シクラメンの育て方☆株選びからチェックする注意点とは

シクラメンの育て方☆株選びからチェックする注意点とは

シクラメンの育て方は、「難しい!」「いつもすぐに枯れてしまう!」と、避けてしまう人が多いですよね。確かにシクラメンは暑さ寒さ、霜にも弱く、繊細な花でもあります。

けれども日本では贈答品として扱われることも多く、人気の花。せっかく頂いたり、気に入ってお部屋にあるのなら、ぜひ春まで咲いてもらいたいものです。

「花がすぐしおれてしまう…」と悩むのは、単純にシクラメンの育て方について、勘違いをしているからに他なりません。何か間違えた手入れをしているのです。

そこで今回は、シクラメンの置き場所における適正温度や、水のあげ方、日々の手入れなど、細かな育て方を解説します。しおれた時の応急処置もお伝えしますので、ぜひ実践されて元気なシクラメンを、長く楽しんでください!

[ →続きを読む… ]

シクラメンの育て方☆贈られた花を長く保つ7つの手入れ

シクラメンの育て方☆贈られた花を長く保つ7つの手入れ

シクラメンの育て方は、他の植物と比べてもいくつかのポイントがあります。このポイントを知らずにいただいたシクラメンを、そのまま管理していると、「すぐに枯れてしまった!」なんて事が起こりやすくなります。

そのため、一般的にはシクラメンの育て方は難しいと感じる人々が多いのですが、反対に言えば、そのポイントさえ押さえれば長く楽しむことができるのも事実です。

シクラメンの育て方での、大きなポイント「置き場所」「水やり」。他の植物とは少し違うので、シクラメンを頂いたら、真っ先にチェックしたいところです。

今回はそんなシクラメンの育て方で、長く楽しむための大切なポイントを7つの項目に分けてお伝えします。夏越しの方法も説明していますので、年を越して楽しんでください!

[ →続きを読む… ]

シクラメンが花言葉に関係なく不動の人気を保つ7つの理由

シクラメンが花言葉に関係なく不動の人気を保つ7つの理由

シクラメンの花言葉をご存知でしょうか。「内気な心」「遠慮深い」「はにかみ」といったシクラメンの花言葉があります。

人気の冬花であるシクラメン。贈答花として用いられることの多い花ですが、花言葉が贈り物としては適さないと思われるかもしれません。それでも毎年、鉢花が出回る季節には、たくさんの種類のギフト用シクラメンを目にします。それだけ魅力的な花だからに違いありません。

草木が枯れて淋しくなる冬の季節に、シクラメンの花は私たちの目を楽しませてくれます。赤・ピンク・白のうつむいたような花の姿は、愛らしくも感じられます。サクラソウ科のシクラメンは地中海沿岸を原産とし、日本には明治初期に渡ってきたと言われています。

今回は、シクラメンが不動の人気を保ち続けている理由をお伝えします。シクラメンの花言葉には関係なく愛され、贈り物として重宝されているのには、わけがあります。冬のお部屋を華やかにしてくれるシクラメンの魅力を知ってください。

[ →続きを読む… ]

シクラメンを贈るなら☆おさえたい7つの知識と花言葉

シクラメンを贈るなら☆おさえたい7つの知識と花言葉

シクラメンは贈答品にもおすすめの花。冬が近づくと、毎年何を贈ろうかと悩まれる方も多くなります。日頃からお世話になっている方への贈り物だからこそ迷ってしまう、そんな声もきこえてきます。

相手に直接聞くことができれば、悩まずにすむのですが、そうした訳にもいかないのがプレゼントの難しいところ。そこで、贈る相手がお花好きや園芸好きならば、誰にでも喜ばれやすい、昔から好感度抜群のシクラメンをプレゼントの一品としていかがでしょうか?特に高齢の人々ならば、シクラメンは現代よりより身近な花でしたので、おすすめです。

ただ贈るだけでも美しいシクラメンですが、細やかに知識と花言葉を添えて贈ると、より一層喜ばれるでしょう。ここではシクラメンのプレゼントについて、おさえておきたい7つの知識と花言葉をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

シクラメンをもらったら☆知りたい種類とお手入れ法

Cyclamen europaeum

シクラメンは冬を代表する花であり、寒い時期にはその華やかな姿で私たちの心を温めてくれます。ギフトとしても名高く、冬が近づくとフラワーショップには様々なシクラメンの鉢植えが並ぶようになります。

最近では、もしシクラメンをもらったら、どのようにすれば長く花を楽しめることができるのか、水やりや肥料はどうすればいいのか…など、お手入れ法を迷う人々も意外と多いです。

特に最近のシクラメンの品種は多様化していますから、品種によっても気をつけなければならないことがあるのではと、心配するという体験談も多々あります。

そこで本記事では、シクラメンの様々な品種と、お手入れのポイントをお伝えします。せっかくの頂き物のシクラメンですから、長くお付き合いをしていきたいものですね。

[ →続きを読む… ]