ブロッコリー栽培する時に気を付けたい5つのポイント

ブロッコリー栽培する時に気を付けたい5つのポイント
ブロッコリー栽培は家庭菜園でも人気で、一株植えておけば新鮮な甘くて柔らかいブロッコリーが収穫できます。ブロッコリーは日持ちしない野菜なので、その日の献立に使用しない限りは購入をためらってしまいますが、いつでも新鮮な状態のブロッコリーが収穫できるなら栄養価も高いので積極的に使いたい野菜ですよね。

ブロッコリーの農家さんは大きくて見た目も良いブロッコリーを育てるために一株にひとつの蕾しか収獲しませんが、家庭菜園ではひとつだけを大きくしないで食べれるサイズになった時点で収穫すれば、わき芽から新しいブロッコリーの蕾が育ち、2回目以降の収穫では一度に複数個収穫することができます

ブロッコリーを収穫した後のわき芽から育つブロッコリーはひとつひとつの大きさは小さくなるものの、時期が終わるまで何度も収穫することができるので収穫の楽しみもありますし、売り物に比べ見た目は劣りますが切る手間入らずの大きさのものを収穫するため調理も時短が見込めます

ブロッコリー栽培はいくつかの注意点さえ押さえておけば初心者でも十分楽しめるので園芸店で種や苗を手に入れるところからはじめてみて下さい。そこで今回はブロッコリー栽培する時に気を付けたい5つのポイントをお伝えします

[ 続きを読む… ]

きゅうりの育て方☆おしゃれに節約、グリーンカーテン

きゅうりの育て方☆おしゃれに節約、グリーンカーテン
きゅうりの育て方を知って、グリーンカーテンを作ることで、おしゃれに節約できたら、楽しいですよね。

年々、激しさを増す夏の日差し。そんな厳しい日差し対策として注目されているのが、グリーンカーテン!緑のカーテンはとってもおしゃれなだけでなく、エアコン代の節約にもなるため人気があります。

そんなグリーンカーテンを作る際の植物としておすすめなのが、きゅうり。きゅうりの育て方はとても簡単で、手間なくグリーンカーテンを作ることができちゃいます!大きくなれば収穫もでき、より家計にやさしいのも魅力的!

きゅうりの育て方でグリーンカーテンを作り、厳しい夏を涼しく過ごしつつ、収穫まで楽しむことができたら素敵ですよね。

そこで今回は、グリーンカーテンにおすすめのきゅうりの育て方をお伝えします。ぜひ、きゅうりでグリーンカーテンを作り、厳しい夏を快適に乗り切ってください。

[ 続きを読む… ]

きゅうりの育て方☆エコで涼しいグリーンカーテンの作り方

きゅうりの育て方☆エコで涼しいグリーンカーテンの作り方
きゅうりの育て方はとても簡単で、その上、ひと夏でたくさんの実を収穫できる育て甲斐のある野菜ですから、夏の家庭菜園ではとてもポピュラーな存在ですよね。

食卓での利用頻度も高いので、家庭菜園を行ったことのある方であれば、実際に育てた経験があるという方も多いのではないでしょうか。

きゅうりは支柱などに茎を巻き付けながら生長する蔓性の野菜ですが、そんな蔓性の植物は、近年人気の高まっているグリーンカーテンにも最適!きゅうりの育て方をマスターして、夏を涼しく、食卓も美味しくできたら、一石二鳥ですよね。

そこで今回は、収穫とグリーンカーテンのどちらも楽しむことを目的とした、きゅうりの育て方をお伝えします。

きゅうりの育て方は初心者の方でもチャレンジしやすいもの。今年の夏は、室内に差し込む夏の暑い日差しを遮りながら、美味しくエコに過ごしてみてください!

[ 続きを読む… ]

家庭菜園に挑戦するなら☆まず始めたい野菜と育て方

家庭菜園に挑戦するなら☆まず始めたい野菜と育て方
今や家庭菜園は老若男女問わず大人気ですよね。日毎にスクスク育つ野菜の苗を見ていると、健気に成長する姿と、強い生命力に大きなパワーをもらうことができます。

家庭菜園は大きな畑や広い庭がなくても、少しのスペースがあればスタートできるのが大きな魅力。土・プランター・苗、これだけ用意すれば、思い立ったその日から誰でも家庭菜園のオーナーとしてデビューすることができます。

ただ、初めて挑戦する家庭菜園の苗は、初心者向けの手入れが難しくないものを選ぶのがおすすめ。最初は慣れなくても、毎日のお手入れをして野菜を育てるうちに、栽培の流れやコツが掴め、どんどん愛着が湧いてくるはず。

そうして自分の手で育て収穫した野菜の味は、どんな高級野菜よりもおいしいもの!まだ土の付いた新鮮な手作り野菜の匂い、ぜひ味わってみたいですよね。そこで今回は、初心者でも家庭菜園でおいしい野菜を収穫するコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

なすの育て方に必要な6つのポイント

なすの育て方に必要な6つのポイント
なすの育て方は、いくつかのポイントを守れば比較的簡単です。美味しくて免疫力アップ効果のあるなすを育てて自宅で収穫出来たらとても嬉しいですよね。天ぷらや煮物、おひたしやお漬物など、様々な料理に使うことができ、なすそのものは低カロリーでとてもヘルシーです。

なすにはアントシアニンなどの栄養素が豊富に含まれており、ポリフェノールの一種であるアスニンが抗酸化作用を発揮して体の免疫を高めます。なすは見た目の鮮やかな紫色からとても体に良さそうなイメージがあります。この紫色こそが赤ワインやココアに含まれているポリフェノールと同じなのです。

紫色である皮の部分にとても栄養があるため、なるべく皮は残して調理した方が良いです。また、なすは水分を多く含んでおり、体を冷やす効果があるため、夏場にぴったりの野菜と言えます。そこで今回はなすの育て方に必要な6つのポイントについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]