胡蝶蘭を贈られたら☆置き場所や水やり、7つの手入れ

胡蝶蘭を贈られたら☆置き場所や水やり、7つの手入れ
胡蝶蘭をもらったものの、育て方が分からない…。豪華な胡蝶蘭をもらって喜んだのもつかの間、「育てるのが難しい」とよく言われる胡蝶蘭に、せっかくの花を枯らさずに育てられるのか不安になってしまった経験がある方は、多いですよね。

縁起のいい花として、開店祝いや新築祝いなど、何かのお祝いで贈られることの多い花ですから、せっかくもらったのであれば、できるだけ長く自宅で育てたいもの。

大丈夫!胡蝶蘭は上手に育てれば、年に2回開花し、1度の開花で2か月以上もキレイな花を咲かせ続ける、とっても花持ちのいい花。上手に育てるコツを理解して、キレイな花で余韻に浸りたいですよね。

そこで今回は、胡蝶蘭のお手入れ方法に関する7つのコツをお伝えします。ポイントをおさえたお手入れで上手に育てれば、何年も美しい花を楽しむことができますので、是非長く胡蝶蘭を楽しんでください!

[ →続きを読む… ]

ラベンダーの育て方☆初めてさんでも安心、7つの品種

ラベンダーの育て方☆初めてさんでも安心、7つの品種
ラベンダーは育て方などはあまり知らなくても、紫色の可憐な花を咲かせる花や、香水やアロマオイルの原料として、良く知られる存在。何万本ものラベンダーの花が咲く北海道・富良野市のラベンダー畑は観光地としても有名で、誰もが憧れてしまう風景ですよね。

そのイメージが先行して、ラベンダーの育て方は、家庭では難しい印象がありますが、全くの間違え!まるで紫色のじゅうたんのようなお花畑は無理としても、お家の庭やプランターでのラベンダーの育て方でも、その美しい色と香りが楽めるのです!

ラベンダーの育て方は、実はそれほど難しくありません。丈夫で虫もつきにくい!そんなにラベンダーの育て方は簡単なら、挑戦したいですよね。

そのポイントは、品種を上手に選ぶこと。コツを知るだけで、初心者でも育てやすいのがラベンダーなのです。また、ひと口にラベンダーといっても、花の色も代表的な紫以外に、白やピンクなど、種類によってもいろいろあるのも魅力!

そこで今回は、ぜひ挑戦したくなる7種のラベンダーの育て方について、お伝えします。

[ →続きを読む… ]

室内で植物を育てる☆日陰に強くて丈夫!7つの植物

室内で植物を育てる☆日陰に強くて丈夫!7つの植物
室内で植物を育てたい!でも、お庭もないし、日当たりも気になる…。そんな環境下でも種類や品種を選べば、充分に室内で植物を育てることはできます。「日陰でも育つ、直射日光が当たらなくても生きていける」観葉植物を選ぶといいのです!

ただ部屋の明るさや温度などなど…、育つ植物の種類は様々。そのため室内で植物を育てたいならば、置きたい場所の日当たりの加減によって、選ぶのがポイント。

また室内で植物を育てる場合成長していくにつれ、「形が崩れたり大きくなりすぎて置き場所に困る…。」といったこともでてきます。そんな問題も考慮して、成長のスピードなども考えて選ぶことも必要。

さらに室内で植物を育てるなら、お部屋のイメージに合った植物を選ぶのもポイント!見た目にも、いつまでも美しい状態を保ち、癒されたいですよね。

そこで今回は、室内で植物を育てる時、育てやすく見た目も華やかな品種を厳選し、置き場所や管理方法と合わせてお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ラベンダーの育て方☆初めてでも安心!ちょっとしたコツ

ラベンダーの育て方☆初めてでも安心!ちょっとしたコツ
ラベンダーの育て方は少し難しいイメージを持って居る人も多いですよね。でも実は初心者でも「環境に合った品種」を選べば大丈夫!、ラベンダーは種類によって見た目だけでなく、耐寒性や・耐暑性も異なるので、環境にあったものを選べばすくすくと育てることができます。

ちなみに、ラベンダーはシソ科の常緑性小低木で、語源の意味は「洗う」というlavareというラテン語からくるもの。そのリラックス、安眠効果は有名で、古代ローマではラベンダーの花をお風呂に入れたり、衣装の香り付けに利用していたことに由来しています。

現在ラベンダーは、入浴剤や芳香剤など、あらゆるところで香りとして楽しまれています。清潔感あふれる甘い香りは、一般的にとても人気の高い香りです。

日本に伝わったのは19世紀初期。カラッとした気候の地中海沿岸で生殖していたラベンダーは、高温多湿の日本にはなかなか広まらなかったのですが、今では交配種などさまざまな品種が生まれたため、北海道だけでなく、いろんな地域で栽培されるようになりました。

育てやすくなったラベンダー、リラックスや快眠効果があるだけに、自宅で身近に楽しみたいですよね。そこで今回は、初めてさんでも失敗なく楽しめる、ラベンダーの育て方をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

ミニバラの育て方マスター☆初心者が失敗しないポイント

ミニバラの育て方マスター☆初心者が失敗しないポイント
ミニバラは育て方を知っていると、初心者でもきれいに咲かせることができます。しかもその気高いイメージとは違い、ミニバラは花壇だけでなく、プランターでも鉢植えでも手軽に育てることができちゃう、身近な花なのです!

見た目もとてもかわいくて、ほんのり香るバラの甘い香り…。そんなバラを自宅で楽しむことが出来るとなれば、女性としては嬉しいですよね。ミニバラの育て方をしっかり知って、きれいにそして元気に育てることは、思った以上に簡単!

日光は半日陰において、1年を通して土が乾いてから水やりをします。ポイントは、病気になりやすいので、こまめに剪定や花がら摘みを心がけることだけ。小さくまとめることが出来るので、苗から育てるときは鉢植えで育てるのがおススメ!

暑さ寒さにも強いので、地植えしても丈夫に育ち、プランターでも育てられるミニバラの育て方、気になりますよね。そこで今回はミニバラの育て方を、初心者が失敗しないポイントを中心にお伝えします。
[ →続きを読む… ]