玉ねぎの栄養は家族に役立つ☆嬉しい効能と効果的な食べ方

玉ねぎの栄養は家族に役立つ☆嬉しい効能と効果的な食べ方
玉ねぎの栄養は疲労回復効果や血行を改善する効果など、体を元気にしてくれる効果に優れ、あらゆる年代の方におすすめです。玉ねぎの栄養なら、家族で毎日の食卓を囲みながら食べられそうですよね。

また、玉ねぎは生のままだとピリリと辛く、加熱すると甘くなるように、調理の仕方によって味を大きく変化させる野菜です。実はこれは味だけでなく、玉ねぎの栄養にも同じことが言えます。

最近では「生たまねぎ酢」などが注目され、何冊かの本にもなっていますが、たまねぎの栄養の質だけではなく、調理法によってはせっかくのたまねぎの栄養が上手に取れないことにもなり兼ねません。

玉ねぎは調理の仕方によって摂取できる栄養がちょっと変わる野菜なんです。せっかくなら、より効果的なおいしい食べ方で玉ねぎ楽しみたいですよね。

そこで今回は、そんな玉ねぎの栄養とあわせ、その栄養が損なわれない効果的な食べ方についてもお伝えしていきます。ぜひ参考にして、家族でたまねぎの栄養を存分に摂取し、快適な毎日を過ごしてください!

 

玉ねぎの栄養は家族に役立つ☆
嬉しい効能と効果的な食べ方

 

体の血行を良くしてくれる

では、まずは玉ねぎの体に嬉しい栄養についてお伝えします。玉ねぎの栄養の中で特に注目したいのが「硫化アリル」という栄養です。あまり聞きなれない栄養素ですが、これは辛み成分の元になっている玉ねぎには欠かせない栄養素なんです。

玉ねぎを切ったときによく目が痛くなりますが、その原因の栄養素でもあります。

【 玉ねぎの栄養☆硫化アリル 】

★ この栄養は血行を良くする効能にとても優れています。この栄養を取ることで血栓ができにくくなり、動脈硬化が予防され、血液の循環がよくなるのです。

・ 実はこの血行は体の健康には大切なもので、血行が悪くなると肩こりや冷え症、肌荒れなど様々な症状が引き起こされます。

だから、血行を良くしてくれる玉ねぎはそんな体の不調を改善し、調子を整えるのに効果的です。

 

玉ねぎは疲労回復にも効果的

また、この硫化アリルにはビタミンB1の働きを助けてくれる効能があります。

【 玉ねぎの栄養☆硫化アリルで疲労回復 】

★ ビタミンB1は体内の糖質をエネルギーに変え、体の疲労を回復してくれる効果のある栄養で、玉ねぎにもたくさん含まれています。

・ そのため、この糖質をエネルギーに変えるビタミンB1と、その働きを助けてより長く持続させる硫化アリルを両方含んでいる玉ねぎは、疲労回復にはうってつけの野菜なんです。

玉ねぎを食べることで、疲れた体を元気にすることができます。

 

抗酸化作用で免疫力アップ

そのほか、玉ねぎにはケルセチンという栄養も含まれています。これはポリフェノールの一種で、抗酸化作用に優れている栄養です。

【 玉ねぎの栄養☆ケルセチン 】

★ この栄養を摂取することで体の老化を防ぎ、様々な生活習慣病を予防したり、体の免疫力を高めてくれる効果が期待できます。

・ 更に、この抗酸化作用のほかに、玉ねぎには殺菌効果のある栄養も含まれています。なので、玉ねぎは病気や風邪などの予防にも効果的です。

 

アンチエイジングや美肌作りにもおすすめ

また、体の老化を抑える効能のある抗酸化作用は、アンチエイジングにもおすすめです。

【 玉ねぎの栄養☆アンチエイジング 】

★ 肌が老化することでできやすいシミやしわ、くすみなどを改善してくれる効果も期待できます。

・ それだけでなく、玉ねぎにはビタミンCもたくさん含まれ、このビタミンCにはコラーゲンの生成を促す効果があり、肌にハリを与えてくれます。

そのため、お肌の健康を保つことにも優れるので、玉ねぎは美容にもおすすめなのです。

 

玉ねぎは加熱すると効果が変わる

ところで、初めにお伝えした通り、これらの栄養は調理の仕方によって若干その効能を変化させます。

特に、玉ねぎの硫化アミルは熱によって形を変える性質を持っており、加熱したり空気に触れたりすると、トリスルフィドという物質へと変化してしまうんです。なので、硫化アミルの成分を積極的に取りたい場合は玉ねぎを生で食べるのがおすすめです。

【 玉ねぎの栄養☆調理法 】

★ ただし、この変化したトリスルフィドもコレステロール中性脂肪値を低下させる作用を持っており、とても体に嬉しい栄養素です。

・ なので、疲労回復効果などが高い硫化アミルを取りたいときは生で中性脂肪値を下げてくれる効果などがあるトリスルフィドを取りたいときは加熱調理で食べてみてください。

このように、用途や目的によって調理法を使い分けるのがおすすめの食べ方です。

 

玉ねぎを調理する際や食べるときの注意点

【 玉ねぎの栄養☆注意点 】

★ これらのビタミンやイオウ化合物はいずれも水溶性で、水に溶けてしまう性質があります。

・ なので、玉ねぎを洗うときはあまり水にさらさず、サッと済ませるのが、賢い玉ねぎの栄養を摂取する方法です。

また、実は玉ねぎはニンニクの仲間でもあり、玉ねぎに含まれる硫化物は体に良い反面、結構に匂いがきつくなります。あまり食べすぎると体が玉ねぎ臭くなったりすることもあるので、食べすぎには注意してください。

 

いかがでしたでしょうか、ここまで玉ねぎの栄養と効能についてお伝えしてきたように、玉ねぎの栄養は体にとても嬉しいものばかりです。さらに玉ねぎはスープにカレーにと、あらゆる料理で活躍できて、料理に旨みやアクセントを与えてくれます。

特に玉ねぎの栄養は、体の健康を保つ効果に優れているので、本当に子どもからお年寄りまで、様々な人に食べてほしい野菜です。ぜひ、ご家族でおいしい玉ねぎを楽しんでみてください。

また、玉ねぎは加熱することで栄養が変化するとお伝えしましたが、加熱した場合も生で食べる場合も、どちらも美味しく体に嬉しいことに変わりはありません。

辛くてシャキシャキした生の玉ねぎも、甘くて柔らかい加熱した玉ねぎもどちらも美味しいので、ぜひお好みの方法で玉ねぎを楽しんでみてください。そんな美味しい玉ねぎを豊かに摂取して、より家族みんなで健康になりましょう。

まとめ

玉ねぎの栄養と効率的な食べ方

・硫化アミルで血液循環を改善
・ビタミンB1の効果で疲労回復
・ケルセチンの抗酸化作用は健康と美容におすすめ
・生のまま食べて硫化アミルを効率的に摂取
・加熱すると中性脂肪値を下げる効果がアップ
・ただし、水に溶けやすい栄養が多いので注意


連記事