サボテンが今人気!お家で職場で育てたい、7つの理由

サボテンが今人気!お家で職場で育てたい、7つの理由
サボテンは今や100均でも売っているくらい、とても人気の植物ですよね。花が咲くととても華やかでかわいらしく、実はプレゼントにもとても人気があるのです

ただ「水やりもいらない!」「室内でも簡単に育てられる…。」と言うイメージが付いていて、「いざ買ってみたら、すぐに枯れてしまった!」という、失敗談も多く聞こえてくるのも事実。

確かにサボテンは他の植物に比べ、水やりや肥料なども少なくて手間の掛からない点も魅力ではありますが、やはりある程度のお手入れをしてあげないと、知らない間に枯れてしまう植物でもあります。

サボテンの成長はゆっくり。そのため枯れるのもゆっくりで、弱っていることに気づかずに、「いつの間にか枯れてしまった!」ということになってしまいがちなのです!

できれば、ポイントを押さえて、長い間サボテンや可愛いサボテンの花を、楽しみたいですよね。そこで今回は、サボテンの人気の理由や、育て方のポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

水耕栽培なら室内でOK!育てると便利なおすすめ野菜

水耕栽培なら室内でOK!育てると便利なおすすめ野菜
水耕栽培と聞いて多くの人がまず連想するのは、ヒヤシンスの球根ですよね。きれいな花を咲かせるヒヤシンス以外にも、水耕栽培出来る植物はたくさんありますが、実は今、そのなかでも野菜の栽培が人気!

その理由は、土を使わないので室内でも手軽に始められること、手が汚れないことや虫の心配がないことも大きなメリットになっています。簡単な準備で、キッチンの窓際などの小さなスペースでも、手軽に野菜が育てられるなら、ぜひ挑戦してみたいもの!

でも、いざ野菜作り初心者が初めての水耕栽培に挑戦するとなると、揃えるものや適した野菜などなど…、水耕栽培については、わからないこともたくさんありますよね。

そこで今回は、室内の水耕栽培で育てられる、おすすめの野菜やその手順をお伝えします。「家庭菜園どころか、お花も育てたことがないから…。」と言う方でも、意外と簡単に育っちゃうのが水耕栽培。ぜひ、参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

水耕栽培で家庭菜園☆手軽に育てて便利!7つの野菜

水耕栽培で家庭菜園☆手軽に育てて便利!7つの野菜
水耕栽培は、水溶性の肥料を溶かした水で植物を育てる手法のこと。気軽に家庭菜園をはじめられるなら、節約にもなりますし、ぜひ試したいですよね。

実際、「野菜作りに挑戦してみたい!」と思っても、マンションなどは野菜を育てるスペースの確保が難しかったり、土の扱いに困ってしまうケースは多いもの。その点、水耕栽培はキッチンで気軽に、土なし野菜作りができちゃうのです!

ペットボトルや普段使い慣れたスポンジ、100円均一で手に入る道具などでも簡単に準備できますし、もっと手軽に始めたいなら、おしゃれな水耕栽培セットにお任せ!

土や害虫の心配なく、キッチンの脇でLED電球でも元気に育つ、食卓に大活躍の野菜が育つとなれば、大助かりですよね。

そこで今回は、水耕栽培で家庭菜園デビューをしたい方向けに、手軽で便利な7つの野菜をお伝えします。思い立ったら吉日!あなたの家庭の食卓に、あなたの育てた水耕栽培野菜が並ぶ日もそう遠くはありません。

[ →続きを読む… ]

ブロッコリースプラウト栽培☆美味しく育つ7つのコツ

ブロッコリースプラウト栽培☆美味しく育つ7つのコツ
ブロッコリースプラウト栽培が手軽に自宅で出来て、毎日収穫することで、癌予防や免疫力アップに役立つなら、ぜひ毎日試したいですよね!

ブロッコリースプラウトとはブロッコリーの新芽という意味。前述したように、癌対策や免疫力アップ!とても効果を発揮すると評判になっています。ココナッツやチアシードに次ぐ、「スーパーフード」としても注目株。

見た目はカイワレ大根に似ていますが、味はもやしのよう…。あまり特徴のない味なので、反対に野菜などが苦手な方も食べやすく、調理もしやすい魅力があります。

自宅でも簡単に出来るブロッコリースプラウト栽培、とっても手軽に食べることが出来ちゃうのです!ならば、ぜひ健康のために取り入れたいですよね。

そこで今回は、ブロッコリースプラウト栽培方法を、驚くべき栄養と効果とともにお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ミニトマトの育て方☆キッチンで気軽に楽しむ7つの手順

ミニトマトの育て方☆キッチンで気軽に楽しむ7つの手順
ミニトマトの育て方は、古くから伝えられていて、家庭の庭などで親しまれてきましたよね。ただ近年では、マンションやお庭のない環境で暮らしている方も多く、家庭栽培はなかなかしずらい、という方も多いのではないでしょうか。

ミニトマトなどの作物は直射日光が必要。どんな育て方をするにも、日光が当たる場所を選ぶ事が大切で日光を欠かすことが出来ません。ですが、水耕栽培や小さなプランターで移動が出来れば、より柔軟に対応できるはず。

例えば、日光が当たりやすい窓辺での栽培や、普段はキッチンなどに置いておき、日中は日光が当たりやすい場所にその都度場所を変えるなど…。工夫をすればミニトマトの育て方を柔軟に変化できるのです。

水耕栽培なら土を使わないので、虫がつきにくく室内で育てても安心ですよね。そこで今回は、キッチンで気軽に楽しむミニトマトの育て方、7つの手順やポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]