★ ピーナッツを美容や健康に生かして食べるには、一日の摂取量を守るのが必須!ピーナッツは一日25粒前後が目安です。

・ 少なくとも30粒以上食べることは避け、前項でお伝えしたように渋皮付きのローストピーナッツがおすすめです。

ナッツ類に多い塩分などの味が付いているタイプは、カロリーも高くなり塩分量が増えてしまうのでNG。素で炒っただけのローストピーナッツ、もしくは落花生を選んでみてください。

 

いかがでしたでしょうか、今回はスーパーなどで手軽に手に入りながら、アンチエイジングに健康、ダイエットまでサポートしてくれる、ピーナッツの栄養についてお伝えしました。

近年ではピーナッツをはじめとしたナッツ類の栄養が見直され、一時は「ニキビの原因!」「高カロリー」、と女性に敬遠されてきたピーナッツも、再び愛されるようになっています。

やはりお酒のお供などに、そのままいただくのが最も食べやすい方法ですが、渋皮こそ食べて欲しいピーナッツの栄養、「渋皮が苦手!」と言う方であれば、ペースト類を選んでもOK!

実はピーナッツの栄養にはヨーグルトで知られるビフィズス菌や、甘味料としても販売されているオリゴ糖も含まれ、整腸作用も抜群!

一日に決められた摂取量を守って、美味しく美しく、健康になっちゃいましょう!

まとめ

ピーナッツの栄養と効果的な食べ方

・ピーナッツの脂質は血液をサラサラにする
・ビタミンEの抗酸化作用で若返り
・レスベラトロールでお肌の生まれ変わり
・レスベラトロールはガン予防にもなる
・ピーナッツは渋皮まで食べる
・レシチンで心も穏やか、脳も活性化!
・一日25粒前後までの摂取量を守る


連記事