日陰植物を育てる際に気を付けたい5つのポイント

日陰植物を育てる際に気を付けたい5つのポイント
少し日当たりの悪いベランダや玄関まわりも、日陰や半日陰で育つ日陰植物を植えれば素敵なシェードガーデンが造れますよね。日陰植物のイメージは、草丈の低いグラウンドカバーやシダのような緑の葉と思われがちですが、実際は白・ピンク・紫などの可愛い花を咲かせるもの、カラフルな色合いの多肉植物など、意外にバラエティに富んで華やかです。

日陰になっている庭のスペースや、鉢やプランターを使って、家のあちこちにその場所にあったシェードガーデンを造ってみれば、日陰を感じさせないほど素敵な庭ができあがります

「日陰」は、日陰の濃さ、時間帯、乾燥の度合いなどによって、木陰、半日陰、濃い日陰、湿った日陰、乾いた日陰の大きく5つに分けられます。自分の家の庭や、日陰植物を植えたい場所、置きたい場所にどれくらい日が当たるかをきちんと調べて、育てる日陰植物を選びます

日陰に映える個性的なフォルムや色の葉を茂らせるもの、色や形が可憐な花を咲かせるものから選ぶと、シェードガーデンが華やかになっておすすめです。素敵なシェードガーデンを造る第一歩は、その場所の日陰の種類と育てやすい日陰植物を知ることから始まります。そこで今回は日陰植物を育てる際に気を付けたい5つのポイントをお伝えします

[ 続きを読む… ]

家庭菜園の始め方☆楽しく育てられる、おすすめ野菜

家庭菜園の始め方☆楽しく育てられる、おすすめ野菜
「家庭菜園を始めたい!」と考えている方々が、最近の野菜の高騰からか、最近増えていますよね。

また、「せっかくなら自分で作った野菜を、空いた時間に作って食べたい!」などなど、癒しとしてライフスタイルに取り入れるケースも見られるようになりました。しかし興味はあっても、なかなか手が出せない方も多いのではないでしょうか。

自分達が育てた野菜が食卓にのぼる食事は、子ども達にも良い体験になるはず。身近で野菜の栽培や収穫を体験できる、絶好のチャンス!そう考えると、家族で家庭菜園挑戦の一歩を踏み出したくなりますよね。

そこで今回は、家庭菜園を始める時に必要な用品や、初めてさんにおすすめの野菜をいくつかお伝えします。「これから家庭菜園を始めよう!」と考えている、家庭菜園初心者さんなら、この記事を一度確認してから準備を進めてみてください。

[ 続きを読む… ]

家庭菜園の始め方☆挫折しやすい7つのポイントを解決!

家庭菜園の始め方☆挫折しやすい7つのポイントを解決!
家庭菜園で家計を節約できたら、野菜が年々高騰してきている今だけに、嬉しいですよね。日々の食卓に欠かせない野菜、家で作れたら便利

でも、「ガーデニングの中でも野菜を育てるのは特に難しそう…」「植物はすぐに枯らしちゃう…」「初心者には難しいんじゃ?」と悩み、なかなか最初の一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

確かに、家庭菜園は初心者にとっては失敗がつきもの。1度は挑戦したけれど、枯らしてしまったことがトラウマで再挑戦できない…なんて方もいるかもしれません。

そんな難しそうな家庭菜園ですが、実は失敗する方のほとんどが、同じポイントでミスをしてしまい、挫折してしまっているのです。逆にいえば、そのポイントさえしっかり押さえてしまえば、失敗することなく家庭菜園ができるはず。

ならばそのポイントを知って、楽しく野菜を収穫したいですよね!そこで今回は、家庭菜園初心者さんが失敗しがちな7つのポイントと、その解決方法をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

家庭菜園はトマトから☆初めてでも美味しく育つ7つの手順

家庭菜園はトマトから☆初めてでも美味しく育つ7つの手順
家庭菜園はトマトなら、初めての方でも簡単に育てることができそうですよね。家庭菜園はトマトから始めて、自宅でも美味しい野菜を栽培することができたら素敵!

しかし、家庭菜園は必要な道具も知識も多く、少し敷居が高いのも事実。また、野菜作りはスペースも取るため、ある程度広い土地を持っていないと楽しむことができません。

けれど、そんな家庭菜園もトマトなら、初めての方でも簡単に栽培することができます。トマトは種類が多く、プチトマトなら少ないスペースでも家庭菜園でトマト栽培を楽しむことができるため、土地のない方でも安心

そう考えると、家庭菜園もトマトならムリなくスムーズに広げられそうですよね。そこで今回は、初めての家庭菜園でトマトも挑戦する方のために、初心者でも簡単に作れる美味しい栽培方法を7つの手順に分けてお伝えします。

とても簡単なので、ぜひこの機会に家庭菜園でトマトを収穫してください。

[ 続きを読む… ]

盆栽の育て方に必要な5つのコツ

盆栽の育て方に必要な5つのコツ
盆栽の育て方と聞くと、少しだけ難しいイメージがありますよね。盆栽の育て方は、昔から様々な工夫が凝らさせてきました。盆栽とはもともと、陶磁器などの鉢に植物を栽培し、樹の姿を整えて自然の雅趣を表し、鑑賞するものです。

盆栽の文化は平安時代に唐からもたらされ、その後日本全国に浸透しました。江戸時代には多くの園芸品種とともに盆栽も人気を博しますが、明治維新以降、日々の手間がかかることから、時間的に余裕のある高齢者が嗜む趣味として認知されるようになりました。

しかし近年、国際的に盆栽が注目されるようになり、多くの盆栽が輸出されるなど、その人気が高まっています。
盆栽は日々のこまめな手間がかかります。

だからこそ、手塩にかけた盆栽が美しく樹形をしならせる姿に成長すると、喜びもひとしおです。日本で長く培ってきた園芸文化のひとつである盆栽を、あなたもお家で育ててみませんか。そこで今回は、盆栽の育て方に必要な5つのコツをお伝えします。

[ 続きを読む… ]