ゼラニウムの育て方☆ガーデニングが初めてでも成功するコツ

ゼラニウムの育て方☆ガーデニングが初めてでも成功するコツ
ゼラニウムは育て方がシンプルなので、挫折しにくいところが、初心者ガーデナーにとっては魅力的ですよね。ビオラなどと並んで、ゼラニウムの育て方をマスターすることは、初心者さんの第一歩、とも言われるほど。

赤やピンクなどの、ぱきっとした花の色が魅力的な花、ゼラニウム。ヨーロッパの街並みの窓辺を彩る花、というイメージのありますが、実はガーデニング初心者さんにも優しい、育てやすい花でもあります。

…と言うのも、初心者さんのガーデニングでは「失敗ポイント」がたくさん出てきますが、ゼラニウムの育て方では、気を付けなければいけないようなポイントが非常に少ないのです。

と言われても、「そもそもゼラニウムなんてあまり馴染みもないし、ゼラニウムの育て方のコツも分からない…。」そんな印象を持つ方も多いですよね。そこで今回は、ガーデニング初心者さんでも失敗しない、ゼラニウムの育て方のコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

シクラメンの育て方☆贈られても安心!手入れのポイント

シクラメンの育て方☆贈られても安心!手入れのポイント
シクラメンの育て方は案外、ポイントを押さえていないと枯れてしまうことも多いですよね。けれどもちょっとしたシクラメンの特性さえ理解すれば、あまり気に掛けずとも長く花を咲かせてくれます。

なかなか初心者にとって夏越しまでは難しいものの、手順を追えば翌年まで花を咲かせてくれるため、ひと冬を越えたらそのまま夏越しまで挑戦するのも、楽しいシクラメンの育て方。

お歳暮としても人気があるようにシクラメンは11月頃~3月を越えて、4月までが開花時期!ちょっと置き場所や水やりに配慮するだけで、春先まで元気に花を咲かせてくれるのです。

そこで今回は、せっかく贈られても枯らしてしまうことの多い、シクラメンの育て方、気遣うべきポイントをお伝えします。シクラメンは独特の育て方の特徴があるので、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

あやめの育て方にチャレンジ☆花を咲かせるポイント

あやめの育て方にチャレンジ☆花を咲かせるポイント
あやめの育て方は、何となくイメージが付きにくいですよね。見ごろを迎えるとニュースになったりしますが、ハナショウブとカキツバタとの違いなど、自信のない方も多いのではないでしょうか。

実はとてもよく似た花と言われるハナショウブとカキツバタの三種の中で、唯一あやめの育て方だけ、身近で実践できるものなのです。

青紫の花でスッと背の高い「あやめ」、日本画の題材になったり着物の柄になったり、生け花の茶花になったりと、和風なイメージが強い花。飾ってあったりモチーフを身につけていると、凛とした印象を受けます。

似たような花があって普通のお庭じゃ育たないイメージのあやめ、凛とした風情を庭で楽しめたら、お客様も呼びたくなりますよね。そこで今回は、もっと身近に感じられるあやめの育て方を、綺麗に花を咲かせるポイントとともにお伝えします。

[ 続きを読む… ]

あじさいの育て方☆初めてでも花を咲かせるポイント

あじさいの育て方☆初めてでも花を咲かせるポイント
あじさいの育て方は、一株がとても大きく成長するため「難しいのでは?」と思われがちですよね。けれども実は、ポイントさえ押さえておけば、草花を育てた経験のない方でも育てることが出来ちゃうのです!

梅雨の時期に大きな花を咲かせる、あじさいの育て方。どんよりとした気分を紛らわせてくれる美しい花姿に心癒される方も多いはず。

あじさいの育て方だけではなく、どの植物にも言えることですが、種まきや苗植え、また水やりや剪定といった世話を行うのに、適した時期とタイミングが植物それぞれにあります。

初めての方は「私にも出来るのかしら…。」と心配になりがちな、あじさいの育て方ですが、四季の移ろいを感じられる日本に暮らしているなら、季節を代表する草花を楽しみたいですよね。

そこで今回は、梅雨の訪れを告げる花、あじさいの育て方のポイントをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

発芽の方法、正しい手順☆失敗しない7つのポイント

発芽の方法、正しい手順☆失敗しない7つのポイント
発芽に失敗して折角蒔いた種がうまく育たず芽が出なかった、芽が枯れてしまった、そんな経験を持つ方々も多いですよね。種を蒔いて植物を育てる…。誰しもが子どもの頃などに学校やご家庭で、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

子どもの頃にはきっと難しいと感じなかったこの工程。しかし園芸において発芽は、意外と最初の難関になりやすく、園芸初心者の方は、育てる植物によっては種からではなく買ってきた苗から育てることを勧められたりすることがよくあります。

しかし、折角植物を育てるのであれば、苗を買ってくるのではなく、自分で種を蒔いて発芽する喜びも味わいたいものですよね。そこで今回は、正しい発芽のさせ方を、7つのポイントともにお伝えします。

是非、種から育てて、園芸初心者を脱却し、より多くの栽培の楽しみを味わってみてください。

[ 続きを読む… ]