プルーンの効能を食べつくす☆美容におすすめの食べ方とは

プルーンの効能を食べつくす☆美容におすすめの食べ方とは
プルーンの効能は美容に大活躍!キレイに敏感な女性の間では今や常識として、毎日のおやつや間食に取り入れられているほどですが、一般的には「便秘に役立つ」ことで有名ですよね。

もちろん、プルーンと言えば便秘解消、実際に食物繊維が豊富なことでも有名です。ただ、プルーンの効能を理解しながら、上手に食べて行けば、便秘解消だけではなく、あらゆる女性の悩みに効果を発揮!

ダイエッターにもアラフォー女性にも、年代問わず多くの女性に愛されているのは、あらゆる女性の美の悩みを解決してくれるパワーがあるから…。

確かにスーパーのなかでも少し高めのおやつになりますが、これで美しさを手に入れ、維持できるのなら、試さない手はありません。

そこで今回は、キレイを意識する女性の定番にもなるほど愛されているプルーンの効能と、効果的な食べ方をお伝えします。

 

プルーンの効能を食べつくす☆
美容におすすめの食べ方とは

 

ダイエッターにプルーンが人気!

まず、プルーンの効能が効果を発揮するのはダイエット。冒頭でお伝えしたように、食物繊維が豊富であるため、ダイエットの大敵である便秘の解消に役立つのがひとつの理由。

【 プルーンの効能☆ダイエット 】

★ プルーンの水溶性植物繊維で腸の善玉菌を増やすだけではなく、「ソルビトール」が含まれ腸を刺激、便秘解消に導いてくれるのです。

・ しかもカリウムが多く含まれるプルーンは利尿作用も期待大!むくみを解消してくれるため、スリムな脚もサポートしてくれます。

プルーンは100gで50カロリーほどが目安ですが、「GI値」が低い(29)のが特徴で、血糖値が他の甘い食品と比べても、比較的上昇率が低いのです。

【 プルーンの効能☆便秘解消! 】

★ ダイエットの大敵、便秘解消にプルーンの効能を活用するなら、断然腸内環境を改善する、ヨーグルトと食べるのがベスト。

・ 豆乳などとも相性が良いので、一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

アンチエイジングとしては抜群

さらに近年プルーンが女性に人気を集めている理由が、アンチエイジング効果。食品のなかでは抜群に抗酸化作用があることで、アラフォー、アラフィフ世代に愛されているのです。

この秘密は「ネオクロロゲン酸」と言う、赤ワインで知られるポリフェノールのひとつ。

【 プルーンの効能☆アンチエイジング 】

★ さらに閉経を迎える時期には女性ホルモンが激減するため、美容面だけではなく、骨粗鬆症などの心配もありますが、プルーンには骨粗鬆症を予防する、カルシウムやマグネシウムが豊富!

・ 更年期障害などが起こる時期にプルーンを多く食べることで、女性ホルモンの変化により起きる問題に対応、コレステロールの上昇にも対応してくれるのも嬉しいポイント。

しかも血流を良くして代謝を促すビタミンEも多く含まれ、その相乗効果で、よりアンチエイジングをサポートしてくれます。

【 プルーンの効能☆アンチエイジング 】

★ そんなプルーンの効能をアンチエイジングに活用するなら、ワインのお供に食べると抜群の効果が期待できること、間違えありません。

 

妊婦さんにもおすすめしたい、プルーンの効能

プルーンは鉄分も含まれているため、妊婦さんの心強いサポーター、アメリカなどの海外では、産院でプルーンジュースを出しているほど!

サプリメントを飲まずともプルーンを常飲していれば安心です。

【 プルーンの効能☆妊婦さん 】

★ プルーンが妊婦さんにおすすめなのは、鉄分が含まれているだけではなく、「血を造るビタミン」が豊富なため!

・ 妊婦さんには欠かせない葉酸の他、疲労回復として有名なビタミンBは、血を造るビタミンとしても有名。ビタミンCやB6と、正に妊婦さんのためのフルーツ!

妊婦さんはとにかく貧血になりがち。さらに妊婦さんが悩むことの多いむくみ対策にもプルーンの効能は有効で、キウイと一緒にデザートにすれば、むくみに効いてくれるはずです。

【 プルーンの効能☆鉄分補給 】

★ 貧血対策にプルーンの効能を活用するのであれば、レーズンやイチゴと一緒に食べるのがおすすめ!

・ 鶏肉と調理して食事にしても、相乗効果が期待できます。

 

プルーンはドライフルーツがおすすめ

そんな女性に嬉しいことばかりのプルーンの効能ですが、生のプルーン、つまりプラムを食べるよりも、スーパーでも良く見かけて手軽に食べられるドライプルーンがおすすめです。

【 プルーンの効能☆ドライプルーン 】

★ 他の果物がそうであるように、やはりドライフルーツにすると栄養が凝縮されるのが、その理由。

・ ミネラル類なら7倍、鉄分や食物繊維なら5倍ほどに、その栄養素が膨れ上がります。

ただ、確かにカロリーも高くなることは意識したいところで、一日の摂取目安は8粒~11粒。あまり多く食べると、反対に健康に害を及ぼすこともあるので、適量を守って食べ続けることがポイントです。

 

一緒に食べるものの注意点

そんなプルーンの効能、せっかく食べるなら余すことなく使いこなしたいもの。ただ、食べ合わせによっては、プルーンの効能を享受できないこともあります。

【 プルーンの効能☆食べ方の注意点 】

★ プルーンを食べるなら、コーヒーと一緒に食べるのが禁物!コーヒーなどのカフェイン系ドリンクに含まれる「タンニン」は、鉄分と相性が悪いのです。

・ さらにもともとカロリーが高めのプルーンですから、甘く加工されていたりするものを避け、「無添加」と記されているものを選ぶと、より安心です。

 

いかがでしたでしょうか、今回は美容に敏感な女性にとっては、今や定番となっているおやつ、プルーンの効能についてお伝えしました。多くの女性に愛されている理由が、理解できたのではないでしょうか。

プルーンはこれだけの栄養価がありながら、甘さも備えていて、子どものおやつやダイエット中の甘み補給にできる点も、嬉しいポイント!

甘いものは心もリラックスさせてくれますし、ジャムなどにして食べても美味しいもの。さらに欧米では、肉料理にも使われているなど、使い道はいっぱいなのです。

また、昔からプルーンのペースト状のものも販売され、気軽に食べられておすすめ。上手に毎日のプルーン生活を始めて、プルーンの効能で健康的な暮らしを送りましょう!

まとめ

プルーンの効能と、効果的な食べ方

・ヨーグルトと食べ、むくみも解消ダイエット
・ワインと一緒に食べてアンチエイジング
・葉酸も含んだプルーン、妊婦さんにおすすめ
・生のプラムよりもドライプルーンが栄養豊富
・一日の摂取量は、ドライで8~11粒
・コーヒーと一緒だと、鉄分の吸収が妨げられる
・無添加のドライプルーンが最もおすすめ


連記事