1月の花で部屋に彩り☆来客時に飾りたい7つの植物

1月の花で部屋に彩り☆来客時に飾りたい7つの植物
1月の花や植物といって思い浮かべるのは、やはりお正月のおめでたい門松に使われる、松や竹、梅の花、ですよね。新しい年を迎えて来客が多いこの時期は、華やかなアレンジメントや彩りもあざやかな鉢花などを飾って、お客様をお迎えしたいもの。

寒い戸外から室内へ、カラフルな花で迎えられたら心まで温かくなります。色彩の寂しいこの季節には、何よりのおもてなしかもしれません。お正月には飾り物で、冬休み開けには優雅な花々を飾って、見た目にも可愛く彩れたら、アレンジメント上級者!

でも、1月の花といっても、この時期に見ごろを迎える花、アレンジメントや切り花に出来る花にはどういったものがあるのか、よく分からない!という方も多いですよね。

そこで今回は、お部屋に彩りを加えてくれる鉢花や切り花など、1月の花の数々について、お伝えします。

[ →続きを読む… ]

秋の花の香りでリッチに☆女性の魅力アップ7つの花々

秋の花の香りでリッチに☆女性の魅力アップ7つの花々
秋の花は濃厚な香りで、女性の魅力をアップしてくれるものが多くあります。秋になると、少し人肌恋しくなる季節になります。芸術の秋と言われるように、そんな秋ほど、あたたかな印象でシックな秋の花を楽しんでみませんか?

夏に大量に浴びた太陽の光によって体内に作られたセロトニンが、秋になると少しずつ減っていくから人肌恋しくなります。ちゃんと科学で証明されているので、自分だけかも…なんて思わなくて大丈夫!

さて今回は秋の花7つをお伝えします。秋の花と聞くと何を思い浮かべますか?今回お伝えする花々は、いい香りのする秋の花なので、大人の魅力アップすること間違いなしです。名前を聞いたことのない秋の花もあるかもしれませんが、そんな時は実際の香りを楽しんでみて下さい!

[ →続きを読む… ]

押し花の作り方は簡単☆気持ちを添える手作りアイデア集

押し花の作り方は簡単☆気持ちを添える手作りアイデア集
押し花の作り方のイメージは、「分厚い辞書などの本の間に挟んで、数日待つ…」と言う感じだったりしますよね。けれども実はたった数分でできる、押し花の作り方があるのです!

女性だけでなく男性でも、彼女から押し花付きのメッセージカードなどをプレゼントされたら、とても嬉しいものです。お花をプレゼントする時、一般的には生花のまま渡したり、最近ではドライフラワーやブリザードフラワーなどの、人気の方法があります。

そこでとてもステキな贈り物ながら、多くの人々が思いつかずインパクトもあるのが「押し花ギフト」です。

そこで今回は、簡単な押し花の作り方と、気持ちを添える手作りアイデアをお伝えします。きっと押し花の作り方が簡単すぎて、ビックリしてしまうはず。

あなたは誰に押し花を贈りたいですか?贈りたい相手をイメージして、ぜひピッタリの押し花ギフトを完成させてください!

[ →続きを読む… ]

切り花を長持ちさせる☆花屋さんに聞くちょっとしたコツ

切り花を長持ちさせる☆花屋さんに聞くちょっとしたコツ
切り花を長持ちさせるなら、花のプロである花屋さんに効くのが一番です!お花が家に飾ってあるだけで、心が元気になったり、落ち着いたりしますよね。

その効果は気分の問題だけではなく、今ではフラワーセラピーと言って、お花から元気をもらう、癒してもらうセラピーもあるほどです。もちろん切り花でも、生きているので人にパワーを送ってくれることもできます。

ただ、「すぐに枯れてしまったり、元気が無くなってしまう」と、ガッカリする事はありますよね。そこでお伝えしたいのが、今回の切り花を長持ちさせる方法です。

そこで今回は栄養剤を使わなくとも1週間以上、元気に咲いてくれるための、ちょっとした花屋さんのコツをお伝えします。切り花を長持ちさせるコツで、お花の寿命を少しでも伸ばし、お花のパワーを享受して下さい。

[ →続きを読む… ]

花を長持ちさせて楽しむには☆プロが教える7つのポイント

花を長持ちさせて楽しむには☆プロが教える7つのポイント

花を長持ちさせて、一日でも長く出会いを楽しみたいもの。巷では漂白剤10円玉など、数多くの「裏ワザ」がありますが、どうぜ試すなら、フラワーショップで働くプロの技で、花を長持ちさせませんか?

切り花の大敵はバクテリア。長く水を放置すると繁殖するバクテリアが、茎の切り口を塞いで水の吸い上げを悪くしたりします。このバクテリアの繁殖をいかに抑え、清潔な水環境を保つかが、ポイントのひとつです。

さらに切り花を長持ちさせるためには、根と違い水の吸い上げ量が限られているため、こまめな摘み取りも不可欠です。多すぎる葉や咲かない蕾は早めに摘み取り、(ただし光合成ができなくなるので、葉は数枚残します。)全体に満遍なく、栄養が行き渡るようにして下さい。

今回は花を長持ちさせるために、プロが行っている手入れ法を、花がぐったりした時もシャキッと復活する方法も併せてお伝えします。参考にして下さい。

[ →続きを読む… ]