育てやすい観葉植物と長く楽しむ5つの知識

育てやすい観葉植物と長く楽しむ5つの知識
お洒落な喫茶店やレストランには観葉植物が置かれていることが多く、喫茶店やインテリアが好きな人は「自分の家もこんな風にお洒落だったらいいのに」と憧れますよね。

お店にある観葉植物はどれもお洒落で綺麗に手入れがされているように見えるため観葉植物を育てるのは敷居が高いように思いますが、育てやすい観葉植物も多く、ガーデニングで人気の草花に比べて植物を育てること自体が初めての人でも育てやすく、多少ずぼらなお世話の仕方でも枯れにくい植物です。

観葉植物は省スペースで育てる事が可能で、土や虫に悩まされることも少なくお世話も簡単なので、スペースの確保が難しいご家庭や害虫が苦手などの理由でガーデニングが難しいといった人でも気軽に育てることができます。

マンションやアパートに住む人の悩みでもある日の当たりにくいお部屋でも育てることができるような観葉植物もありますから、日陰でも育つ観葉植物をお家に迎えて、それまで叶わなかった植物のお世話や成長を楽しんでほしいですね。そこで今回は育てやすい観葉植物と長く楽しむ5つの知識をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

モイストポプリでアロマテラピーバス☆香り選びと作り方

モイストポプリでアロマテラピーバス☆香り選びと作り方
ポプリと言えば、ドライフラワーに精油(エッセンシャルオイル)を垂らしたものをイメージしますよね。確かに日本では、アメリカで一般的に使われているこのポプリが広がっています。

ただ、カラカラのドライフラワーを使うのはアメリカ流。少しばかり湿っているものも使える、塩と合わせて作るフランス流のモイストポプリもあるのです。このモイストポプリ、塩とアロマの両方の効果が期待できる、アロマテラピーバスが可能!

せっかくならダイエットに活用できて、ストレスも発散できるモイストポプリがおすすめ!ただ、その効能まで享受するには、精油選びはとても大切でもあります。

日頃はお部屋に飾って香りも楽しめるモイストポプリ。暮らしに活用してみたいですよね。そこで今回は、意外に簡単に楽しめるモイストポプリのバスタイムを楽しむための香り選びと、その注意点をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

押し花がたった3分で完成☆簡単な作り方とアレンジ術

押し花がたった3分で完成☆簡単な作り方とアレンジ術
押し花がたったの3分で作れたら…、樹脂を活用したアクセサリーやスマホケース、もしくはボタニカル石鹸やキャンドルなど、ちょっとした贈り物にも添えられそうですよね。

子どもに人気の押し花だけに、子ども達と一緒に作っても、手軽に盛り上がること、間違えありません!ただ従来の押し花の難点は、簡単だけど完成までに時間が掛かる、と言うこと。重しを置いてから、少なくても5日間は見なければなりません。

けれども最近では、そんな押し花が3分で出来ちゃう裏ワザがあるのです!キャンドルなどのアレンジも人気で、好きな香りのアロマで、アロマテラピーとして活用する人々も…。ぜひ活用して、ちょっとおしゃれな暮らしにしたいですよね。

そこで今回は、手軽に3分で作れちゃう押し花作りの裏ワザと、おすすめのアレンジをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

観葉植物に虫が湧かない育て方5つのポイント

観葉植物に虫が湧かない育て方5つのポイント
部屋の中で観葉植物を育てたいけれど、虫が湧くのが心配になってためらってしまうこともありますよね。観葉植物に虫がつく原因になるポイントは「葉」と「土」。基本的な育て方を守って、ちょっと注意してあげることで、部屋の中で虫の心配もなく快適に観葉植物を育てられます。

土を使わないハイドロボールなどで水耕栽培すれば、虫が湧く心配はさらにぐっと少なくなります。部屋に観葉植物を置くと、家の中の空気を浄化してくれたり、緑の葉を観ているだけで心がリラックスしたり。部屋も心もきれいになって、自然の中にいるような落ち着く空間になります。

心配から室内で観葉植物を育てられなかった人も、虫が湧かない育て方を覚えれば、安心して部屋の中で観葉植物を楽しめます。虫の心配がなく、部屋にも心にも健やかなグリーンライフを送るために、今回は観葉植物に虫が湧かない育て方5つのポイントをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

サボテンの水やりと育て方に大切な5つのポイント

サボテンの水やりと育て方に大切な5つのポイント
サボテンは水やりや追肥といった植物には欠かせないお世話を頻繁にしなくても良いので、働いていてなかなか植物のお世話に時間を割くことができない人や、植物のお世話が苦手な人におすすめしたいと言われる植物ですよね。

また、サボテンはコロンとした姿やユニークな形のものなど種類も豊富で、雑貨店などでも気軽に購入できるためインテリアとしても今とても人気があります。サボテンが咲かせる赤や黄色の可愛い花もサボテン人気の理由のひとつです。

サボテンの形や棘が様々にあるように、サボテンの花も多種多様。頭にひとつだけ大きな花を乗せたように咲かせるものもあれば、花かんむりのように輪のように小さな花を連ねて咲かせるものもあります。

見た目が可愛いためインテリアとしての需要が多いサボテンには、水やりが不要というイメージもあることから植物のお世話が苦手という人にも好評です。けれど本当はサボテンは水やりが必要であり、水やりにコツがいる植物。

そのため、サボテンの水やりについて調べないでサボテンを購入した人が「サボテンには水やりをしなくていい」といった間違った認識のままサボテンを育てていると、最初の半年は水やりをしなくても元気なサボテンに感動するかもしれませんが月日が経過するにつれサボテンの元気がなくなっていくのがわかります。

そのときに確かな水やりの知識がないと急なサボテンの不調に「何が原因かわからないまま枯れてしまった…」なんて悲しい結末になりかねません。せっかく気に入ったサボテンを手に入れたなら、正しい知識を得て長く育てていきたいですよね。そこで今回はサボテンの水やりと育て方に大切な5つのポイントについてお伝えします。

[ →続きを読む… ]